神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
門脈シャント(門脈体循環シャント:PSS)

台風が過ぎたと思ったら、今日はすごい大雨ですね。

さすがに動物病院ものんびりです。

 

昨日は岡山の動物病院さんのところへマイクロCTスキャンの見学へ行って来たのですが、

親切に色々教えて頂いてとても参考になり勉強になりました。

神戸⇔岡山は高速道路で2時間程度で、ドライブには丁度いいくらいの距離だったのですが、

岡山名物?も食べずにとんぼ返りだったので、またリベンジしたいところです。

 

さて、

今回は、門脈体循環シャントという疾患のワンちゃんの診断・治療・手術を行ったのでこの病気について。

 

門脈体循環シャント(PSS)とは、

門脈系の血管と体循環系の血管が短絡(シャント)した状態をいいます。

簡単にいいますと、

腸から流れてきた栄養分が含まれた血液が本来流れていくべき肝臓に流れ込まず処理されずに身体に流れてしまうため、

いろいろな症状が発生します。

 

症状は、

神経系(ふらつき、旋回、発作)消化器系(嘔吐、よだれ)、尿石症、発育不良などが認められ、

一歳未満の若齢で症状がでることが多いと言われていますが、高齢になってから症状がでるケースもあります。

 

国内では好発犬種として、

ヨーキー、シュナウザー、マルチーズ、パピヨン、トイプードルなどに多くみられます。

 

PSSの治療では、

外科的にシャント血管(本来あってはいけない血管)を結紮する必要があります。

PSSが外科的に治療されずに放置されると、肝臓の萎縮や脂肪変性、肝臓組織の線維化がおこり、肝不全に陥るため、

できるだけ早期に手術を実施した方が良いと考えられています。

 

今回のワンちゃんは好発犬種の1歳半くらいのヨークシャテリアでした。

ある日、「急に震えだし、立とうとしても足が絡まって歩けない」という主訴で来院されたので、

門脈シャントを疑い、

血液検査(アンモニア、総胆汁酸測定)や造影CT検査で精査したところ左胃静脈ー横隔膜静脈シャントと診断しました。

 

手術方法はいくつかあり、

糸で短絡血管を結紮(部分結紮、完全結紮)、セロファンでゆっくり結紮、アメロイドコンストリクターで結紮、などがありますが、今回は血管をゆっくりと閉塞させることができるセロファンを用いた手術法で行いました。

 

セロファンバインディングについて(英文サイト)

 

どの方法を選択するかは、手術中に門脈血圧を測定したり、臓器の色をみたり、動脈圧を測定したりして、

総合的に判断する必要があります。

門脈シャントの手術は、最近は術前に造影CTスキャンなどで短絡血管を見つけ、

術前に手術のシュミレーションが可能なため以前に比べるとやり易くなっています。

 

↑※閲覧注意(手術の画像です。苦手な方はご注意ください。)

胃から横隔膜へ向けて異常血管が認められます

 

↑※閲覧注意(手術の画像です。苦手な方はご注意ください。)

鉗子で異常血管を剥離していきます

 

↑門脈造影検査を行うと、左胃〜横隔膜静脈へのシャント血管へ門脈血が流れているのが確認できます。

 

↑※閲覧注意(手術の画像です。苦手な方はご注意ください。)

門脈圧を測定してから、異常血管にセロファンを巻き付け、血管クリップでとめます。

これで4〜5週間程度で血管がゆっくりと閉塞していきます。

 

 

 

↑問題なく麻酔から覚めてくれました。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
会陰ヘルニア

先日、「会陰ヘルニア」の手術があったので今回はこの病気について。

 

会陰ヘルニアとは肛門周囲の筋肉が高齢になると薄くなってきてしまい孔が開き、腸や膀胱などの内臓が孔を通って肛門の横から飛び出てきてしまう病気です。会陰ヘルニアは去勢手術をしていない雄犬に高い確率で起こります(去勢手術をしている子や、女の子のワンちゃんはまずならないです)。

 

飼主さまとよくご相談の上、

開腹手術にて「直腸固定術」+「精管を腹壁に固定」+「内閉鎖筋フラップ法」を組み合わせて整復しました。

 

↑直腸の一部を腹壁に固定

 

 

↑精管を腹壁に固定

 


↑内閉鎖筋を利用してヘルニア孔を塞ぎました


原因
会陰ヘルニアは去勢手術をしていない高齢の雄犬によくみられ、雄性ホルモンが影響している可能性が高いといわれています。おとなしい子でも起こりますし、特によく吠えるワンちゃんでよく見かけることが多いです。

