神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
猫の尿路閉塞

寒くなってきましたね。

数年前の冬、インフルエンザでダウンしてから毎年欠かさずインフルエンザの予防接種を受けており昨日受けてきました。

感染するとつらいので流行する前に皆さまもお早めにどうぞ。

 

寒くなったこのごろ、おしっこが出ない、もしくは出にくい猫ちゃんが多く来院されています。

今からの時期にはオス猫で尿路閉塞が発生することが多いのです。

 

先日来院されたオス猫ちゃんも「2日間ほど尿が出でいない」ということで飼い主さんに連れてこられました。

さっそく診察させてもらうと、ぐったりしており尿道が結石で詰まってしまい尿が全く出なくなっているため膀胱がパンパンに拡張していました。

大体2日間尿が出ないと、尿中に毒素が排泄できなくなり尿毒症になり死に至るといわれているので大変危険な状態です。

緊急でカテーテルを入れて尿を抜き、輸液を行うと幸い尿が作られるようになり、かなり高かった腎数値も改善しました。

しかし、元気になって状態が回復して1週間以上経っても自力での排尿ができず、ポタポタ尿が垂れるような状態が続いていました。

そのため、症状とエコー検査の結果を総合して考えると膀胱が壊死している可能性があるため飼い主さんとご相談の上、

試験開腹手術を実施したところ、やはり膀胱の一部が壊死しており、

壊死部を切除・縫合して終了しました。

 

↑※閲覧注意:手術の画像です(膀胱が壊死しています)

 

↑※閲覧注意:手術の画像です(壊死した膀胱を切除して縫合しました)

 

もうダメかも…、という試練を2度も乗り越えて、

その後、無事に元気になり退院していってくれましたのでほんとに良かったです。

 

このように膀胱が壊死するまでに重症化することは珍しいのですが、

尿が出ないと致命的になるため、雄猫を飼育されている飼い主さんは尿が出ているか十分にお気をつけください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿路閉塞

オス猫ちゃんがおしっこが出ないという主訴で来院されました。

秋になり寒くなってきてから、泌尿器系の患者さんが毎日のように来院されています。

 

今回来院された男の子の場合、
尿道に管(一番細い尿道カテーテル)を入れるよう試みてみるものの、
尿道が狭窄しており中々入りません。

以前からも管が入ったのも束の間、翌日にはまた尿が全く出なくなってしまうことを繰り返しているそうです。

今回も飼主さんとよくご相談のうえ、

一般的な教科書に載っている従来の手術方法(術後に尿道が狭窄し易い)ではなく、

包皮粘膜を使った尿道を拡張させる手術(術後の狭窄が無いのが大きなメリット)を行い、
特に問題なくおしっこも出るようになり回復してくれました。

寒くなる時期は飲水量が減り、尿量が減り、尿結石が出来易くなり、
尿道が詰まりやすくなります。

特にオス猫ちゃんの飼主さんはトイレに猫が籠ってないか気を付けてみてあげてください。

 


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膀胱結石(犬)

以前から血尿が治まらずに症状が続いているワンちゃんがいました。

 

このように血尿が出ているケースでは、

膀胱結石があったり、膀胱がんがあったり、細菌感染があったりすることが多いみたいです。

 

今回のワンちゃんの場合では、

腹部エコー検査にて膀胱結石が確認されたためこれが原因だろうと考えて今回摘出することになりました。

 

尿石症になり易い体質の子は、

合わないフードを食べていたりすると膀胱結石が出来てしまうことがあります。

 

↑※閲覧注意:手術の画像です。膀胱を切開し結石を摘出しました

 

↑摘出された膀胱結石

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿路閉塞

オス猫ちゃんがおしっこが出ないという主訴で来院されました。

尿道に管(一番細い尿道カテーテル)を入れるよう試みてみるものの、
尿道が狭窄しており中々入りません。

以前からも管が入ったのも束の間、翌日にはまた尿が全く出なくなってしまうことを繰り返し、

入退院を繰り返していたそうです。

今回も飼主さんとよくご相談のうえ、

一般的な手術方法ではなく、

包皮粘膜を使った尿道を拡張させる手術(術後の狭窄が無いのが大きなメリット)を行い、
特に問題なくおしっこも出るようになり回復してくれました。

寒くなる時期は飲水量が減り、尿量が減り、尿結石が出来易くなり、
尿道が詰まりやすくなります。

特にオス猫ちゃんの飼主さんはトイレに猫が籠ってないか気を付けてみてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

↑尿が出ないため尿道の先を自分で舐めて一部を噛みちぎっていました

 

 

