神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)を使った外耳洗浄

ここのところビデオオトスコープを使った処置をよく行っているので今回はこの件についてです。

 

従来の外耳炎の治療方法は、

洗浄液を耳の中に溢れるぐらい入れて、もみ洗いをして、点耳薬を入れる、という方法が主流でした。

 

この方法では、手前の耳垢はある程度キレイに取り除けるのですが、

鼓膜付近奥深くの耳垢はどうやっても取ることができません。

 

こういった場合、

再発を抑えるために定期的に外耳洗浄を繰り返すしかありませんでした。

 

そういった外耳炎に有効なのがこのビデオオトスコープで、

直接モニターで観察しながら鼓膜付近の耳垢まで取り除くことができます。

 

この鼓膜の汚れの他、生まれつきの体質(アトピー、食物アレルギーなど)や耳の形(耳毛が多い、垂れ耳など)なども外耳炎発症に関与しており、素因などをを併せて改善しないといずれ再発する可能性があります。

 

 

↑通常通りに外耳洗浄後(耳の深い部分に耳垢が沢山残っています)

 

 

 

 

 

 

 

↑ビデオオトスコープを使って洗浄後(ほとんど耳垢が無くなりました)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳鼻咽頭ポリープ

猫に炎症性ポリープと呼ばれるできものができることがあります。

このポリープが発生する部位により、

慢性、化膿性鼻汁、呼吸困難、慢性外耳炎、頭部斜頸などの症状がでることがあります。

 

今回の猫ちゃんの場合、

耳の奥、中耳と呼ばれる場所からポリープが発生していたため外耳炎が酷く耳の奥から膿が出てきており、

何回洗浄しても点耳薬を使っても治らないということで当院へ来院されました。

 

炎症性ポリープを内科的に処置する方法として、外科手術以外に内視鏡をつかった捻転牽引法が報告されており、

今回のケースでもビデオオトスコープを用いてうまく摘出することができました。

 

 

↑摘出したポリープ。摘出した後は慢性的に続いていた外耳炎症状が改善しました。

↑摘出後の鼓膜付近の様子(罹患側)

 

↑反対側の鼓膜の様子(正常)

 

猫で治りにくい外耳炎は、耳の奥にポリープがあるかもしれません。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ)洗浄処置

最近、耳の症例の来院患者さんが増えています。

 

この猫ちゃんは1〜2か月前から耳に痒みがあり、耳垢が奥から次から次に出てくる状態でした。

アメリカンカールという種類の猫ちゃんだったため、耳道内の通気が悪く、耳の軟骨が巻いており通常の外耳洗浄もできず、

外耳炎になり易いのかもしれません。

 

今回は、オトスコープで鼓膜付近の汚れを根こそぎ摘出しました。

 

 

↑耳の奥深く鼓膜付近に耳垢が堆積していました

 

ビデオオトスコープで耳垢摘出後、痒みが改善し順調に回復していってくれました。

 

この処置がばっちり合うと劇的に改善する症例も多く、試してみたい方はお気軽にご相談ください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)を用いた外耳洗浄 

先日、初診の外耳炎に悩まされているワンちゃんが来院されました。

耳を振って痒がっているという症状が数年間!続いていたということでした。

 

当院ではビデオオトスコープ(耳内視鏡)を導入しており、さっそく耳の奥を見てみると鼓膜付近に汚れが大量に堆積しています。

こういった奥深くの汚れは従来の外耳洗浄の方法では取り除くことはできません。

ビデオオトスコープでこれを取り除くと痒みが無くなり、症状がかなりスッキリと改善しました。

末期的な状態になるとなかなか治療が難くなるため、早めの処置をおすすめします。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオトスコープ(耳内視鏡)

外耳炎がなかなか治らず続いているというワンちゃんのビデオオトスコープを使った処置がありました。

 

左耳の奥の方を見てみると…、

↑毛と耳垢が鼓膜手前に堆積しています。

 

 

↓洗浄していくとキレイになりましたが、鼓膜の損傷部位が発見されました(中耳炎)。

 

 

 

↓右耳を見てみると、黄色い耳垢が沢山見つかります。

 

↓洗浄し鼓膜付近まできれいになりました。

 

なかなか治らない外耳炎は実は中耳炎だったりすることがあり、

ビデオオトスコープの処置で判明することも珍しくありません。

 