症状
会陰ヘルニアになると排便時のいきみ(うんちが出にくい)、しぶり、排便困難、排尿困難などの症状がみられます。またお尻の横が腫れているのがわかります。

治療
手術でお尻周りの筋肉を修復して孔を塞ぎます。色々な手術の方法があり状況により適宜使い分けます。今回のワンちゃんは「直腸固定術+精管固定+内閉鎖筋フラップ法」という再発率が低い方法で実施しています。

この病気になると便が出なくて苦しい思いをすることが多く、飼い主さんが定期的に浣腸や便をかき出したりしないといけません。高齢になってから定期的に便をかき出さないといけないのは動物も飼い主さんも大変ですので手術になるケースが多く見られます。

会陰ヘルニアでお困りの方はご相談ください。
予防の為にも高齢になる前の若いうちに去勢手術を済ませておくことをお勧めします。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
肛門嚢の炎症・自壊

先日、

肛門嚢に炎症が起こり自壊した猫ちゃんが来院されました。

犬猫には「肛門嚢」というふくろが肛門のすぐ側に存在しており、

これに感染が起きたりすると気にして舐めてしまい、その部位に孔が開いてしまいます。

 

↑来院時の様子(肛門嚢が破れて自壊しています)

 

 

↑周りの毛をバリカンで刈ってみたところ、皮膚が壊死して孔があいています。

 

こうなってしまうと、消毒したり、抗生物質を投与したりしながら2〜3週間ぐらい治るのに時間が掛かってしまいます。

お尻周りを舐めたり気にしている場合は、肛門嚢を絞ってあげたりした方が良いと思います。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
胆嚢炎

もう四月、新年度ですね。

 

この歳になると学年が変わるとか、職場が変わる訳ではないですので目新しさは有りませんが、

新しく始めた事として、毎日朝と夜に軽く走っています(ちょこっとだけ)。

過年度は英語の勉強を1年間していたのですが、

とりあえずこれも「継続は力なり」ということで一年間続けてみる予定です。

 

さて、

1歳のトイプードルのワンちゃんが様子がおかしいということで来院されました。

2〜3日前から嘔吐がみられ、元気や食欲がないとのこと。

 

ふだんと様子がいつもと明らかに違うため、

X線検査、エコー検査、血液検査などを行い詳しく診察させて頂くと、

血液検査で炎症反応の数値や肝数値が上昇しており、胆嚢周囲に水が溜まり、腹水が溜まっていました。

 

1歳と若齢ではあるものの、このまま放置すると急変する危険性も有りうることから、

「胆嚢炎、胆嚢壁の穿孔」などを疑い試験開腹術を行い、胆嚢切除と肝臓の病理検査などを行いました。

 

↑※閲覧注意:胆嚢と肝臓が腫れています

 

↑※閲覧注意:胆嚢を切除しました

 

こんなにも若く(1歳)に胆嚢疾患が発症したのは運が悪いと思いますが、

早めに対処できたため問題なく回復し退院していってくれました。ほっ

 

やはり、いつもと様子が違う(元気が無い、食欲が無い)時は

何か異常があると思いますので早めの受診が必要だと改めて思わされます。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
胆嚢疾患(胆嚢炎・胆石)

12月の年末最後にミニチュアシュナウザーちゃんが来院されました。

なぜか休みに入る直前に決まって重症患者さんが来院されるのはおそらくどの動物病院でもよくある話です。汗

 

そのシュナちゃん、

何日か前から嘔吐が続いており、

診察台の上でぐったりしていてかなりしんどそうです。

 

お近くの動物病院さんで異物誤食事故を疑われ、

バリウム検査までされたそうなのですが異物は見つからず原因不明で経過観察中とのこと。

飼主さんは年末年始このまま年越しをして大丈夫なのか…?と心配になられて当院へ来院されたとのことでした。

 

当院でも原因を調べるために、

X線検査、エコー検査、血液検査などをおこなったところ、

胆嚢や肝臓付近に遊離ガス(←消化管穿孔の時などに発生。胆嚢破裂が原因?)が認められ、

腹水(←血様の腹水。胆嚢破裂が原因?)がエコー検査で確認されたため、

「胆嚢破裂」の疑いが濃厚でした。

主治医の先生が診察・検査された時点で問題が見つからなくても、急に悪化することも有り得ると思います。

こういった胆嚢破裂からの胆汁性腹膜炎を起こしているケースではたとえ手術したとしても、

68%という高率な死亡率が報告(Aguirre Center 2007)されています。

 

 

