神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
TPLOの合併症(前十字靭帯断裂)

犬が急に後ろ足を痛がりだして、ケンケンしている、ということで、

動物病院へ連れていくと「前十字靭帯断裂」と診断されることが多いと思います。

 

前十字靭帯の断裂は小型犬〜大型犬の跛行(歩様の異常)の一般的な原因の一つです。


糸を使用した関節外安定化術が国内では一般的に行なわれておりますが、

関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、

糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します

 

特に、関節外安定化術では体重負荷の大きい大型犬や、

脛骨高平部の角度が急な小型犬(ヨーキーなど)では、

たとえ完璧な手術を実施したとしても、

術後に糸が切れてしまい症状が再発するケースがどうしても一定数(10%程度)認められていました。

 

そこで、


1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLO(Tibial plateau leveling osteotomy : 脛骨高平部水平化骨切術)です。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。

 

ただ、海外では広く行われていますが、

国内ではTPLOを施術している動物病院は全国的にみても少なく、

神戸市内でもTPLOを実施している施設はほとんどありません。


複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、最も成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。


当院では小型犬〜大型犬のTPLO専用器具一式を揃えており、

前十字靭帯の損傷に対して、積極的にTPLOを実施しています。

 

 

TPLOの合併症とは?

ただ、術後の回復が最も良いとされているTPLOにも合併症は存在します。

 

報告によると、

TPLO手術に伴う合併症の発生率は10〜34%で、再手術が必要な合併症は<5%とされています。

 

どんな合併症が起こりえるのか見ていくことにしましょう。

 

まず、

術中の合併症から。

 

1、脛骨や腓骨の骨折

 

2、前脛骨動脈からの出血

脛骨をソーで切る時に動脈を傷つけると、大量の出血が引き起こされることがある。

術中に骨から筋肉を分離したり、ガーゼを詰めたりすればある程度回避可能。

出血した場合は、止血が必要。

 

3、ドリルやスクリュー、ピンの破損

骨に穴を開けたときに、ドリルやスクリュー、ピンが途中で折れてしまうと取り除けなくなることがある。

そのままにするしかない場合が多い。

 

4、スクリューが関節内に入る

スクリューを挿入する角度を間違えると、関節内にスクリューが入ってしまう。

術中に気を付けて手術を行い、必要があれば術中にレントゲン検査を行えば回避できる。

 

5、スクリューが骨切り線に入ってしまう

プレートの設置位置をよく検討して、スクリューを挿入する必要がある。

必要があれば術中にレントゲン検査を行う。

 

次に、

術後の合併症

 

1、感染

術後に感染が発生することがある。

感受性試験や抗生剤の投与を行い治療を行う。

 

2、漿液の貯留

術後に圧迫包帯を行って予防。

 

3、半月板損傷

内側半月板が損傷することがある(<5%)。

 

4、脛骨粗面の骨折

TPLOで骨を切っているため、

この部位(脛骨粗面)が折れることがある。

 

5、スクリューの破損

術後の安静不足。

プレートやスクリューのサイズを大きくすれば予防できる。

 

6、スクリューが緩む

ロッキングプレートやスクリューを使用すれば予防できる。

 

詳しく知りたい方は、

英文になりますが(グーグルの翻訳機能などを駆使してみてください)

 

Complications associated with tibial plateau leveling osteotomy: A retrospective of 1519 procedures

 

Complications of tibial plateau levelling osteotomy in dogs

 

をご覧ください。

 

今回は合併症について記載しましたが、

実際のところTPLOは重度の合併症も少なく良好に治癒することがほとんどです。

 

当院でのTPLO手術症例でも幸いなことに今までのところ大きな問題は発生しておらず、

術後の運動機能の回復も良好で皆とても良い感じです。

 

TPLOは術後成績が良くメリットが多い手術です。

 

ただ、

確率としては少ないものの、

術後の感染症や合併症が発生する可能性は、

上記論文のように米国外科専門医の執刀時でもゼロではないと報告されているため、

TPLOを受けられる際には、主治医の先生に事前に考えうる合併症についてもお聞きになられるのをお勧めします。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 19:36 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLOの手術費用(前十字靭帯断裂)

前十字靭帯断裂の手術方法には各種の術式が報告されており、

関節外法、TPLO、TTAなどの術式が主流となっています。

 

その前十字靭帯断裂の治療法の中で、

現在のところ最も術後成績が良いとされているのがTPLOという術式です。

 

当院でも前十字靭帯断裂の症例には、

関節外法とTPLOを用いて治療を行っています。

 

前十字靭帯が断裂してしまい、

 

さてこちらのTPLOという手術法、一般的に高額になることの多い手術として知られています。

 

