神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
外耳炎治療(ビデオオトスコープ)

当院では慢性外耳炎に対して、耳内視鏡(ビデオオトスコープ)を用いて治療を行っています。

 

何年も前から膿汁が出ているようななかなか治らない難治性の外耳炎のワンちゃんでも、

ビデオオトスコープを用いて洗浄後には改善することがあり、難治性の外耳炎持ちの子にとても有効な場合があります。

 

今回はなかなか治らない耳の痒みがあるワンちゃんへビデオオトスコープを用いて外耳洗浄をしました。

 

↓ビデオオトスコープを用いた処置の様子(ノーカットですので見にくいですが参考に)

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)を使った外耳洗浄

ここのところビデオオトスコープを使った処置をよく行っているので今回はこの件についてです。

 

従来の外耳炎の治療方法は、

洗浄液を耳の中に溢れるぐらい入れて、もみ洗いをして、点耳薬を入れる、という方法が主流でした。

 

この方法では、手前の耳垢はある程度キレイに取り除けるのですが、

鼓膜付近奥深くの耳垢はどうやっても取ることができません。

 

こういった場合、

再発を抑えるために定期的に外耳洗浄を繰り返すしかありませんでした。

 

そういった外耳炎に有効なのがこのビデオオトスコープで、

直接モニターで観察しながら鼓膜付近の耳垢まで取り除くことができます。

 

この鼓膜の汚れの他、生まれつきの体質(アトピー、食物アレルギーなど)や耳の形(耳毛が多い、垂れ耳など)なども外耳炎発症に関与しており、素因などをを併せて改善しないといずれ再発する可能性があります。

 

 

↑通常通りに外耳洗浄後(耳の深い部分に耳垢が沢山残っています)

 

 

 

 

 

 

 

↑ビデオオトスコープを使って洗浄後(ほとんど耳垢が無くなりました)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳鼻咽頭ポリープ

猫に炎症性ポリープと呼ばれるできものができることがあります。

このポリープが発生する部位により、

慢性、化膿性鼻汁、呼吸困難、慢性外耳炎、頭部斜頸などの症状がでることがあります。

 

今回の猫ちゃんの場合、

耳の奥、中耳と呼ばれる場所からポリープが発生していたため外耳炎が酷く耳の奥から膿が出てきており、

何回洗浄しても点耳薬を使っても治らないということで当院へ来院されました。

 

炎症性ポリープを内科的に処置する方法として、外科手術以外に内視鏡をつかった捻転牽引法が報告されており、

今回のケースでもビデオオトスコープを用いてうまく摘出することができました。

 

 

↑摘出したポリープ。摘出した後は慢性的に続いていた外耳炎症状が改善しました。

↑摘出後の鼓膜付近の様子(罹患側)

 

↑反対側の鼓膜の様子(正常)

 

猫で治りにくい外耳炎は、耳の奥にポリープがあるかもしれません。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ)洗浄処置

最近、耳の症例の来院患者さんが増えています。

 

この猫ちゃんは1〜2か月前から耳に痒みがあり、耳垢が奥から次から次に出てくる状態でした。

アメリカンカールという種類の猫ちゃんだったため、耳道内の通気が悪く、耳の軟骨が巻いており通常の外耳洗浄もできず、

外耳炎になり易いのかもしれません。

 

今回は、オトスコープで鼓膜付近の汚れを根こそぎ摘出しました。

 

 

↑耳の奥深く鼓膜付近に耳垢が堆積していました

 

ビデオオトスコープで耳垢摘出後、痒みが改善し順調に回復していってくれました。

 

この処置がばっちり合うと劇的に改善する症例も多く、試してみたい方はお気軽にご相談ください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)を用いた外耳洗浄 

先日、初診の外耳炎に悩まされているワンちゃんが来院されました。

耳を振って痒がっているという症状が数年間!続いていたということでした。

 

当院ではビデオオトスコープ(耳内視鏡)を導入しており、さっそく耳の奥を見てみると鼓膜付近に汚れが大量に堆積しています。

こういった奥深くの汚れは従来の外耳洗浄の方法では取り除くことはできません。

ビデオオトスコープでこれを取り除くと痒みが無くなり、症状がかなりスッキリと改善しました。

末期的な状態になるとなかなか治療が難くなるため、早めの処置をおすすめします。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオトスコープ(耳内視鏡)

