神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
橈尺骨骨折(両前肢の骨折)

昨日、またまた前足を骨折したワンちゃんが来院されました。

この子はまだ若いチワワちゃんで、かわいそうな事に両前肢が折れてしまっています。

両前肢が折れると片側の肢で体重が支えられないため、やっかいです。

 

こういった場合の選択肢として(上から順にお勧め順)、

1、プレート固定(ステンレス製 or チタン製)

2、創外固定

3、髄内ピン+外固定(ギプス固定)

4、外固定のみ(ギプス固定)

 

などが挙げられます。

コスト的には上の方が高い(治療成績が良い順)です。

 

プレート固定の中にも種類があり材質にステンレスかチタンがあります。

ステンレスの場合は固い金属のため、ちょうどいいタイミングで再手術を行いスクリュー(ネジ)を抜いてあげて

固定強度を弱めたり、再々手術でプレートを抜去したりして段階的に強度を落とす必要がでてくることが多いです。

(プレートをそのままにしておくとプレート下の骨が脆く細くなってきてしまうことがあります)

↑以前診察させて頂いたこのような状態に陥ってしまった症例

 

それに対してチタン製プレートは柔らかい金属で生体親和性も高いため、

2回目や3回目の再手術が基本的には必要なく、

コスト的に問題が無ければ当院では第一にこのプレートを採用しています。

初期コストはステンレスより高いのですが、

ほとんどの場合再手術が不要(再手術分のコストと患者さんの負担が不要になるので、トータルコストは同じくらい?)、

そして問題なく癒合することからおすすめしています。

 

また、この部位の骨折は治療が非常に難しくなることがあり、

手術したものの癒合不全に陥ってしまうケースも有り得るのがやっかいなところなのです。

 

飼主さんとよくご相談の結果、

コスト面で優れている外固定(ギプス固定)を選択されたため、

両前肢をキャスト包帯(骨折した時に病院で着けてもらうアレです)で固定しました。

 

通常、手術をしないでギプス固定だけでは上手く治らず、癒合不全に陥ってしまう確率が高いといわれています。

外固定のみでは「トイ〜ミニチュア種の8頭中6頭が癒合不全になった」、「82%で癒合不全になった」、という報告があります。

このような危険性がありますので、よほど変位が少ないヒビ程度の骨折以外では基本的にギプス固定を行うのは本来は避けた方よいのかもしれません。

両前肢が何とか治りますように…!

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

昨日、明石の先生からのご紹介でポメラニアンちゃんの前肢の骨折を治す手術を行いました。

やはり、チワワ、トイプー、ポメラニアン、その他でイタグレちゃん辺りは簡単に前肢を骨折します。

 

1kgちょっとの超小型犬でしたが、

今回もいつも通り、特殊なプレートとスクリュー(チタン製ロッキングプレートシステム)で固定しました。

 

 

 

ポメちゃん頑張りました!

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(グレード3、4)

先週も膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)のワンちゃんの手術が続けてありました。

 

膝蓋骨脱臼1頭目はトイプードルのワンちゃんで、

以前に当院にて左後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を整復して問題なく歩けるようになったため、

今回も反対肢の時々痛がる右後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を治療することになったのでした。

↑手術前(左後肢パテラ脱臼は以前に整復済み)

 

↑手術前(浅い大腿骨滑車溝)

 

↑手術後(膝蓋骨が整復されています)

 

手術後(滑車溝が深くなり膝蓋骨が外れ難くなりました)

 

これで問題なく歩けるようになるハズです。

 

 

 

膝蓋骨脱臼2頭目もトイプードルちゃんで、

右後肢の膝蓋骨脱臼(グレード4)を治療しました。

 

この子の場合グレード4の中でもかなり重症のため大腿骨に変形が見られました。

また、膝蓋骨を指でいくら押しても溝にはまる気配が全くないため、

普段行う整復方法(脛骨粗面移植術、滑車溝造溝術、関節包縫縮、内側支帯解放.etc...)に加えて、

大腿骨矯正骨切り術を行うことになりました。

矯正骨切り術を行うには、緻密な術前計画を行い計画通りに手技を実施する必要があり難度の高い手術です。

そのためできれば避けて通りたいところですが、

重度の骨の変形がみられるグレード4の膝蓋骨脱臼を整復するためには

矯正骨切り術(骨短縮)を行うことが必要になるケースがあります。

 

↑手術前(右後肢の膝蓋骨が完全に脱臼しています)

 

↑手術前(滑車溝が全くありませんでした)

 

↑術前に骨切りのシュミレーションを行います

 

↑手術後(LCPロッキングプレートで固定しました)

 

↑手術後(滑車溝が深くなり脱臼し難くなりました)

 

これで骨が癒合すれば問題なく歩けるようになるハズです。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

2809-01

1790-01

| tarumioasis2 | 整形外科 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
脛骨骨折( 創外固定法)

後肢のスネの骨を骨折した猫ちゃんが来院されました。

スネを骨折するなんてとても痛そうですね…。原因は不明だそうです。

今回は骨折部が粉砕骨折していたため、創外固定装置を使って手術、整復しました。

これで2〜3か月すれば問題なく骨が癒合してくれるハズです。

 

特に外にお出かけする猫ちゃんの飼主さまは交通事故にお気を付けください!