地域性(都会では高額になる傾向、場所代、物価も高め)や、

整形外科専門の動物病院かどうか、

プレートの種類、

超小型犬や超大型犬かなどによっても費用は変わるかもしれません。

 

地域差はあると思われますが、

TPLOの手術費用はいずれにしても高額になるのは確かです。

 

だいぶ以前にアメリカの外科専門医の先生から聞いた話によると、

本場アメリカでは大体4000〜6000ドル(約43〜65万円)程度のコストが掛かるそうです。

(※一昔前に聞いた話なのであくまで参考程度)

   

最近ではアメリカより日本の方が物価が安くなっているようではありますが、

日本国内でもやはりTPLOは動物医療でも高額に分類される手術手技です。

発症しそうな犬種を飼われている飼い主さんは

前十字靭帯断裂発症に備えて動物用の医療保険に事前に加入しておく方が安心かもしれません。

 

また、

コスト的な制約がある場合は、

TPLOの術式を選ぶのでは無くて手術費用が安価な関節外法(糸を使った方法)を用いて治療することも

状況によっては有り(大型犬や、小型犬でも犬によっては術後に糸が切れて再発してしまう可能性は有ります)だと思いますので、

詳しくは主治医の先生に相談してみて下さい。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 20:28 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、左後肢の膝(ひざ)にある前十字靭帯が切れてしまったコーギーちゃんが来院されました。

 

前十字靭帯の断裂は小型犬〜大型犬の跛行(歩様の異常)の一般的な原因の一つです。
関節外安定化術(糸を使った方法)が国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。

以後米国を中心として20年以上の歴史があり当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、最も成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。
当院では小型犬〜大型犬の前十字靭帯の損傷に対して、従来の関節外安定化術とTPLOを症例の状況に合わせ選択し施術を行なっています。

この手術方法(TPLO)は兵庫県下で行っている動物病院が極めて少ないため、

遠方の患者さん

 

実は今回来院されたコーギーちゃんは、以前右膝関節の前十字靭帯が断裂したため右側のTPLOを当院にて実施済みでした。

片側の前十字靭帯が切れた場合、反対肢の靭帯も切れやすいと言われており、これで両側の肢にTPLOを施術したことになります。

術後翌日には患肢を少し着けて歩くようになり、術後5日目には肢をだいぶ負重して歩くようになったため、

問題なく退院していってくれました。

 

↑以前にTPLOを行った右肢(骨切りした部分の骨は既に癒合しています)

現在は問題なく歩行可能になっています。

 

↑今回TPLOを行った左肢

 

ある日、突然後ろ足を痛がるワンちゃんの場合は前十字靭帯が断裂した可能性があるため、

跛行が続くようであれば一度受診をお勧めします。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 17:54 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、フレンチブルドッグのワンちゃんのTPLO(前十字靭帯断裂の手術)がありました。

後肢の膝の靭帯(前十字靭帯)が切れると、患肢を痛がって負重し難くなってしまいますのでそれを改善させる為の手術です。

 

TPLOは複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

飼主さまとご相談の結果、術後の機能回復が一番良いと報告されているTPLOを行うことになりました。

 

特に問題なく手術も終わり退院していってくれて、肢もだいぶ負重するようになってきてくれたので良かったです。

骨が癒合するまでに2〜3か月は掛かりますのでもう少し安静が必要になります。

 

↑手術前

 

↑手術後(計画通りに骨切りしプレートで固定されています)側面像

 

↑手術後(正面像)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 18:56 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、前十字靭帯断裂に対してTPLOを実施したワンちゃんが術後の検査に来院されました。

飼主さんからお話をお伺いすると、手術した肢もだいぶ回復して活動的に動き回っているとのことで良かったです。

 

やはり、術後の回復の早さや、術後成績は他の手術法と比較して良好ですので、

活動的なワンちゃんにはTPLOは特にお勧めできると思います。

 

 

↑左後肢の前十字靭帯が切れてしまい跛行しています。

TPLO手術前の様子(手術前のため毛刈りしています)。

 

 

↑TPLO手術の術後2か月目の様子です。

手術をした患肢(左後肢)を使って問題なく歩けるようになっています。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 20:35 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

以前記事に書いた後肢の前十字靭帯部分断裂に対してTPLOと呼ばれる手術を行ったワンちゃんが来院されました。

 

あれから術後6週間が経過しており歩様は良好でふつうに歩きまわっているとのこと。

骨切りをした部位の骨癒合まであと1〜2か月くらい掛かると思われるためもう少し安静が必要です。

 

↑術後6週目のX線検査。だいぶ仮骨ができており癒合が進んでいます。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 17:57 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先日、知り合いの先生からご紹介して頂いて来院されたジャックラッセルのワンちゃんのTPLO(前十字靭帯断裂の手術)がありました。

