神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
ホルネル症候群

こんにちは犬曇り

8月にゴールデンレトリーバー(6歳、避妊雌)のRちゃんが受診されました。

「左目がしょぼしょぼしているのだけれど、外傷など特に何も心当たりがない」ということでした。

確かにRちゃんの左目は、

・まぶたが垂れ下がっている

・瞬膜が露出している

・縮瞳(瞳が小さくなっている)

・眼球がおちくぼんでいる

状態でした。

 

これは「交感神経の障害」によっておこる『ホルネル症候群』という眼徴候です。原因はわからない(特発性)ことが約50%ですが、中耳炎や内耳炎による炎症の波及からきた末梢前庭障害や、頸胸部の外傷、腫瘍などが頸椎から第三胸髄までにおこる場合、交通事故などによる上腕神経叢根の損傷、中枢性や甲状腺機能低下である場合もあります。

 

この『ホルネル症候群』に関連する眼への交感神経路は第一次〜三次ニューロンがあり、いずれの障害でも同側側に徴候を認めます。局在を考える上で、耳の検査や斜視や眼振、眼瞼反射、威嚇瞬き反射といった脳神経検査の他、フェニレフリン点眼による薬理学的な検査が利用できる場合があると言われています。

 

Rちゃんの両目にフェニレフリン点眼(5%)を行いました。

すると、15分後にはこの通り!!

左目が元通りになりました。

Rちゃんの場合は、脳神経検査でも異常は認められず、その他の胸部X線検査でも問題はなかったことからも「三次ニューロン(節後ニューロン)」の部分の異常が一番に疑われました。解剖学的な用語でピンとこないかもしれませんが、鼓室胞に隣接する前頚神経節から眼に向かう部分の神経(三叉神経眼枝に併走した部分)です。耳や眼窩付近の交感神経の障害が疑わしいということです。

 

この場合6週間以内に自然に回復することが多く、Rちゃんも今は点眼を行わなくてもしっかり眼は開いています。

元に戻ってよかったですねグッド

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬

 

| tarumioasis2 | 眼科 | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
シャンプー後の眼の痛み(フローレス試験)
 
↑シャンプー後、目を痛そうにするワンちゃん。フローレス試験で角膜が黄緑色に染色されています。

この1週間ぐらいの間に、ご自宅でシャンプー後に眼を痛がるという主訴で来院されたワンちゃんが2頭来院されました。

眼にキズが有るかどうかはフローレス試験という検査方法で診断できます。
黄緑色の無害な色素の液を目に入れると、キズがあればキズがある部位に黄緑色の色素が付着します。(キズがある部位=黄緑色に染色された部位)

今回の子たちは、点眼薬で無事改善してくれました

シャンプーが合っていなかったのか、洗っていた時に傷ついたのかわかりませんが、
眼に入らないように気を付けてください。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 眼科 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
緑内障
眼圧計(トノペンXL)緑内障の猫ちゃん
上画像=眼圧計(トノペンXL)
下画像=緑内障の猫ちゃん(角膜が青白く浮腫を起こしています)


緑内障とは、なんらかの原因によって眼の中の圧力(眼圧)が高くなってしまうことで眼内の構造がダメージを受け視力が低下したり失明につながることもある病気です。
緑内障の初期症状は非常にあいまいで見た目だけでははっきり診断できません。
そのため眼圧計(トノペンやトノベットなど)を用いて眼圧を測る必要があります。
上の画像の子も眼圧が正常の2倍以上ありました。

症状は、
角膜の浮腫(透明な角膜が白く濁る)
瞳孔がひらく
痛み
白眼の充血(強膜の充血)
視神経乳頭の陥没
牛眼(慢性化すると眼が大きくなってきます)

治療は急性の場合は利尿剤(マンニトール)を使ったり、点眼薬で眼圧をコントロールしていきます。
状態によっては眼の中の液体をつくる毛様体をレーザーで凝固する方法などもあります。

発症してから時間が経つと、網膜などの視神経がダメージを受けてしまい失明の危険性が高くなってしまいますが、この子の場合は視力があり今のところ点眼薬でコントロールができています。
お家でもときどき眼の様子を見てあげてください。
| tarumioasis2 | 眼科 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
逆さまつげ

下のまぶたから目の表面に向かって睫毛(まつげ)が生えています。

この睫毛が目の表面を刺激してしまい、角膜(表面の透明な部分)が傷ついてしまっています。
ずいぶん以前から目がショボショボしており気になられて来院されました。
治療方法としては睫毛を抜いたり、手術で毛根を取り除いたり、電気の作用で毛根を破壊したり、毛根を凍結して破壊する方法などがあります。

目を気にしたり、しょぼしょぼしたり、細めたりしている場合は眼の表面に傷が付いている可能性があります。(他の病気の可能性もありますが)
シーズーなどのドングリ目の子で傷つくことが多いので変だと思われたら動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

| tarumioasis2 | 眼科 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