外耳炎がなかなか治らず続いているというワンちゃんのビデオオトスコープを使った処置がありました。

 

左耳の奥の方を見てみると…、

↑毛と耳垢が鼓膜手前に堆積しています。

 

 

↓洗浄していくとキレイになりましたが、鼓膜の損傷部位が発見されました(中耳炎)。

 

 

 

↓右耳を見てみると、黄色い耳垢が沢山見つかります。

 

↓洗浄し鼓膜付近まできれいになりました。

 

なかなか治らない外耳炎は実は中耳炎だったりすることがあり、

ビデオオトスコープの処置で判明することも珍しくありません。

 

治らない外耳炎の場合はいちど鼓膜をチェックすることをお勧めします。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳道腫瘍摘出【ビデオオトスコープ+半導体レーザー】

はやいもので今年ももう12月ですね。

歳をとるのが早く感じる今日この頃です。

 

先日、耳の中にできもの(腫瘍)ができて、外耳炎が引き起こされジュクジュクしているワンちゃんが来院され治療を実施しました。

こういった場合、

従来の方法ではなかなか摘出が難しかったのですが、

ビデオオトスコープ(耳内視鏡)と半導体レーザーを使えば耳の奥深くから発生している腫瘍でも摘出が可能な場合があります。

治りにくい外耳炎がある場合は、耳の奥を観察してみる必要がありそうです。

 

↑耳の孔の中に発生した腫瘍

 

↑レーザーで腫瘍を摘出しました

 

↑摘出された耳道内腫瘍

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープを使った外耳炎治療

外耳炎の猫ちゃんのビデオオトスコープを使った治療を行いました。

外耳炎が治りにくいケースでは耳内視鏡で洗浄を行うと改善できることがあります。

お家で綿棒を使って耳掃除をされている場合などでは、耳垢が奥に押し込まれてしまい耳栓になってしまい

なかなか治らなくなってしまいます。

 

↑奥に見えているのが鼓膜。キレイになりました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎(ビデオオトスコープ・耳内視鏡)

先日、耳を気にするウエスティのワンちゃんを診察させて頂きました。

長期間にわたって耳を痒がっているそうで、セカンドオピニオンを求めて当院へ来院されたためです。

 

耳の中を見てみると耳の孔の出口のところに腫瘤(できもの)ができているため、

これでは耳の通気性が悪くなり外耳炎も治りにくくなっていることが容易に想像できます。

 

まず、このできものを半導体レーザー装置で切除・摘出し、その後にビデオオトスコープで耳の奥深くに詰まった耳垢を摘出することにしました。

 

↑耳の出口ができもので塞がっています

 

↑できものを摘出後、耳の奥深くをビデオオトスコープ(耳内視鏡)で観察すると大量の耳垢が詰まっており、

鼓膜が全く見えません

 

↑カメラで見ながら耳垢を摘出していきます。おおきな耳垢が鼓膜付近から幾つも取れました。

 

 

 

↑耳垢が無くなり、鼓膜が見えるようになりました

 

耳の孔の奥深くの耳垢は従来の外耳洗浄方法ではキレイに取り除くことはほぼ不可能です。

そのため、いくら通常のやり方で洗浄しても、いくら点耳薬を入れてもなかなか完全には改善しないのです。

外耳炎が治らない場合、ビデオオトスコープを用いて一度鼓膜付近の耳垢を摘出するとよいと思います。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープを使った外耳炎治療

もうそろそろ夏休みも終わりですね。

まだまだ暑い日が続きますので飼主さまも動物たちもお気を付け下さい。

 

先日、外耳炎が長引いているトイプードルちゃんの治療を行いました。

手術で麻酔を掛けるついでに外耳炎の治療もしっかりと行うことになったのでした。

当院では専門診療の一つとしてビデオオトスコープ(耳内視鏡)を用いて外耳炎の治療を行っています。

ビデオオトスコープを用いると、耳道内を拡大して鮮明に観察でき、今まではほとんど見ることができなかった鼓膜も容易に観察できるようになりました。
慢性化した外耳炎は、通常の外耳洗浄や抗生物質の投与だけでは改善しないことが多く、
治療に苦慮することも珍しくありませんでした。しかし、ビデオオトスコープを利用することにより、