 

 

 

 

↑術後の様子

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(グレード3、4)

先週は前十字靭帯断裂のワンちゃんが来院されたり、

膝蓋骨脱臼のワンちゃんの手術があったり、膝の疾患の治療をすることが多い週でした。

 

膝蓋骨脱臼1頭目はポメラニアンのワンちゃんで、

2、3ヶ月前、当院にて左後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を整復して問題なく歩けるようになったため、

今回は反対肢の右後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を治療することになりました。

↑膝蓋骨が内側に脱臼しています

 

↑膝蓋骨が整復できました(造溝術、関節包縫縮、脛骨粗面転移術、内側支帯開放などを組み合わせて実施)

これで問題なく歩けるようになるハズです。

 

 

 

もう一頭もポメラニアンのワンちゃんでした。

この子は更に重度の「膝蓋骨脱臼グレード4(パテラグレード検」でした。

↑膝蓋骨が内側に脱臼しています

 

↑膝蓋骨脱臼(グレード4)を整復しました(造溝術、関節包縫縮、脛骨粗面転移術、内側支帯解放などを組み合わせて実施)

これでこの子も問題なく歩けるようになるハズです。

 

当院では膝蓋骨脱臼の整復後に再脱臼した症例は今までにありませんが、

術後は2〜3か月は骨切した部位や関節包を縫った部位が破綻して再脱臼してしまう可能性があるため安静が必要です。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
前十字靭帯断裂

 

小型犬のワンちゃんが後ろ足を着かないという主訴で来院されました。


前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)もしくは大きな負荷が無くても突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

完全に断裂してしまった場合は触診やX線検査で診断ができます。
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いのでTPLOなどの外科手術を受けた方が良いと思われます。

10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられ、一見正常に見えることが多いようですが、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、飼主さまとご相談の結果、

関節外法という手術方法で行うことになりました。

突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性があります。
普段から体重を増やしすぎないようにしましょう。

 

 

↑触診で膝関節に引き出し徴候(ドロワーサイン)がみられます

 

↑前十字靭帯が断裂して脛骨が前方へ変位しています

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨の癒合不全(前肢の骨折)

夏休みも終わりとうとう9月になりましたね。

急に朝晩涼しくなってもう秋の雰囲気です。

 

さて先日、

前足(橈尺骨)を骨折したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

 

↑初診来院時、痛みから右前肢が着地できずあげています

 

 

1年半くらい前にベッドから飛び降りて片側の前足を骨折してしまい、

お近くの動物病院で骨折の整復手術を受けられたとのこと。

その後は普通に歩けるようになったそうです。

 

そこまでは良かったのですが、

術後1年以上くらい経過してから手術を受けた動物病院さんでみてもらった時に

「骨折した部位の骨が溶けてきている」

と指摘されプレートを外されたそうです。

 

すると、

プレートを外したところの骨が脆くなっていたため(プレート下の骨には力が加わらず骨が脆くなり易い)、

なんとその部位で再び折れてしまったのでした。

 

その後、3か月経った今も全く足を着くようにならないとのこと。

先生とのご相談では「骨が細くなっているため再手術は不可能」という結論になったそうで

包帯やギプスのようなものを装着したりしたものの改善しなかったそうです。

通常、3か月間経っても足を全く使わない、というのはほぼ間違いなく異常が起こっています。

 

一般的に、

トイプードル、チワワ、ポメラニアンなどの超小型犬種では

特に今回のようなケースが発生しやすく前肢骨折では癒合不全が生じ易いといわれており、

プレート固定を用いた場合でも12.5%に合併症が発生するとの報告もあります(通常の骨折の2〜3倍の発生率)。

 

 体重も2kgくらいで、骨幅も2〜5mm程度しかない場合が多いため手術が繊細で難易度が高く、

執刀獣医師がこの骨折整復手術に慣れていないと、ただでさえ少ない軟部組織や血流を傷めつけて、

癒合不全が発生しやすいので注意が必要です。

また、症例の状態や活動性なども考えて、整形外科の基本原則を守り、使用するプレートの種類や、

固定の方法(髄内ピン、ギプス固定、プレート固定、創外固定など)の選択をしなければ簡単に癒合不全に陥ってしまいます。

 

そのため実際に合併症が出るケースも多く(12.5%の確率)、

癒合不全に陥ってしまったりすると、ワンちゃん、飼主さまはもちろん、

執刀した獣医師も胃が痛くなる日々を過ごすことになる獣医師泣かせなやっかいな骨折です。

 

↑橈尺骨が骨折しており完全に癒合不全に陥っています

 

このまま固定不良の状態では経過を見ていっても悪化はしても改善することは無さそうです。

飼主さんのご希望により当院にて再手術を実施することになりました。

 

↑ダブルプレート法で固定しました

 

前回の手術から1年間以上、再骨折してから3か月以上も経過しているため、骨折部を新鮮創にして固定後、海綿骨移植とPRP(Platelet Rich Plasmaの略:多血小板血漿)、FGF(線維芽細胞増殖因子:Fibroblast Growth Factors)の投与を行いました。今回も、海外から個人輸入したチタン製の特殊なプレートシステムを採用して整復手術をしています。