しかし、

このまま経過観察をしていっても回復する見込みがまず無いため飼主さんとご相談のうえ試験開腹手術を行うことなりました。

血液凝固系の数値(←これがおかしいと手術中・後に血が止まらない恐ろしい事態に…)に異常値が出ていたため、

輸血を行ってから胆嚢摘出手術を行いました。

 

↑摘出した胆嚢の中にあった胆石

 

やはり胆嚢がボロボロで、周りの肝臓も一部壊死しているような状態でしたがなんとか問題なく摘出できました。

その後、正月は病院で過ごしてもらうことになってしまいましたが無事に退院していってくれたのでほんとに良かったです。

 

腹部エコー検査を含む定期的な健康診断(半年〜年一回)を受けておけば事前にこういう事態を回避できるかもしれないため、

やはり年に一度の健診はお勧めです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
門脈シャント

7月頃、元気と食欲が無く、下痢をしていて、フラフラするという高齢パピヨンのワンちゃんが来院されました。

夏の暑い最中ですし、体調を崩しているのでしょうか。

 

飼主さんとご相談の上、

念のために健康診断を兼ねて一般的な検査(血液検査、エコー検査、便検査など)をしてみましたが

特に異常は見つかりませんでした。

点滴をしたり下痢止めの内服薬などで数日の間、様子をみて頂いたところ下痢は治りました。

しかし、元気食欲が無く「ふらつき」は相変わらず続いているのとのこと。

 

なにかおかしい…、ということでさらなる精査をすることになり、

やや特殊な項目の総胆汁酸(TBA)アンモニア(NH3)いう項目を測定したところ、

両方の値が異常に高いという結果が出ました。

 

このような場合考えられる代表的な疾患は、

門脈シャント(門脈体循環シャント)」です

(※他にも考えられる疾患はあります)。

 

この病気の子は、生まれつき門脈という消化管からの血液が肝臓に流れ難くなっているため肝臓が発達しておらず、

アンモニアなどの毒性成分が肝臓で処理できず体内から除去されないため、ふらつきがでたり、発作が起きたりしてしまうのです。

 

この病気が疑われた場合は、確定診断には造影CT検査が必要になるため今回もCTを撮影をして頂きました。

↑CT検査で「門脈シャント(門脈-奇静脈シャント)」と診断

 

この門脈シャントは、根本的には外科手術でシャント血管を閉じてあげれば改善させることが可能な病気でして、

 

根治させるための治療法には、

・糸で結紮(部分結紮)

・アメロイドコンストリクター使用

・セロファン使用

などが報告されています。

 

ヨークシャテリア等の小型犬のワンちゃんに時々見られる病気であるため、

生まれつきの異常の有無を確認するために、

避妊・去勢手術を行う時などにはTBA(総胆汁酸)を一度測定して診断しておいた方が良いかもしれません。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
胆石症

近頃よく見かけるようになった病気、それは胆嚢疾患です。

健康診断(エコー検査)で胆嚢の中に泥が溜まっていたり(胆泥症)、胆石が溜まっていたり(胆石症)、ゼリー状の粘液が溜まっていたり(胆嚢粘液瘤)などが見つかるのが代表的なものだと思います。

様子見でも問題ないケースから、悪化すると黄疸が出て死に至るケースまで様々あるのがやっかいなところなのです。

特に胆嚢粘液瘤や胆石などが原因で胆管が閉塞してしまうと状態が悪くなり最悪の場合急変してしまうため、様子見にせずにタイミングをみて積極的に対処していく必要があります。

 

今回来院されたワンちゃんは胆石ができており、

胆管に胆石が詰まってしまう可能性があるため、飼主さんとご相談の結果胆石を摘出することになりました。

問題なく摘出でき問題なく退院して行ってくれました。

 

ほとんどのケースでは様子見で済ませられる場合が多いのですが、まれに最悪の事態に陥るケースがあるため定期的な健康診断(エコー検査)が重要です。

↑摘出した胆嚢

 

↑胆石

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
猫の便秘

こんばんは夜

9月に入り、ようやく朝夕は涼しい風が吹くようになってきて少し過ごしやすくなった印象があります。

 

今日は昨日トリミングにいらっしゃった猫さんのお話です。2年ぶりに寄られたとっても性格の穏やかな長毛の猫さんでしたが、体重計にのってもらうと体重が激減(5.4kg⇒3.6kg)しています。最近食べる量が減ってきているのも気になられていましたので、まずは身体検査から受けて頂くことになりました眼耳聴診器手鼻・・・・すると、何やらお腹の中に【握りこぶしより少し大きいくらいの硬いもの】が触知されます。

 