従来の方法では治療できなかった外耳炎も改善させることができるようになってきています

 

慢性的な外耳炎でお困りの方は一度ご相談下さい。

 

ビデオオトスコープを使って外耳洗浄後の様子

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)
引き続き耳内視鏡で治療した外耳炎の症例についてです。
従来の洗浄法で治療しても頭を振る動作が改善せず、
ビデオオトスコープで耳の奥までキレイに洗浄することになりました。


↑鼓膜付近に毛が落ち込んでいます


↑耳の奥の落ち込んだ毛を鉗子で摘出しました




↑細かい耳垢を鉗子やカテーテルで摘出していきます


↑鼓膜までキレイになりました

外耳炎が従来の治療法で改善しない場合、ビデオオトスコープを用いた治療が有効なケースがあります。
お困りの方はお気軽にご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎(ビデオオトスコープにて耳垢摘出)
ビデオオトスコープで治療した外耳炎の治療例です。


↑耳道に耳垢がこびり付いています


↑鼓膜付近に耳垢が大量に堆積しています


↑鼓膜付近に付着した耳垢(毛が落ち込んでいます)


↑鉗子やカテーテルなどで耳垢を摘出していきます


↑鼓膜付近の耳垢もほぼ全て取り除くことができました

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳道切開術
柴犬のワンちゃんの外耳炎治療を行う機会があったのでこの件について。

当院では普段から外耳炎などの耳の治療にはビデオオトスコープ(耳内視鏡)を導入して治療を行っています。
耳の孔の中に小径のビデオカメラを入れていき、TVモニターで観察しつつ耳垢を取り除くと、従来の方法では出来なかった耳の奥深くまでキレイにすることができます。

今回のワンちゃんのケースでは、
耳の孔が全く無くなってしまっており綿棒1本でさえ入らない耳孔の狭さになっていました。
これだと、小型のカメラ(ビデオオトスコープ)も入らないサイズのため耳内視鏡も活用できません。

そのため、手前側の耳の孔を塞いでいる腫れている部位を切除したのち、
奥にある広めの耳道(水平耳道)を開口させる処置を行いました。
すると…、奥からチーズ様の膿汁が多量に出てきました。耳の出口が塞がっていて膿が貯まっていたようです。



↑耳の孔が腫れて完全に塞がってしまっています


↑垂直耳道の外側耳道を切除して水平耳道を開口させたのち、ビデオオトスコープを挿入します


↑貯まっていた膿を洗浄すると、奥に鼓膜が見えてきました


外耳炎が酷くカメラさえ入らない場合、
今回のような外耳道切開と呼ばれる方法や、垂直耳道切除術と呼ばれる方法で治療を行います。
奥の孔も塞がっている場合は、全耳道切除術という方法で治療を行うこともあります。

耳が腫れていたり、耳の孔が塞がっていたり、痒みがあったり、頭を振ったりする場合は、
悪化してひどくなる前にご来院ください。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)

 
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳ビデオ内視鏡)
昨日、耳の中に腫瘍ができたワンちゃんの手術がありました。
ビデオオトスコープという耳の内視鏡と半導体レーザーというレーザーメスを使って処置しました。
腫瘍の手術だけではなく、外耳道の耳垢摘出も同時に行いました。

今回は、このビデオ内視鏡を使った耳の洗浄についてです。

従来のイヤークリーナーをつかった洗浄方法では取れなかった鼓膜付近の汚れ、耳垢なども
モニターの画面を見ながら内視鏡で摘出ができるようになりました。

↑ビデオオトスコープを用いた外耳道の耳垢の摘出・洗浄の様子(ノーカット版:見づらくてすみませんm(_ _)m


↑鼓膜付近の耳垢を細い器具を使って掴みだします


↑細いカテーテルを使って鼓膜付近の汚れを洗浄・吸引します



↑鼓膜付近の汚れがキレイになりました

外耳炎でお困りのワンちゃん、猫ちゃんがおられましたら一度当院までご相談ください。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘にある 動物病院です)


 
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳の腫瘍・外耳炎
2か月前から耳道内にできた腫瘍が治らず、臭いが酷いという主訴でワンちゃんが来院されました。