治らない外耳炎の場合はいちど鼓膜をチェックすることをお勧めします。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳道腫瘍摘出【ビデオオトスコープ+半導体レーザー】

はやいもので今年ももう12月ですね。

歳をとるのが早く感じる今日この頃です。

 

先日、耳の中にできもの(腫瘍)ができて、外耳炎が引き起こされジュクジュクしているワンちゃんが来院され治療を実施しました。

こういった場合、

従来の方法ではなかなか摘出が難しかったのですが、

ビデオオトスコープ(耳内視鏡)と半導体レーザーを使えば耳の奥深くから発生している腫瘍でも摘出が可能な場合があります。

治りにくい外耳炎がある場合は、耳の奥を観察してみる必要がありそうです。

 

↑耳の孔の中に発生した腫瘍

 

↑レーザーで腫瘍を摘出しました

 

↑摘出された耳道内腫瘍

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープを使った外耳炎治療

外耳炎の猫ちゃんのビデオオトスコープを使った治療を行いました。

外耳炎が治りにくいケースでは耳内視鏡で洗浄を行うと改善できることがあります。

お家で綿棒を使って耳掃除をされている場合などでは、耳垢が奥に押し込まれてしまい耳栓になってしまい

なかなか治らなくなってしまいます。

 

↑奥に見えているのが鼓膜。キレイになりました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎(ビデオオトスコープ・耳内視鏡)

先日、耳を気にするウエスティのワンちゃんを診察させて頂きました。

長期間にわたって耳を痒がっているそうで、セカンドオピニオンを求めて当院へ来院されたためです。

 

耳の中を見てみると耳の孔の出口のところに腫瘤(できもの)ができているため、

これでは耳の通気性が悪くなり外耳炎も治りにくくなっていることが容易に想像できます。

 

まず、このできものを半導体レーザー装置で切除・摘出し、その後にビデオオトスコープで耳の奥深くに詰まった耳垢を摘出することにしました。

 

↑耳の出口ができもので塞がっています

 

↑できものを摘出後、耳の奥深くをビデオオトスコープ(耳内視鏡)で観察すると大量の耳垢が詰まっており、

鼓膜が全く見えません

 

↑カメラで見ながら耳垢を摘出していきます。おおきな耳垢が鼓膜付近から幾つも取れました。

 

 

 

↑耳垢が無くなり、鼓膜が見えるようになりました

 

耳の孔の奥深くの耳垢は従来の外耳洗浄方法ではキレイに取り除くことはほぼ不可能です。

そのため、いくら通常のやり方で洗浄しても、いくら点耳薬を入れてもなかなか完全には改善しないのです。

外耳炎が治らない場合、ビデオオトスコープを用いて一度鼓膜付近の耳垢を摘出するとよいと思います。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープを使った外耳炎治療

もうそろそろ夏休みも終わりですね。

まだまだ暑い日が続きますので飼主さまも動物たちもお気を付け下さい。

 

先日、外耳炎が長引いているトイプードルちゃんの治療を行いました。

手術で麻酔を掛けるついでに外耳炎の治療もしっかりと行うことになったのでした。

当院では専門診療の一つとしてビデオオトスコープ(耳内視鏡)を用いて外耳炎の治療を行っています。

ビデオオトスコープを用いると、耳道内を拡大して鮮明に観察でき、今まではほとんど見ることができなかった鼓膜も容易に観察できるようになりました。
慢性化した外耳炎は、通常の外耳洗浄や抗生物質の投与だけでは改善しないことが多く、
治療に苦慮することも珍しくありませんでした。しかし、ビデオオトスコープを利用することにより、

従来の方法では治療できなかった外耳炎も改善させることができるようになってきています

 

慢性的な外耳炎でお困りの方は一度ご相談下さい。

 

ビデオオトスコープを使って外耳洗浄後の様子

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)
引き続き耳内視鏡で治療した外耳炎の症例についてです。
従来の洗浄法で治療しても頭を振る動作が改善せず、
ビデオオトスコープで耳の奥までキレイに洗浄することになりました。


↑鼓膜付近に毛が落ち込んでいます


↑耳の奥の落ち込んだ毛を鉗子で摘出しました




↑細かい耳垢を鉗子やカテーテルで摘出していきます


↑鼓膜までキレイになりました

外耳炎が従来の治療法で改善しない場合、ビデオオトスコープを用いた治療が有効なケースがあります。
お困りの方はお気軽にご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