↑術後は8Frの太目の尿道カテーテルを1週間程度留置しておきます

 

 

 

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿路閉塞

このところ「おしっこがでない」という猫ちゃんがよく来院されます。

 

今回来院された子は膀胱に大量の砂と、尿道にも砂みたいなものが詰まっており完全に尿が出なくなっていました。

このままでは死んでしまうため、

とりあえず緊急処置でカテーテル(管)を尿道に入れようとしたものの、砂が詰まってカテーテルが全然入らないため(嫌がって暴れるのもあり)、麻酔下で処置したところ何とか細いカテーテルを入れ膀胱洗浄をすることができました。

 

しかし、翌日にも尿道がまた詰まってしまい、カテーテルもスムーズに入らず、また処置をする…、というのを2〜3セット繰り返して粘ったものの、尿道が狭窄しており一番細いカテーテルさえ入らず、すぐに尿が出なくなるため、

飼主さまのご希望により尿道を太くして石が詰まりにくくする手術(会陰尿道瘻術)を実施しました。

 

雄猫は尿道が細いため、尿道に砂が詰まってしまい尿がでないということが頻発します。

尿が出ないまま様子をみているとキケンなため普段から気を付けてあげてください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

↑尿道に尿石(結晶)が詰まっています

 

↑尿道から尿石(結晶)を絞り出している様子

 

↑尿道からでてきた尿石(結晶)

 

↑でてきたものを顕微鏡で観察すると、結晶(ストラバイト)がみられました

 

↑手術前(細いカテーテルが入っています)

 

↑手術後の様子。今回は、円筒状の包皮粘膜を骨盤部尿道に縫合する術式で行いました。

一般的な教科書に載っている従来の方法と違い、尿道の再狭窄や尿道を舐めてしまうという問題点を避けることができる方法です。

従来の方法で手術すると、術後に再度尿道が塞がってしまい尿がまた出なくなるケースがままあったのですが、それを回避できる術式を採用しています。太い尿道カテーテルは術後1週間程度入れておきます。

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
尿路閉塞(会陰尿道路設置術)

 今から寒くなる時期、猫ちゃんでオシッコ関係の患者さんがとても多いです。

よくあるケースは猫ちゃんが頻尿になってトイレにこもってしまっているのを飼い主さんが気づかれて連れてこられます。(膀胱炎、尿石症、特発性膀胱炎などが原因)

最近、会陰部尿道路形成手術をしました(尿道を広げる手術方法)。
この猫ちゃんは何回も尿道が詰まってしまいそしてその都度命にかかわるため飼主さんとご相談の結果、

手術をすることになったのでした。
多種多様な手術の方法が報告されており、その中でも術後成績(術後に再狭窄しない方法)が良い方法で行っています。

オシッコが出ないととても危険なので、トイレにこもっている猫ちゃんには気を付けてあげて下さい。

 

 

↑手術前

 

↑術後の様子

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
尿路閉塞

猫ちゃんが「おしっこがでない」という主訴で来院されました。

この子は過去に4〜5回程、尿が全く出なくなってしまうことがありました。

そのたび、緊急処置でカテーテル(管)を尿道に入れて事なきを得ました。

尿が出なくなり24時間も経つと命の危険が出てきます。

今回の猫ちゃんは膀胱炎対策用の処方食は一切食べず、投薬も難しく、飼主さまもお仕事でお忙しく気づかず手遅れになる心配があることから、飼主さまのご希望により尿道を太くして石が詰まりにくくする手術(会陰尿道瘻術)を実施しました。

 

↑手術前の様子

 

↑手術後の様子。今回は、円筒状の包皮粘膜を骨盤部尿道に縫合する術式で行いました。

一般的な教科書に載っている従来の方法と違い、尿道の再狭窄や尿道を舐めてしまうという問題点を避けることができる方法です。

 

尿道カテーテルは術後1週間程度入れておきます。

 

雄猫は尿道が細いため、尿道に砂が詰まってしまい尿がでないということが頻発します。

尿が出ないまま様子をみているとキケンなため普段から気を付けてあげてください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
尿路結石症
寒い時期になると増える病気に膀胱炎や膀胱結石があります。
冬になると、飲水量が減るため尿が濃くなり膀胱炎や膀胱結石が出来易くなると考えられます。
冬場は水をなるべく飲ませてあげた方がよく、尿石のできにくい専用の処方食や
水分含有量の多い缶詰などのフードが理想的です。

