神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
夜間時間外診察について
 明石にあった夜間の動物病院が閉院してしまい、夜10時以降深夜の時間帯は大阪にある夜間救急動物病院をご紹介しております。

朝から調子が悪いのに様子をみてしまい、深夜になりやっぱり心配になって夜間の病院を探されるケースが増えています。
手遅れになってしまう事も有得ますので、調子が悪い場合は大丈夫なうちに様子を見ず動物病院が開いている時間に早く連れていってあげて下さい。
おねがいします。

垂水オアシス動物病院
| tarumioasis2 | 夜間対応について | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
夜間救急
 明石にあった夜間の病院が閉院してから、夜間に電話が鳴ることが少し増えた気がします。
深夜10時までに掛ってきた電話はなるべく可能な限り対応できるように努力しています(それ以降の時間は少し遠いですが夜間専門の動物病院をご紹介しています)。
来院される症状は、爪が折れた、 骨が折れた、尿が出ない、ぐったりして様子がおかしい、発作が止まらない、異物を飲み込んだ、歯肉から出血が止まらない…、などいろいろです。
夜の診察は体がキツイこともままありますが、動物たちが良くなって飼い主さんからも感謝されるのはうれしくありがたいことなのでなるべく続けていきたいと考えています。

昼から様子を見ていてやっぱり心配になって深夜に病院に連れてこられる飼い主さんも結構多いので、手遅れになる前に早く動物病院へ連れていってあげて下さい。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 夜間対応について | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
明石にある夜間救急動物病院が閉院しました!
 明石市にあった夜間救急動物病院が2011年7月いっぱいで閉院しました。
これで近くにある夜間専門の救急病院は「北摂夜間救急動物病院」になってしまいました。北摂、大阪の箕面市まで行くのは高速道路を使っても片道1時間半くらいかかるので垂水区からだとだいぶ遠いです
ですので、「どうかな…どうかな…」と心配しながらどの病院も閉まってしまう深夜まで様子を見たりせずに、少し様子がおかしそうなら開いているうちに動物病院へ連れていってあげて下さい
これがとにかくお勧めです。

ですが、仕事から帰られて飼い主さんが異変に気付かれることもあるかと思いますので、当院では夜10時頃まではなるべく可能な限り診察の電話での受付をしています。(※来院時間帯により時間外診察料が発生します)

※診察が終わってから勉強会へ出席したりする場合もあり必ずしも対応できるとは限らないので、その場合はご容赦ください。

垂水オアシス動物病院

| tarumioasis2 | 夜間対応について | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
時間外診察について

基本的には深夜10時頃まで可能な限り夜間対応しております。

※但し不在時や夜間に緊急手術をしている時、夜間の学会出席なども含めて診察ができない場合もありますのでご了承ください。
※通常の診察料以外に時間外診察料が別途発生します。時間によって異なります(¥3,150〜)ので実際に来られる場合は事前にお伝えします。


(受診方法)
/眇絅アシス動物病院 TEL:078−707−2525へお電話下さい。
                   ↓
⊆動応答(留守電)に切り替わるシステムになっていますので発信音の後に、「お名前、電話番号、症状」の3点を入れて下さい。
※夜間・時間外の場合、いたずら電話防止のため直接電話に出ることはありませんので必ず留守番電話に入れて下さい。
                   ↓
L覺崑弍可能な場合は10分以内に折り返しお電話させて頂きます。10分以内に折り返し電話が無い場合は、獣医師がすぐに対応できる状態ではないと判断いただき、申し訳ありませんが下記の夜間救急動物病院へお問合せ下さい。

「北摂夜間救急動物病院」
住所 大阪府箕面市船場東2-3-55 動物救急医療センタービル
診療時間 20:00〜翌5:00
TEL : 072-730-2199 
 
明石にある「夜間救急動物病院」は2011年7月末日で閉院しています。ご注意下さい。

| tarumioasis2 | 夜間対応について | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