確かに、耳の中をのぞいて見ると、腫瘍らしきものがありかなりの悪臭を放っています。
何件か動物病院に通われたそうですが「耳道そのものを全部摘出することになる。」という診断だったため、「耳を摘出する以外に何とかならないか?」と当院へ相談へ来られました。

垂水オアシス動物病院では、
一般の動物病院ではほとんど行われていない特殊な治療としてビデオオトスコープ(耳内視鏡)と半導体レーザー装置を使って耳の中の腫瘍の治療を行っています

摘出して病理検査に出すこと、悪性腫瘍の可能性もありその場合は外耳道全摘出術が必要に
なるケースもあることを飼主様にご説明して治療を行いました。

 
↑BEFORE 耳道内に腫瘍が発生し、耳の孔が塞がっており、化膿臭が酷い状態です。


↑AFTER 耳道内腫瘍を摘出しました。化膿臭も改善しています。


↑摘出された耳道内の腫瘍です


↑手術後に耳の孔の中をビデオオトスコープで観察しています。耳道内の腫瘍をレーザーメスで摘出しました。動画で焦げている部位が腫瘍の発生部位していた部位です。

術後は焦げていた部位の皮膚・粘膜が再生するのに2〜3週間程度かかります。

腫瘍の大きさ、悪性度、位置によりますが、
今回のように劇的に改善させることができる場合もあるため
耳の病気(耳道内腫瘍、外耳炎など)でお困りの方は一度ご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)







| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
耳の腫瘤


Before(耳道に腫瘍が出来ており、耳の孔が塞がっていました)

(※腫瘍=画面中央の縦長のもの、と、画面中央からやや左下のもの)




After(耳道の腫瘍をビデオオトスコープで見ながら半導体レーザーで摘出しました)


↑摘出した腫瘍



耳の中にできものが出来ておりビデオオトスコープで観察しながら、
半導体レーザーで蒸散して摘出しました。

こういう耳の腫瘍にはビデオオトスコープと半導体レーザーの組み合わせが素晴らしく、個々の状態によっても違いますが摘出できることも多いです。

耳の中のできもの、治らない外耳炎でお困りの方は一度ご相談ください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳の緑膿菌感染
春〜夏にかけて皮膚病と耳の病気で患者さんが多数来院されました。

当院では難治性の外耳炎にビデオオトスコープ(耳内視鏡)を用いた治療を行っています。
先日、シーズのワンちゃんに外耳処置をおこないました。

この子はずいぶん以前から耳から膿が出てきており痒がっています。

ビデオオトスコープを耳に挿入していくと…
 ↑鼓膜が無くなっています。

本来あるべき位置に鼓膜が無く中耳炎を起こしています。

耳の奥の汚れを取ってきてどの抗生物質(細菌をやっつけるお薬)が効くか調べ、
良く効く合うお薬を点耳して内服薬を投与していきます。

この子の場合、緑膿菌という抗生剤が効きずらい菌がでておりやっかいです。

また食物アレルギーが外耳炎の原因になっているケースも多いことから、
食事管理も必要になります。

中耳炎にまで進行していると中々治りずらいので、
耳に異変があれば早めに耳の洗浄など処置を受けさせてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻
獣医師    渡邉

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎(ビデオオトスコープにて)
暑さの為なのか外耳炎のワンちゃんがたくさん来院されています。
その中にはなかなか治らない外耳炎や、再発を繰り返す外耳炎も少なくありません。

今回、再発する外耳炎持ちのワンちゃんに対して、
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)を使って鼓膜付近の耳垢の除去を行いました。
細いカメラを耳の中に入れて、耳垢をつまみ出していきます。

カメラを鼓膜付近まで入れてみるとヘドロのように耳垢が堆積していたり、
鼓膜が無く中耳炎になっていたり、状態は様々なのですが、
繰り返す外耳炎に悩まされている動物たちにかなり効果的だと思います。
ご希望の方は当院までご相談ください。

 
↑処置前 (鼓膜付近に耳垢が溜まっています)


↑処置後 (鼓膜付近の耳垢が無くなりました)※左下の丸いものは気泡です

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
    渡邉

   
    
