神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
猫の慢性進行性多発性関節炎

皆さまいかがおすごしでしょうか?

最近はだいぶ日が落ちるのが早くなってきましたね。

 

動物病院で毎日何十件と、何年も診察していると、

症状からだいたいこんな病気だなとか見分けられるようになってきます。

しかし…、

動物は人間みたいに言葉をしゃべらず苦痛を訴えないですし、中には診断が難しい病気や、

教科書に載っていないんじゃないかと思われるような病気も少なからずあるので、

獣医師もけっこう大変なのです。

 

さて最近、

「慢性進行性多発性関節炎」の猫ちゃんが来院されたのでこの件について。

 

こちらの猫ちゃん、40℃以上の高熱が1週間以上続いており(猫の平熱は38〜39℃台くらい)ました。

 

数日前からお近くの動物物病院で診察と治療(抗生物質、抗炎症薬の投与)を受けられていたそうなのですが、

体温が一向に下がらず、主治医の先生は原因が全く分からないと仰られていて原因不明とのこと。

 

当院で診察させて頂くと、

確かに体温が高くぐったりしています。

 

来院された当初、ずっと発熱が続いているので何らかの感染症をまず考えたのですが、

 

触診をすると四肢の関節がやや腫れており、感染症ではなく免疫の異常による関節炎が疑われました。

 

リウマチみたいに免疫に異常が生じることで関節炎が起こる病気が犬や猫にもあります。

 

今回のような多発性関節炎(←免疫の異常によっておこる関節炎)は犬では時々見かける病気なのですが、

猫ではかなりレアケースだと思われます。

 

臨床症状としては、

発熱、嗜眠、歩くことを嫌がる、関節の腫脹、疼痛が挙げられます。

 

この子の場合もこれらの症状は全て合致していました。

 

更に診断を確定させるために、基礎疾患が無いか精査を行い、

四肢の関節液を採取してその性状をチェックしたり感染が無いかなどを調べ診断しました。

 

今回の猫ちゃんの場合、

プレドニゾロンやシクロスポリンといった免疫抑制剤に良い反応を示して

熱も下がり調子が良くなったのでホッとしています。

 

やはり触診などの身体検査は重要だと改めて思わされました。

原因不明の発熱、高熱が続いているワンちゃんや猫ちゃんは、

触診などの身体検査をしっかりして免疫介在性関節炎が起きてないか一度は疑った方が良いかもしれません。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、前十字靭帯断裂に対してTPLOを実施したワンちゃんが術後の検査に来院されました。

飼主さんからお話をお伺いすると、手術した肢もだいぶ回復して活動的に動き回っているとのことで良かったです。

 

やはり、術後の回復の早さや、術後成績は他の手術法と比較して良好ですので、

活動的なワンちゃんにはTPLOは特にお勧めできると思います。

 

 

↑左後肢の前十字靭帯が切れてしまい跛行しています。

TPLO手術前の様子(手術前のため毛刈りしています)。

 

 

↑TPLO手術の術後2か月目の様子です。

手術をした患肢(左後肢)を使って問題なく歩けるようになっています。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

以前記事に書いた後肢の前十字靭帯部分断裂に対してTPLOと呼ばれる手術を行ったワンちゃんが来院されました。

 

あれから術後6週間が経過しており歩様は良好でふつうに歩きまわっているとのこと。

骨切りをした部位の骨癒合まであと1〜2か月くらい掛かると思われるためもう少し安静が必要です。

 

↑術後6週目のX線検査。だいぶ仮骨ができており癒合が進んでいます。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
3階から落下した猫ちゃん(尺骨骨折、肘関節脱臼、モンテジア骨折)

3階から落下で来院した猫ちゃんを明石の動物病院の先生からご紹介して頂き、

診察させていただいたところ前肢の尺骨に骨折、肘関節の脱臼が見られました。

 

尺骨が骨折して橈骨が脱臼するモンテジア骨折です。

 

↑肘関節がほぼ完全に脱臼しており、尺骨も粉砕骨折しています。

 

この骨折は肘の機能が著しく傷害されるため正しく整復することが重要です。手術は尺骨をプレートで固定して、橈骨は脱臼を整復した後、橈骨、上腕骨、尺骨間をスクリューとワイヤーを用いて支持固定しました。

 

 

 

 

 

驚異的にすごい回復力の持ち主の猫ちゃんでしたので、

翌日には痛めていた肢を着いて普通に歩いており、術後3日目には退院していってくれました。

 

術後は安静にする必要がありますが経過が良ければ1か月ぐらいでワイヤーを摘出します。

 

猫ちゃんが飛び降りる高さは2階からは大丈夫でも、3階は危険なのかもしれません。

 

足場の硬さや状態にもよりますのでマンションなどにお住まいの方は十分お気を付け下さい!