今回来院されたシュナウザーのワンちゃんは2年程前に膀胱結石で来院され、
シュウ酸カルシウムという溶けないタイプの尿石だったため手術をおこなった病歴がありました。

しばらく来院されなかったのですが、
今回、2年ぶりぐらいに「おしっこが出にくい」と来院されました。
詳しく調べてみると…、
再度、膀胱に結石があり尿道にも結石が詰まってしまっています。



そのまま尿が出ないと急変してしまう可能性があるため膀胱結石を再度摘出することになり、
術後はおしっこが普通に出るようになりました。

膀胱結石を摘出すれば「完治」では無く、
体質的なものもあり、かなり再発しやすい病気のため長期的なアフターケアが必要になります。
処方食も合う合わないがあるため、単に処方食を食べ続ければ良いというものではなく、
定期的なチェックが大切です。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 
| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿道閉塞
 
↑手術後

オス猫ちゃんがおしっこが出ないという主訴で来院されました。

尿道に管(一番細い尿道カテーテル)を入れるよう試みてみるものの、
尿道が狭窄しており中々入りません。

何度もトライしてやっとのことで管が入ったのも束の間、
翌日にはまた尿が全く出なくなってしまいました。

尿が出ずに24時間以上経過すると命にかかわりますし、
このまま家で見ていて「尿が出ていないのに気が付かなかったら急変するかも…」という
ご不安もあり、飼主さんが尿道を拡張する手術をご希望されました。

今回も前回と同じ手術法で行い、
特に問題なくおしっこも出るようになり回復してくれました。

この寒くなる時期は飲水量が減り、尿量が減り、尿結石が出来易くなり、
尿道が詰まりやすくなります。

特にオス猫ちゃんの飼主さんはトイレに猫が籠ってないか気を付けてみてあげてください。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
雄猫の尿閉

もう11月ですね。
寒くなってきたので私もそろそろインフルエンザのワクチンを打ちにいかなければ…

今回はこれからの時期に動物病院へ来院されることが増える病気「尿閉」について。

雄猫ちゃんで尿が全く出ない場合(尿閉)は要注意で命の危険があります。
雄猫の場合は尿道の出口が非常に狭く、尿石が詰まってしまいおしっこが出なくなるケースがあるのです。

先月末に来院された雄猫ちゃんは、約2日前からトイレに籠っていて尿が出ない状態で来院されました。
血液検査で腎臓の値であるBUNが130以上(正常だと20以下ぐらい)、
            Creが17以上(正常だと2以下ぐらい)、
という驚きの数値です。いつ容態が急変してもおかしくありません。

そこで膀胱の尿を細い針を使って抜いて、おしっこが出るように尿道に管(カテーテル)を何とか入れることができました。

今回が初めての尿閉ではなく今後も尿閉が繰り返されると命にかかわるため飼主さんとご相談の上、尿道を広げる手術を実施しました。

3日ほど点滴をして腎臓の値を改善させてから手術を行います。
手術の方法にも様々な方法がありますが今回は包皮粘膜を筒状に利用した方法で行いました。
この方法では粘膜を皮膚に直接縫い付ける方法と違い、尿焼けや術後に尿道周りの毛を定期的にカットする必要がない、術後管理が楽なとても理にかなった良い術式です。

しかしこの術式は外科の専門書にも載っていないため恐らく一般的にあまり知られておらず、
もっと普及しても良いのにと思います。
この子は生死の境を彷徨いましたが無事に退院していったのでほんとうに良かったです。

近年、とても良い処方食が出てきており尿閉になる猫ちゃんはかなり減ってきました。
秋から冬にかけて飲水量が減り、尿石症になりおしっこが出なくなるケースが多発しますので気を付けて下さい。



↑手術後(抜糸直後)です。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)







| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
尿道結石
尿路結石症のワンちゃんが数頭続けて来院されています。

「いきむけれど尿がポタポタとしかでない」
「何度も何度も尿をしたそうにするけれど出ない」

などの症状に飼い主さんが気付かれて連れて来られます。

大きな石の場合は尿道に入り込まないので詰まるケースは少なく、
小さな石の場合は尿道に入ってしまい栓をしてしまいます。

すると、ラムネのビンのビー玉みたいに、尿石が栓になり尿が全く出なくなります。

もともと膀胱炎があったり、結晶尿が出ていたり、石の出来やすいフードを食べていたりすると、
なりやすいです。

早めに気づいてあげないと24時間程度で急変してしまいますので、
気をつけてみてあげてください。

また、平常時から定期的な尿検査をお勧めしています(※尿をお持ち頂いたらすぐ検査できます)。

 
↑尿道に詰まっていた尿石を膀胱から摘出しました

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膀胱炎、猫泌尿器症候群
このところ急激に気温が低下して寒い日々が続いていますね