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎(外耳の多発性腫瘤、パピローマによる)治療例
 
帰レーザーでの処置を行う前(耳の孔ができもので塞がっており化膿していました)


侠レーザーで出来ものを蒸散・摘出しました


窟レーザー処置直後。耳の孔が広がりました。



権レーザー処置から2週間後。ほぼ元通りの外耳道になってきました。

レーザーを使った治療は出来ものが原因の難治性の外耳炎に
かなり有効性が高そうです。



垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)


| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳内の腫瘍

当院ではビデオオトスコープ(耳内視鏡)を用いた処置を行っており、
ご紹介などで来院されるケースも増えてきました。

そのうち、
先月来院された猫ちゃんの場合、
耳の孔の中に腫瘍が発生(悪性腫瘍)しており、大きな侵襲のある手術は飼い主さんが希望されなかったためビデオオトスコープ半導体レーザーを組み合わせてポリープ状の腫瘍を根元から蒸散しました。
本日、来院されたので観察すると...、
耳の孔は上皮化してきれいになっており、腫瘍の再発も今のところありませんでした。

また先週来院されたワンちゃんで、
耳の孔の中に小さな腫瘤(パピローマ)が沢山でき、それをビデオオトスコープ半導体レーザーを使って蒸散する処置を行いました。

耳の中にできた腫瘍の場合、
ポリープ状になっているかどうか、程度、できた位置(奥か手前か)によって結果が左右されますが
このビデオオトスコープ半導体レーザーの組み合わせが結構有効な場合もあります。


、耳の入口にできものが沢山できてしまい、耳孔が塞がっています


□半導体レーザーで耳のできものを蒸散して摘出します


↑奥へと続く耳孔が出てきました





ご希望の場合は、当院へ一度ご相談ください。


垂水オアシス動物病院
院長・獣医師 井尻 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎の治療

日中はだいぶ温かくなってきましたね。
昨日はアジュール舞子の海岸まで散歩にいってきました。
子供連れの家族や、お孫さんを連れたおじいちゃん、おばあちゃんなどが日向ぼっこをしていて
とても気持ちよさそうでした。

さて、
今回は季節を問わず普段の診察で見かける外耳炎の治療についてです。

外耳炎は中々治らず悪化していったり、
ぶり返して再発を繰り返したりする子が少なくありませんでした。
また、
耳の奥深くの鼓膜は普通の耳鏡では見ることが出来ず、
奥がどうなっているかよく判らないまま治療せざるを得ないことがありました。

すぐ外耳炎がぶり返す子を治療していて、
「何とかならないだろうか…」そんなもどかしい思いをしている時に、
ビデオオトスコープの良いうわさを聞き、早速導入することに致しました。

それから毎日のようにビデオオトスコープが活躍しています。
耳の奥深くの様子がハッキリと見え、
飼主さんも
「表面はキレイなのに奥はこんなに汚れているの!?」とビックリされることが多いです。

再発を繰り返す外耳炎の子には、
鼓膜付近の耳垢や毛などを取り除いた後に治療をするとぶり返しや症状を改善させる
効果が期待できますので、お困りの場合は獣医師までご相談ください。


、Before 手前はキレイですが、鼓膜付近には耳垢が大量に貯まっています


□After 鼓膜付近の耳垢はほぼ除去できました。


↑(途中の様子)細いマジックハンドのような器具を、細い器具の孔から入れます。
モニターで観察しつつ耳垢を少しずつ取り除いていきます。


あ反対側の耳です(Before)。
鼓膜付近に毛が落ち込んで堆積しており、こういった毛が痒みを引き起こすといわれています。




ア反対側の耳です(After)。鼓膜付近の堆積した毛を取り除きました。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)
 今年に入ってから外耳炎・中耳炎の猫ちゃんにビデオオトスコープを使って治療を行いました。
耳の孔の奥深くの事なので、外からは判断し難いのですが早く良くなってくれるのを期待しています。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
↑ビデオオトスコープで観察しながら鼓膜付近の耳垢を摘出しています
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(耳内視鏡)
 年末に耳の孔の中に腫瘍ができているワンちゃんが来院されビデオオトスコープで処置することがありました。今回はこの事ついて。

