神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
大腿骨骨折

前回の大腿骨骨折のワンちゃんが来院された翌日に、またまた大腿骨骨折のワンちゃんが来院されました。

同じような症状の子が来院されるのは動物病院あるあるです。

 

今回の子は高齢の小〜中型犬のワンちゃんだったのですが、

ある日突然後ろ足を挙げるようになってしまったとのこと。

 

レントゲン検査をしてみると大腿骨が折れています。

こんな風に勝手に骨が折れることは通常は有り得ず、病的骨折(腫瘍などが原因?)の可能性もあると思われました。

 

飼主さんとご相談の結果、

いきなり断脚を行うのではなく、

まずは病理検査に必要な組織を採取してから、骨折部にはプレート固定を実施しました。

↑大腿骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

この後、病理検査の結果が問題なければ(腫瘍が検出されなければ)良いのですが…。

頑張ってくれました!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
大腿骨骨折

先日、滋賀県にある動物病院の先生からのご紹介で大腿骨骨折(太ももの骨の骨折)のワンちゃんが来院されました。

 

お近くの動物病院で大腿骨骨折の整復手術を受けられたものの、

しばらくしてから骨折部の整復と固定が緩んでしまったということで、当院まで連れてきて頂き再度整復手術を行うことになりました。やはりピンニングのみで骨折を固定するというのは難しいみたいです。

 

↑来院時の様子。

ピンで固定されていましたが、術後に緩んでしまっていました。

 

↑ロッキングプレートを用いて強固に整復固定を再度行いました。

 

術後は問題なく肢を使ってくれているそうで良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
夏期臨時休診のお知らせ

今年もそろそろお盆休みですね。
台風の接近と帰省ラッシュが大変そうですが、皆さまお気をつけてお出かけ下さい

垂水オアシス動物病院では
8月12日(祝・月)を臨時休診とさせていただきます。
それ以外の日は平常と変わらない診察時間で診察・トリミングなどを行っております。

 

ご迷惑をお掛けしますがご理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます。



垂水オアシス動物病院
院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | お知らせ | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

先日、ハムスターちゃんの腫瘍摘出手術がありました。

近頃は毎日のようにハムスターの腫瘍を診察しています。

やはり腫瘍はとても出来やすいです。

 

今回も飼主さんとご相談の結果、摘出することになりました。

↑麻酔を掛けて寝て貰います。胸にしこりができています。

 

↑腫瘤を摘出しました。半導体レーザーを使うとほぼ出血無く摘出が可能でした。

 

↑無事に目覚めてお家へ帰っていってくれて良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
犬歯の破断

先日、

フレンチブルのワンちゃんが来院されました。

 

飼主さんからお話をお伺いすると、

硬いものを噛んだ後に歯が折れているのに気が付いたとのこと。

 

牛の蹄(ヒズメ)などという商品が犬が遊ぶおもちゃとして当たり前に販売されているため、

あげてもいいんだと思われると思いますが、

こういった硬いものを与えると、歯が欠ける事があります。

ですので、硬すぎる骨とか蹄とかではなく、

ある程度軟らかさのある歯磨きガムなどがベストだと思います。

 

愛犬デリ スモーク牛のひづめ 6個入 DK-81

↑こういった商品は硬いので、歯が欠けることがあり注意が必要

 

今回来院されたワンちゃんの場合は、

右側下顎の犬歯(いわゆるキバ)が途中で折れてしまっており、

その折れた歯によって舌が傷ついてしまっていました。

↑右下顎犬歯が破断しています

 

↑舌がえぐれてしまっていました。痛そうです…。

 

↑抜歯をして舌を吸収糸で縫合しました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 犬の病気 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
歯石除去(スケーリング)

 

↑歯石除去前

 

歯石除去後

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | スケーリング(歯石除去) | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

お腹に腫瘍ができたハムスターちゃんが来院されました。

最近、ハムスター以外に、マウスやラットちゃんも来院されることが増えてきている気がします。

 

今回のケースでは、

飼主さんとリスクを含めたご相談の結果、腫瘍を摘出することになりました。

 

↑全身麻酔下で寝て貰い、毛刈りをして、イソジンで消毒していきます

 

 

↑腫瘍を半導体レーザーメスを使って摘出しました。

半導体レーザーを使うとほぼ出血ゼロで摘出が可能なことが多くてとても役に立つ味方です。

 

↑麻酔からも覚めてお家へ帰っていってくれて良かったです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
腹腔鏡下避妊手術

当院では腹腔鏡を使った身体への負担が少ない避妊手術を行っています。

腹腔鏡を使うと、5mm程度の小さなキズが2〜3ヶ所程度で避妊手術(卵巣・子宮摘出術)を行うことができますので、

術後の痛みが少なく回復が早いのが特徴です。

 

↑抜糸時の様子

 

↑抜糸時の様子

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 腹腔鏡 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カメレオンの眼疾患

先日、カメレオンちゃんが来院されました。

そうです、あの舌がビョーンと伸びる、体色が変化する生き物です。

当院にも時々カメレオンが来院されます。

 

今回来院されたカメレオンは「エボシカメレオン」という種類で、頭が帽子(烏帽子)みたいな形なのが特徴的です。

全長が40〜60cmになり、昆虫類や植物を食べ雑食性です。

カメレオンは動くエサしか食べないですし、神経質ですし飼育は難しいといわれておりますが、

見ていてとても可愛らしいですし、面白くて飼いたくなる気持ちが分かります。

 

さて、

今回来院されたカメレオンちゃん、

両目が開かないという主訴で来院されました。

眼が見えないと食餌をとれなくなるため危険なのですが、

眼を洗浄し、点眼薬をさして貰ったところ、数日で改善してくれたので良かったです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
リスの不正咬合

切歯が不正咬合になってしまい異常に伸びてしまっているリスさんが来院されました。

 

うさぎや、ねずみなど歯が伸び続ける動物ではこういった事が時々起こり、このままでは上手にご飯が食べられないため

定期的に短くカットしてあげなければなりません。

↑歯が伸びています

 

 

↑歯をカットしました

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です

 

 

| tarumioasis2 | リス | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ページのトップへ