後肢の膝の靭帯(前十字靭帯)が切れると、患肢を痛がって負重し難くなってしまいますのでそれを改善させる為の手術です。

 

TPLOは複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

 

飼主さまとご相談の結果、術後の機能回復が一番良いと報告されているTPLOを行うことになりました。

 

特に問題なく手術も終わり退院していってくれましたので良かったです。

骨が癒合するまでに2〜3か月は掛かりますのでもう少し安静が必要になります。

ジャックラッセルちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術後の歩様。だいぶ負重するようになってきました。

 

 

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 10:53 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

後肢を痛がって着かなくなっているシベリアンハスキーのワンちゃん(大型犬)が来院されました。

そして、今週もTPLOの手術を行う機会があったためこの件について。

 

「後ろ肢を急に痛がる、思い当たる原因も無い。」というと思い浮かぶのが前十字靭帯断裂です。

 

このハスキーちゃんも同じような症状でしたので、触診やX線検査などを行い詳しく診察させて頂くと…、

やはり前十字靭帯の完全断裂が疑われました。

 

〇前十字靭帯断裂、TPLOについて


一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

今回のワンちゃんは最も術後成績が良いと報告されているTPLOと呼ばれる術式で手術を行うことになりました。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。


 

術後の機能回復は良好で、この子の場合には術後数日後には患肢を軽く着いて歩くようになってきていますが、

骨癒合や完全回復まで2〜3ヶ月程度は掛かりますのでもうしばらく走ったりせず安静にする必要があります。

 

↑手術前(前十字靭帯が断裂しているため通常より脛骨が前方へ変位しています)

 

 

↑手術後(TPLOを行い、脛骨近位部を骨切り、回転させプレートで計画通りのTPA角度5°に固定しました。)

 

↑術後5日目の様子。5日目にして早くも足を着けて歩けるようになってきました。

とてもおりこうなワンちゃんです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

※画像・動画は飼主さまのお許しのもと掲載させていただいております。

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 17:58 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先週、前十字靭帯断裂を発症した小型犬のパピヨンちゃんが来院され治療を行う機会があったのでこの件について。

 

この子は「左後肢を痛がって挙げている」という主訴で来院されました。

跛行が酷く、ほとんど足を負重できない状態だったため詳しく精査を行ったところ

X線検査、触診などから左後肢の「前十字靭帯完全断裂+半月板損傷」と診断しました。

 

一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。

 

骨が癒合するまでに2〜3か月掛かりますので、それまで安静が必要です。

パピヨンちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術前(TPA29度)

 

↑術後

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 18:50 | comments(0) | - | ↑TOP
前十字靭帯断裂(TPLO)

先週、前十字靭帯断裂が発症したコーギーのワンちゃんが来院され治療を行う機会があったのでこの件について。

 

この子は「右後肢を痛がって挙げている」という主訴で来院されました。

痛みが出てからしばらく様子をみておられたのですが、

完全には跛行が改善されなかったため詳しく精査を行ったところ

X線検査、触診などから右後肢の前十字靭帯部分断裂が強く疑われました。

↑左後肢膝関節(正常肢)のレントゲン画像

 

↑右後肢膝関節のレントゲン画像(関節液が増量しているため左膝関節に比べて関節内が白く見えます)

 

 

一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

今回のワンちゃんは部分断裂が疑われ、

部分断裂⇒完全断裂に移行するのを防ぐことができ、最も術後成績が良いと報告されているTPLOと呼ばれる術式で手術を行うことになりました。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。
 

↑レントゲン画像上で各種測定をして、緻密に術前計画を検討します

 

↑術後(脛骨を円形にカットし、TPLO専用プレートで固定しました)

 

 

術後5日目には患肢を着いて歩いて帰っていってくれて良かったです。よくがんばりましたコーギー

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLOって何?犬の前十字靭帯断裂とは?治療法(TPLOなど)を解説!

 

はじめに

犬が「急に後ろ足を挙げてしまった」

「急に後ろ足を痛そうにしている」

「急に時々後ろ脚をケンケンしている」ことはないでしょうか?