この寒さは雄猫ちゃんにとって実は大敵なのです。

寒くなると猫ちゃんは水をあまり飲まなくなります。
そうすると、尿が濃くなってしまい結晶が膀胱内で形成されてきます。

この結晶が雄猫の尿道(1〜2mm程度の細さ!)に詰まると、尿が出なくなってしまいます。

尿が出ないまま気づかずに放置すると、24時間〜2日ぐらいで死亡してしまいます。

今回来院された猫ちゃんの場合は、しばらく様子をみていたのですが尿が全く1滴も出なくなってしまい飼主さんが心配されて夜間に来院されました。

カテーテルが膀胱までなかなか入らなかったので、苦戦を強いられましたがなんとか無事に尿を抜くことができました。良かった良かった。




↑膀胱までカテーテルを入れて尿を抜きました。雪のような結晶がたくさんみられます。

この病気には食餌内容が深く関わっています。
ここに書くことはできないのですが、フードの種類、メーカーさんによっては膀胱炎になりやすい、結晶が出来易いフードもあるようです。

この季節は特に猫ちゃんがトイレにこもっていないか注意してみてあげてください。

垂水オアシス動物病院
院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿閉
 この時期、猫ちゃんでオシッコ関係の患者さんがとても多いです。
よくあるケースは猫ちゃんが頻尿になってトイレにこもってしまっているのを飼い主さんが気づかれて連れてこられます。(膀胱炎、尿石症、特発性膀胱炎などが原因)

昨日は会陰部尿道路形成手術をしました(尿道を広げる手術方法)。
この猫ちゃんは尿道が詰まっておりカテーテルという管が全く尿道に入りませんでした。そして膀胱もパンパンに張れており命にかかわるため手術をすることになったのでした。
多種多様な手術の方法が報告されており、その中でも術後成績が良い方法で行っています。

オシッコが出ないととても危険なので、トイレにこもっている猫ちゃんには気を付けてあげて下さい。


神戸市垂水区の動物病院

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
尿道結石パート
 
少し前にまたまた尿道結石の手術がありました。ここ最近はオシッコ関係の病気がとても多くやはり季節が関係してそうです。
今回の子の場合は直径2〜5ミリ程度の小さな石が尿道に詰まってしまいオシッコが出なくなっていました。
尿が出ないまま24時間以上そのままにしていると命が危なくなる可能性が高くなってきます。
今回の場合は飼い主さんが良く見ておられたので早めに来院され尿道の石を摘出して救命することができました。
オシッコが出ない場合は危ない!ので様子がおかしければ動物病院へ受診してください

垂水オアシス動物病院 
獣医師 井尻

神戸市垂水区の動物病院

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膀胱結石、尿道結石
 
↑膀胱と尿道に結石ができてしまい詰まっています



↑尿検査をするとシュウ酸Caの結晶が出てきています



↑手術して摘出した結石

膀胱内に石があるワンちゃんが来院しました。
膀胱に石があると頻尿になったり血尿が出たりすることがあります。その石が尿道に詰まってしまうと栓が出来てしまったようになりある日突然尿が出なくなることがあります。この場合は一刻も早く尿を出せるようにしてあげないと命の危険がでてきてしまいます。
今回のワンちゃんは尿道と膀胱にある石を摘出して無事手術も終えることができました。

市販のフードの中には尿石が発生しやすい製品があるかもしれません(体質に合うかどうかもあります)。そのため、術後は特に気を付けて食事管理をしていく必要があります。
キャベツや野菜、おやつ類なども尿石の原因になることが多いので与えすぎに注意してください。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻


| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膀胱の穿孔

ここ最近はだいぶ涼しく、朝晩は肌寒くなってきました。体調管理が大切ですね。
という私も何日か前に風邪を引いてしまい点滴を受たりしてきてきました…免疫力を上げたいものです。

動物たちでは涼しくなる季節の変わり目に特に多くなる病気が猫ちゃんの膀胱炎です。
オシッコが出なくなって連れてこられる子が多いです。今回は猫ちゃんの膀胱炎(尿閉)について。

今回診察した猫ちゃんは尿が出なくなってしばらく(半日〜一日以上?)してから連れてこられた猫ちゃんでした。
診察してみると膀胱がパンパンに拡張していて、尿道が詰まっていてカテーテル(膀胱まで入る細いチューブ:3Frアトム栄養チューブ)がなかなか入りません。
潤滑ゼリーを付けたりして何度か繰り返していると何とかカテーテルを膀胱まで入れ尿を抜くことができました。
血液検査の結果をみると、腎臓の値が高値で腎臓にダメージがあることが推測されます。