既往歴などもあったので、血液検査やレントゲン検査もしておくことになりました。

その猫さんのレントゲン写真です。

触診で触れた硬いものは、なんと『うんち』でしたうんち

これは『巨大結腸症』という猫に比較的多く認められる頑固な便秘肥大ないしは拡張した結腸を特徴とする疾患で、多くの獣医師が日常の診療において悩む疾病の一つでもあります。私も実際に何度かこの病気の猫さんを診る機会がありました。

 

原因は不明であることが多いのですが、食餌性の問題や、排便に行けない環境(習慣性)、交通事故などによる骨盤骨折(解剖学的な問題や神経損傷)が原因となったり、結腸平滑筋の機能障害などがあることが明らかになっています。

 

治療には通常、脱水を改善しながら浣腸や瀉下剤を使用し、そして可溶性線維食ご飯結腸の蠕動運動亢進薬薬を用いた保存療法が主流です。また、この猫さんの様に明らかに骨盤より大きなサイズの宿便がある場合は、手指により便を揉みほぐしながら掻きだすという事が必要になります。

 

(←掻きだした便の一部を袋に入れたものです)

 

 

それでもどうしようもない重症例では、結腸亜全摘術という外科手術を考慮しないとならないといわれていますが術後に下痢が続いたりと結構大変です。(もちろん術後も低残渣食がすすめられています。)

 

なかなかハードルが高いですし、侵襲的な治療法を行う前に是非行ってもよいのではないかと思われる治療方法があります。それはPEG(ポリエチレングリコール)による持続的な経口投与です。一時お預かりして行わなければならない処置ではありますが、その後再発がなくなったという猫さんもいるくらい良い方法のようです。(2010年アメリカ獣医内科学学会で発表された方法)

 

長期間の排便障害は食欲不振や体重減少を引き起こし、嘔吐や嗜眠を呈する場合もあります。

巨大結腸症でお悩みの方は、よろしければご相談下さい。

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬奈美

 

| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
胆嚢粘液嚢腫(胆嚢切除手術)
近年、胆石症や、胆泥症、胆嚢粘液嚢腫などの胆嚢がらみの病気を診断・治療することが増えており、
年に何頭かは胆嚢が破裂してグッタリ虚脱状態で来院されるワンちゃんがいます。

今回胆嚢切除術を行ったワンちゃんは、
健康診断で胆嚢粘液嚢腫が偶然発見されたため飼主さまとご相談の上、胆嚢を切除することになったのでした。
肝臓に胆汁うっ滞があったためなのか、術後に一時黄疸がでたりしましたが問題なく回復してくれてほっと一息です。

胆嚢疾患は腹部の超音波検査(エコー検査)で簡単に診断ができるため
中高齢になったら年に一度は健診をお勧めしています。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)


 
| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
犬の低アルブミン血症
最近ご飯の種類を変えてから、ご飯を食べなくなり吐き気と下痢が出てきたため受診された6歳のチワワさん。
39.7℃と発熱し血液検査でも炎症があるときに上がる値が高くなり、なおかつ重度の低蛋白血症がありました。

この症例の場合はCRPや白血球数は落ち着いてもタンパクの一種のアルブミンは1g/dl以下(正常は2.5-4.4g/dl)とかなり低い状態が続いていました。

さて蛋白が低くなる原因として、
.織鵐僖質が吸収できない
▲織鵐僖質が合成できない
タンパク質が体外へ漏れ出て行ってしまう
ぅ織鵐僖質が炎症で体内の別の部位(お腹の中や胸の中など)に移行している

このようなことが考えられるのですが、腹部のエコー検査結果からも
『 食べたものを腸から吸収できない状況(消化管の病気)』が一番に疑われました。

消化管(胃と小腸)の病気を調べるために内視鏡検査を行いましたカチンコ(一部掲載)


小腸の粘膜にある絨毛(吸収効率をあげるための襞)が割と目立ち、粘膜が白とピンクのまだらになっている範囲が多かった印象ですが、明らかなできもの(ポリープや固形腫瘍)があるわけではありませんでした。

病理組織検査の結果からもリンパ管拡張や慢性的な炎症といった所見はあるものの、粘膜に浸潤するようなリンパ腫といったものではないということでしたので、治療をスタートし少しずつ回復しています。

腸の病気が疑われるときの方法には、内視鏡検査の他にもいくつかの方法があります。
すべての症例に必要であるという訳ではありませんが、『お腹が張ってきた』『嘔吐や下痢が持続している』『痩せてきた』・・・そんな時は健康診断の一環として診せて頂くこともできますので、どうぞご利用・ご相談ください。花

垂水オアシス動物病院
勤務獣医師 高瀬
 
| tarumioasis2 | 消化器疾患 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ページのトップへ