 

このような場合、犬では前十字靭帯の断裂や損傷が疑われます。

今回は、整形外科を専門的に診察している獣医師が「前十字靭帯断裂」について解説していきます。

 

前十字靭帯断裂の原因

前十字靱帯断裂」という病気は

大型犬(ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなど)や

中型犬(柴犬、コーギー、キャバリアなど)、

小型犬(ヨークシャテリア(ヨーキー)、パピヨン、チワワ、トイプードル、ポメラニアンなど)に

よく見られる運動器疾患です。

 

前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)もしくは大きな負荷が無くても突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

 

人間では、外傷(交通事故やスポーツなど)で前十字靭帯が切れてしまうことが多いのですが、

犬では加齢に伴い靭帯が変性して脆くなり、中高齢になったある日、突然靭帯が切れて症状が現れます。

ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

 

前十字靭帯断裂の診断

完全に断裂してしまった場合は触診やX線検査で診断ができます。

↑触診で膝関節に引き出し徴候(ドロワーサイン)がみられます=前十字靭帯が断裂

 

前もって問診で、

症状の現れた時期、きっかけ、進行の程度、歩行異常の有無、関節の疼痛の有無、運動機能障害の程度、

ステロイド薬の投薬の有無、リウマチのような免疫介在性関節炎の有無、ホルモンが異常になる疾患の有無などを確認していきます。

その他にも、視診歩行検査、筋・骨格の触診整形外科的検査(前述のドロワーサイン有無、脛骨圧迫試験など)、神経学的検査を行い、

血液検査レントゲン検査や、必要があれば関節液の検査などを行って診断します。

 

前十字靭帯が完全に断裂している場合は、触診でほとんどの場合診断可能ですが、

部分的に前十字靭帯が断裂している場合(前十字靭帯の部分断裂)は、診断が難しいことがあり、

関節切開術や関節鏡検査で確定診断が行われることもあります。

 

前十字靭帯断裂の治療法


体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いので、痛み止めを投与する等の内科的な治療で経過が思わしくない場合は、外科手術を受けた方が良いと考えられます。

体重10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられこともあり、一見正常に見えることが多いようです。しかし、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、早期に治療した方が良いと思います

 

前十字靭帯断裂の治療法にはいくつもの治療法が報告されています。

  1. 関節内修復法(大腿筋膜、膝蓋靭帯などの自家組織移植片を用いたり、合成材料による靭帯の置換など)
  2. 関節外修復法
  3. TPLO(脛骨高平部水平化骨切術)、TTA(脛骨粗面前進化術)、CBLOなど

 数ある手術法の中で、どの方法が成績が良いのか比較検討されていますが、

現在のところTPLOが最も術後成績に優れているとされています。

 


突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性があります。
普段から体重を増やしすぎないようにしましょう。

 

↑前十字靭帯が断裂して脛骨が前方へ変位しています

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 10:20 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

TPLOの術後、3か月程度で骨癒合が認められました。

やはり、術後3か月程度は骨癒合に時間が掛かるため安静が必要になります。

↑術後3か月のX線画像(骨癒合が認められました)

 

↑術後2か月のX線検査(骨癒合が進んでいます)

 

↑手術直後のX線画像

 

垂水オアシス動物病院 

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、後肢の「前十字靭帯断裂」に対してTPLOと呼ばれる方法で手術を行いました。

TPLO(Tibial plateau leveling osteotomy : 脛骨高平部水平化骨切術)】

 

このTPLOという手術法は、手術前の精密なシュミレーションが必要であり手技的な難度が高いため、

国内はもちろん米国まで研修を受けに行き、特殊な専用機器を導入して取り入れています。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。
当初は大型犬へ施術されていましたが、現在では小型犬や猫にも行われています。

国内で従来から一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、最も成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

TPLOには早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いことなどのメリットがあります。

 

従来からの手術方法に比較して回復が早いため、早く良くなってくれるのを期待しています。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師(院長) 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
前十字靭帯断裂
以前、前十字靭帯断裂で手術することになったワンちゃんが、
今度は逆の足を着かないという主訴で来院されました。


前十字靭帯断裂を起こした犬の37% で反対側の肢も断裂が起こる(平均17 ヶ月後)というデータがあります。
今回のワンちゃんは前に治した肢と反対の肢の靭帯が切れてしまいました。

前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)で突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

大体は触診やX線検査で診断ができます。
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いので外科手術を受けた方が良いと思われます。

膝蓋骨脱臼や肥満が誘因になることが多いので、事前に脱臼を治療しておくことや食事管理ダイエットがとても重要です。

10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられ、一見正常に見えることが多いようですが、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、ご相談の結果関節外法という手術方法で行うことになりました。

突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性がありますので
早めに動物病院へ連れていってあげてください。


垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
前十字靱帯断裂
前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)で突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

大体は触診やX線検査で診断ができます。
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いので外科手術を受けた方が良いと思われます。

膝蓋骨脱臼や肥満が誘因になることが多いので、事前に脱臼を治療しておくことや食事管理ダイエットがとても重要です。

今回手術を行った子は高齢のヨーキーちゃんで、
関節外法という手術方法で行いました。

突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性がありますので
早めに動物病院へ連れていってあげてください。


↑注:手術の画像です。前十字靱帯が断裂しています。


↑注:手術の画像です。

垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | 犬の前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