点滴を流していくと当初はかなりの血尿がどんどん出てきていましたが、3日目ぐらいになると尿がまた全く出なくなってきました。そしてお腹がだんだん膨らんできます。

エコー検査で調べてみると腹水が貯まっており、腹水を採取して分析すると「尿」がお腹の中に漏れ出て貯まっていることが判明。

尿管か膀胱などの尿路系のどこかから尿が漏れている疑いがあるので緊急手術をすることになりました。お腹を開けてみると尿がタップリお腹に貯まっており、調べてみると膀胱が半分以上壊死して、壊死した部分で孔があいていました。
腐ってしまっている膀胱の一部を切除して縫合しました(膀胱の3/4位を切除)。
手術後、はじめは尿は膀胱が小さすぎて貯められず垂れ流し状態でしたがしばらくすると少しずつ貯まる尿量が増えてきたらしく尿をがまんできるようになってきて、腎臓の値も下がり食事も自分でとれるようになっています。

今回の猫ちゃんの場合は、尿が出なくなったことで膀胱が限界まで拡張し、膀胱が一部壊死して穿孔したものと考えられました。

「尿が出ない」「トイレにこもって出てこない」「トイレの姿勢をずっとする」などを繰り返しているようだと一刻を争う危険な状態の尿閉の疑いがあります。早めに動物病院へ連れていってあげてください。



大部分が壊死している膀胱

垂水オアシス動物病院
井尻

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の尿閉

先日オシッコの出ない雄猫ちゃんが来院しました。
半日ぐらいトイレに行き何度も排尿のポーズをとるけれど、全く出ないので飼い主さんが心配になり連れてこられたのでした。
触診してみると膀胱がいっぱいになっており拡張しています。

雄猫ちゃんはオシッコの通り道(尿道)が1〜2ミリ程度しかなくとても狭いので、そこで結石が詰まりやすくなっています。今回の猫ちゃんも尿道に栓ができていました。

膀胱に溜まった尿をエコーガイド下で抜いてから尿道カテーテル(膀胱まで入る管)を入れました。
しかし…尿道が腫れて一番細いカテーテルでさえなかなか入らず。

やっと入ったカテーテルも抜いてしまうとこの子の場合は再度尿がでなくなってしまう様子なため、
会陰尿道ろう設置術という尿道を広げる手術をして尿が出るようになりました。
(この手術には色んな術式がありますが術後に再狭窄しないように包皮粘膜を利用する方法で実施しています)

膀胱炎や膀胱結石などになり尿道が完全に詰まると、死亡する可能性が高くなります。
様子をみているうちにぐったりしてきて、腎臓が破壊され手遅れになってしまう場合もありますから、トイレにこもっている様子があれば早く動物病院へ連れていってあげて下さい。



尿中のストラバイト結晶

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻



| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫泌尿器症候群
ストラバイト結晶 
上の画像は尿中のストラバイト結晶です。(顕微鏡で拡大して見た図)

台風がやってきて雨が降ってさらに蒸し暑くなっています。
秋になり涼しくなってくると、猫ちゃんで血尿や排尿障害を起こす子が増えてきます。
飲む水の量が減ってきて、尿が濃縮され詰まり易くなる為もあるでしょう。

症状
しばしば少量頻回排尿し、トイレにこもっていることが多く赤い血液が尿に混ざることが多いです。
雄猫の場合は頻繁に陰茎を舐めます。
尿中にストラバイトという結晶などが出ていると、それが尿道に詰まってしまい尿が出なくなることもあります。尿が完全に出ない場合は、とにかく尿を出させるようにしないといけません。(何もしないと2日くらいで亡くなってしまいます)

診断
尿検査で血尿、結晶尿、PHがアルカリ性かどうかをみます。猫ちゃんの場合、細菌感染があることはまれです。

治療
膀胱に尿が貯まっており、尿がまったく出ていない場合はカテーテルという細い管を尿道にいれて排尿を試みます。この場合、カテーテルが入らなければ尿道を拡げる手術をしなければなりません。
カテーテルがスムーズに入り、自力で排尿できる場合は膀胱を洗浄し、念のため抗生剤を使っていきます。
ほとんどの猫ちゃんは1週間以内に自然に治ることが多いのですが、放置しておくと尿が出なくなり命にかかわることもあるので治療は絶対に必要です。
キャットフードの組成・成分が結晶の原因になったりもするので処方食に変更することも必要になります。

猫ちゃんが粗相をしたり、頻尿だったりする場合は早めに動物病院へ相談して下さい。




























| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