外耳炎はワンちゃん、猫ちゃんが罹ることがとても多い病気で、慢性化すると治りにくくなったり、再発を繰り返したりすることがあります。

従来では耳の中に洗浄液を入れて洗ったり、点耳薬を入れて殺菌したりする方法で治療するしか無く、耳の奥深くにこびり付いている耳垢や毛などは取り除くことができませんでした。

当院で導入しているビデオオトスコープを使うと耳の奥深くの耳垢や堆積した毛を取り除くことができ
耳の奥の汚れをキレイにすることができます。

今回のワンちゃんは外耳炎+耳の孔の中に腫瘍が出来ており、この後半導体レーザーで腫瘍を蒸散ています。

ビデオオトスコープでの処置は再発する外耳炎や難治性の外耳炎の子は特にお勧めです。
しかし、長期に渡って慢性化し耳の孔が塞がってしまったりすると処置出来なくなることもあるので初期段階での治療が大切です。

ご希望の方は当院までお気軽にご相談ください。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビデオオトスコープ(外耳炎、中耳炎)
今回は外耳炎について。

外耳炎で通院されているワンちゃんは結構多いです。
そして重症だと「外耳炎がなかなか治らない…。」「すぐ再発してしまう…。」ということも多いと思います。

アレルギー、垂れ耳、脂性などが根本にあって治りづらいこともありますし、
耳の奥深くの鼓膜付近に耳垢や毛がこびり付いてしまっており、これが原因で外耳炎が繰り返されることも多いです。

鼓膜付近の汚れは従来のイヤークリーナーを使った洗浄方法では落とすことが出来ず、
「ビデオオトスコープ(耳内視鏡)」という機械を使って耳垢をつまみ出すようにしないと取れません。

原因を取り除くことができれば痒みなどの症状も改善することが多いので、なかなか治らない再発する外耳炎の子にはおすすめだと思います。


※最近、当院でビデオオトスコープで耳垢を摘出した子がいたので画像を載せておきます。
 
↑耳垢摘出前(鼓膜付近に耳垢がへばり付いています)


↑耳垢摘出後(耳垢が無くなり鼓膜が見えています)

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
外耳炎
 季節的なものなのか暖かくなってくると耳を痒がる患者さんが多くなってきます。
耳の洗浄の正しい仕方はビルバック社(http://www.virbac.jp/product/howto/ear.html
のホームページに記載されているように、

1、犬猫をしっかり保定する(まず犬をしっかりと保定します)
2、洗浄液を耳に入れます(保定した犬猫の耳の孔に洗浄液を入れます)
3、耳をマッサージします(犬猫を保定したまま、耳根部をやさしく、丁寧にマッサージします)
4、犬猫は耳を左右に振ります(犬猫は耳を左右に振って洗浄液を排出します)
5、耳の中を乾綿でやさしくふき取ります

という流れでするのが正式な外耳処置の方法です。
綿棒などでゴシゴシこすると余計に耳の粘膜が傷ついてしまい外耳炎が悪化するケースがみられますので、お家では綿棒は使わない方が良いです。

上記の方法で大きな耳垢はある程度とれるのですが、
洗浄後に耳鏡という器具で耳の奥深くをのぞいてみると…。


鼓膜の手前に取りきれていない耳垢がごそっとへばり付いているのがわかります。
今回の子は何回外耳洗浄しても取れず、なかなか外耳炎もよくならない為、今回メーカーさんからお借りした耳内視鏡(ビデオオトスコープ)を使って耳垢を摘出することになりました。

ビデオオトスコープ


耳垢摘出後

細いカメラを耳の中に入れ、マジックハンドみたいな器具を使って少しずつ耳垢をつまみ出していきます。そして生理食塩水で洗浄して完了です。耳の奥深くに溜まっていたほとんど全ての耳垢をとることができました。
人と違いワンちゃん猫ちゃんは処置中にジッと動かないで静かにはしてくれないので全身麻酔下での処置が必要にはなります。しかし、奥に耳垢が詰まっていて外耳炎がなかなか良くならない子の場合などではかなり効果的な方法です。

いずれにしても、耳を振ったり、痒がったり、耳垢や耳汁が出てきたりするようであれば慢性化しないうちに動物病院へ連れていってあげて下さい






| tarumioasis2 | 耳ビデオ内視鏡(ビデオオトスコープ) | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ページのトップへ