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

今週に入ってから明石の動物病院の先生から紹介して頂いて、

トイプードルちゃんの前肢の骨折整復手術が2件連続してありましたのでこの件について。

 

近年、トイ犬種(トイプードル、チワワなど)の橈尺骨骨折(前肢の骨折)の発生件数が増加しています。ソファーから飛び降りたり、ちょっとした高さから落下するだけで骨は簡単に折れてしまいます。ギプスなど外固定のみで治療すると癒合不全に陥ることがあり、多くの症例では整復手術が必要になります。
トイ犬種は体重が1〜4kg程と小さく骨の厚みも2-3mmしかないため骨折の整復には特殊な器具と難易度の高い繊細な手技が必要です。
当院では症例に応じてプレート法(LCP、チタンプレートなどを使用)、髄内ピン法、創外固定法などを選択・応用し治療を行っています。
 

今回も、固定強度が強すぎず、癒合不全が起こりにくいタイプのプレートを使って骨折を整復しました。

 

この部位の骨折は固定が弱くても、強すぎても癒合不全が起きる可能性があり、

当院では幸いなことに深刻な問題が生じたことは今までにありませんが、

整復に使用する器具の選択や手術手技も繊細で一度トラブルが発生すると骨折の中でも大変な箇所です。

 

この5ヶ月齢のトイプードルの2頭は前肢の骨の幅はわずか5mm以下、厚みは3mm程度しかないため、

「そりゃ折れるよね」という骨の繊細さでした。

 

髄内ピン法や創外固定法と違い、プレート法は安定性が高いため固定した翌日には前肢を使って走ったりもできてしまうのですが、

 

骨が癒合するまで2か月程度は安静が必要です。

 

特に子犬ちゃんは落下事故に気を付けてください。

 

症例1

↑術前

 

↑術後

 

 

 

症例

↑術前

 

↑術後

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先日、知り合いの先生からご紹介して頂いて来院されたジャックラッセルのワンちゃんのTPLO(前十字靭帯断裂の手術)がありました。

後肢の膝の靭帯(前十字靭帯)が切れると、患肢を痛がって負重し難くなってしまいますのでそれを改善させる為の手術です。

 

TPLOは複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

 

飼主さまとご相談の結果、術後の機能回復が一番良いと報告されているTPLOを行うことになりました。

 

特に問題なく手術も終わり退院していってくれましたので良かったです。

骨が癒合するまでに2〜3か月は掛かりますのでもう少し安静が必要になります。

ジャックラッセルちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術後の歩様。だいぶ負重するようになってきました。

 

 

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

後肢を痛がって着かなくなっているシベリアンハスキーのワンちゃん(大型犬)が来院されました。

そして、今週もTPLOの手術を行う機会があったためこの件について。

 

「後ろ肢を急に痛がる、思い当たる原因も無い。」というと思い浮かぶのが前十字靭帯断裂です。

 

このハスキーちゃんも同じような症状でしたので、触診やX線検査などを行い詳しく診察させて頂くと…、

やはり前十字靭帯の完全断裂が疑われました。

 

〇前十字靭帯断裂、TPLOについて


一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

今回のワンちゃんは最も術後成績が良いと報告されているTPLOと呼ばれる術式で手術を行うことになりました。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。


 

術後の機能回復は良好で、この子の場合には術後数日後には患肢を軽く着いて歩くようになってきていますが、

骨癒合や完全回復まで2〜3ヶ月程度は掛かりますのでもうしばらく走ったりせず安静にする必要があります。

 

↑手術前(前十字靭帯が断裂しているため通常より脛骨が前方へ変位しています)

 

 

↑手術後(TPLOを行い、脛骨近位部を骨切り、回転させプレートで計画通りのTPA角度5°に固定しました。)

 

↑術後5日目の様子。5日目にして早くも足を着けて歩けるようになってきました。

とてもおりこうなワンちゃんです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

※画像・動画は飼主さまのお許しのもと掲載させていただいております。

| tarumioasis2 | 整形外科 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
脛骨の骨折(後肢の骨折)

大阪の動物病院の先生からのご紹介でシェルティちゃんが来院されました。

X線検査を行ったところ後肢の膝から下の骨が完全にポッキリ折れてしまっている様子。

高いところから落ちてしまったとのこと。

 

今回もチタン製のロッキングプレートで固定を行い、

無事に手術も終わり帰っていってくれました。

 

若いワンちゃんなので1〜2か月程度で治ってしまうと思うのですが、

また飛び降りないように気を付ける必要があります。

 

特に小型犬を飼われている飼主さまは、飛び降りたり落としたりされないようにお気を付けください。

 

↑脛骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先週、前十字靭帯断裂を発症した小型犬のパピヨンちゃんが来院され治療を行う機会があったのでこの件について。

 

この子は「左後肢を痛がって挙げている」という主訴で来院されました。

跛行が酷く、ほとんど足を負重できない状態だったため詳しく精査を行ったところ

X線検査、触診などから左後肢の「前十字靭帯完全断裂+半月板損傷」と診断しました。

 

一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。

 

骨が癒合するまでに2〜3か月掛かりますので、それまで安静が必要です。

パピヨンちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術前(TPA29度)

 

↑術後

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
足根関節の脱臼

先日、後ろ足を挙げているという猫ちゃんが来院されました。

 

さっそく診察台に乗ってもらい診察させていただくと、

右後肢が完全に負重しなくなっています。

 

「骨折かな〜。」と思いつつ、

レントゲン検査を行ってみたところ、

骨折ではなく足根関節が脱臼してしまっています。これはとても痛そう…。

 

この子は屋内飼育ではありますが、時々屋外へお出かけするそうです。

きっと外にお出かけした時に事故にあったのでしょう。

 

このまま様子をみても改善は期待できないため、

部分的な関節固定術を行うことになりました。

↑足根関節が脱臼しています

 

 

↑関節軟骨をマイクロエンジンで切削し、海綿骨を移植した後、キルシュナーピンとワイヤーで固定。

 

屋外は危険がいっぱいですので、

猫ちゃんの飼主さんには屋内飼育をおすすめします。

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ページのトップへ