 

また、全く足を使わなくなって3か月以上も経過しているため筋肉がかなり萎縮していますし、

痛みがあった足をつかうのを恐々しているため、普通に歩けるようになるには十分なリハビリ期間が必要だと思われます。

 

 

↑術後の様子。だいぶ右前肢を着いて歩くようになってきました。

 

当院は外科全般(整形外科)を得意としており他院の先生からご紹介頂くことがあります。

ご紹介頂いた癒合不全症例の再手術を含めて、手術させて頂いた骨折のワンちゃんは全頭完治しており治らなかったケース(癒合不全になった症例)は今のところ幸いなことに1例も有りません。

が、術後(骨が癒合するまでの2〜3か月の間)に高いところから飛び降りたりするとプレートごと崩壊する可能性がありますのでまだまだ注意が必要です。

 

しかし、今回のケースを見ると改めて超小型犬の骨折治療は難しくて奥が深いと思わされます。

 

早く良くなって走れるようになれますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼

このところ膝蓋骨脱臼の治療について、

お問い合わせや来院される患者さんが多く手術することも多いので、

この件について。

 

膝蓋骨脱臼とは、

膝の関節にある膝蓋骨という骨が脱臼してしまう病気です。

簡単な解説⇒ http://www.axa-direct.co.jp/pet-ms/detail/5007/

 

診察時に膝を触診してみると、

実は結構な割合で小型犬の膝蓋骨は脱臼しています。

そして、飼主さんはその事実に全く気づかれていないケースが多いです(症状に気づかない or 症状が無い?)。

 

重症度分類では、

グレード1:膝蓋骨は手で押すと脱臼するが、手を離せば正常位に戻る

グレード2:膝蓋骨は膝を屈曲するか手で押せば脱臼し、膝を伸展するか手で押せば整復する

グレード3:膝蓋骨は常時脱臼したままで、徒手整復可能であるが、手を離せば再び脱臼する

グレード4:膝蓋骨は常時脱臼し、徒手整復されない

というように程度により重症度が分類されます。

 

このうち、

グレード2以上が治療適応です。

 

この病気は、

物理的に膝蓋骨が外れて脱臼する病気なので根本的には内科治療ではなく外科的治療が必要です。

 

うちの子がもし、

膝蓋骨脱臼と診断された場合、

「手術が必要なのか?どうしたらいい?」かが飼主様の悩まれるポイントでしょう。

 

膝蓋骨脱臼の一般的な手術適応は次のように考えられています。
1)痛みがある場合
2)機能障害がある場合
3)関節炎が進行する場合
4)将来的に上記症状が発生する可能性が高い場合

 

痛みや歩き方がおかしいなど跛行の症状がひどい場合は、整復手術を早く受けさせてあげるべきですし、

症状が気にならない場合でも、関節炎などの症状が進行してしまうかもしれない時は整復手術をおすすめします。

(逆に言うと、症状が無く進行する可能性も無ければ経過観察も可)

 

↑グレード3の膝蓋骨脱臼を整復しました

↑オレオちゃんがんばりました!

 

※参考のため飼主さまに写真を提供していただきました

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(グレード3)

先日、後肢を痛がっているチワワちゃんが来院されました。

跛行は血液検査、触診やレントゲン検査の結果などから膝蓋骨脱臼の痛みによるものと考えられました。

 

膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。
後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、そのような場合は膝の関節にある膝蓋骨が脱臼している可能性があります。発生の多くは内方脱臼で、その発生の多くはトイプードルやチワワ、ポメラニアン等の小型犬です。大型犬では外方脱臼の発生が時々みられます。

 

今回のケースではグレード3の膝蓋骨脱臼であり、

痛みによる跛行の症状が見られたため飼主さんとご相談の結果、整復手術を行うことになりました。

滑車溝の造溝術、脛骨粗面の転移術、関節包縫縮などを併用して実施しています。

 

 

↑大腿骨の滑車溝がとても浅いです。これでは溝を乗り越えて膝蓋骨が簡単に脱臼してしまいます。

 

 

↑造溝術を行い溝を深くしました

 

当院では分かりやすく、しっかり理解していただけるようインフォームドコンセントを行っています。

この病気で悩んでいる方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

垂水オアシス動物病院 

院長・獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、後肢の「前十字靭帯断裂」に対してTPLOと呼ばれる方法で手術を行いました。

TPLO(Tibial plateau leveling osteotomy : 脛骨高平部水平化骨切術)】

 

このTPLOという手術法は、手術前の精密なシュミレーションが必要であり手技的な難度が高いため、

国内はもちろん米国まで研修を受けに行き、特殊な専用機器を導入して取り入れています。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。
当初は大型犬へ施術されていましたが、現在では小型犬や猫にも行われています。

国内で従来から一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、最も成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

TPLOには早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いことなどのメリットがあります。

 

従来からの手術方法に比較して回復が早いため、早く良くなってくれるのを期待しています。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師(院長) 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