神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
犬猫の骨折を手術しないとどうなる?

ソファから飛び降りた、自転車の車輪に巻き込まれた、車に轢かれた、などの原因で、

犬猫が骨折してしまうことがあります。

このような場合に動物病院を受診されると、手術が必要と診断されるケースが多いと思います。

 

今回は、

骨折の手術をしないとどうなるのか?」について解説していきます。

 

まず結論からですが、

骨折の手術をしないといけない状態なのに治療せず放置した場合、

 

足先が変な方向を向いてしまった状態で骨が固まってしまったり、

最悪の場合、

3本足歩行になってしまったり、

骨が皮膚を突き破ってしまい感染を起こしてしまい断脚が必要になるケースも考えられますので、

 

基本的には放置してはいけません。

 

 

まず、

「骨折の手術が必要な部位かどうか?」が重要で、

 

前足(橈骨・尺骨)、上腕骨、脛骨、大腿骨など、

四肢の骨が完全に折れてしまっていた場合は基本的に手術が必要になります。

 

人間でしたらギプスをして松葉杖をついて患部を動かさないようにすることが出来ますが、

動物の場合はそうはいきません。

 

たとえギプスをすることが出来たとしても、

絶えず動き回ろうとするため皮膚が蒸れて擦れてしまい

骨が見える位にお肉がえぐれてしまったりするなど、骨折に加えて更に大変な事態になることもあり、

ギブスで治そうとするのは手術をして治すのとは違った難しさがあります(ギプスの方が術後管理が大変で難しい)。

 

骨盤の骨が折れていた場合、骨折部位によっては便秘になってしまったり、後足で歩けなくなってしまうことがあるため、

整形外科を診察している獣医師にレントゲン検査をして診てもらった方が良いです。

 

指の骨が折れている場合、折れた本数が少なかったり、部位によっては外固定で包帯を巻く程度で骨が癒合できることもあります。

 

骨折した場合に手術が必要かどうかは自己判断が難しいため、

動物病院で診察を受けて適切な治療をしてもらうようにしましょう。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 18:14 | comments(0) | - | ↑TOP
骨折した犬への海綿骨移植

昔は骨折の原因といえば、

車にはねられてしまったなどの事故が一般的な原因でしたが、

近年では落下事故で骨折してしまうことが最も多い原因になっています。

具体的には、ソファから飛び降りた、抱っこしていて落としてしまった、などが多いでしょう。

 

そのような骨折を修復するために、

医療機器メーカー各社がロッキングプレートシステムという新しい原理の骨折修復システムを発売しており

動物病院でも使われるようになってきました。

 

当院でもシンセス、KYON、Fixinなどのロッキングプレートを症例に応じて使い分けて使用しており

手術成績はとても良好です。

 

ただ、世間一般的には骨折の癒合不全の件数が増えているといわれております。


そのような癒合不全の時や再手術時に行うことが多い手術が、自家骨移植(海綿骨移植)です。

この手術は、骨折した骨が感染してしまい癒合しない場合や、手術を行ったものの治らなかった場合などに行います。

 

海綿骨移植の方法は、骨折している犬猫自身の骨盤の骨の一部を採取したり、上腕骨に孔をあけて海綿骨を採取したりします。

そして、骨折している部位の骨断面をきれいして、骨折部位の周りに採取した海綿骨を詰め込み、プレートで固定します。

 

以前に手術して治らなかった骨折症例などでも、この方法を使うと治癒が期待できることがあります。

当院でもこの方法で癒合不全に陥った犬の治療を行っており、とても良好な成績を得ています。

 

治療が上手く行かず癒合不全に陥ってしまっていたとしても、

骨移植や特殊なチタンプレートを上手く使い固定することによって、

また機能を取り戻して歩けるようになる可能性があります。

 

骨が癒合せずにもう歩けるようにならないんだろうか、とお悩みの方は、

 

「まだ治すことができる骨折なのか?」など

どうすれば良いかなどアドバイスもできますので、

一度ご相談に来院してみてください。

 

別記事⇒犬橈尺骨の癒合不全(トイプードルの前足骨折)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 14:09 | comments(0) | - | ↑TOP
犬の前足の骨折(症例まとめ)

先日、神戸市兵庫区の動物病院の先生からご紹介頂きまして前足を骨折した犬が来院されました。

 

この子も前足が骨折しており、ソファから飛び降りて骨が折れてしまったそう。

体重が2kg台と小さく、

骨の厚みが2〜3mm程度と小さいためかなり繊細な手術が必要になりましたが、

今回もチタン製プレートを使って問題なく整復固定できました。

 

↑プレート法で固定

 

超小型犬の前足の骨折は癒合不全に陥りやすいため注意が必要ですが、

当院で治療させて頂いた症例では現在までのところ問題なく全例骨癒合しており、

今回も癒合してくれるはずです。

 

ただ、また飛び降りたりするとプレートごと壊れることが有り得るため、

2〜3か月の間は安静が必要です。

 

ワンちゃんがんばりました!

早く良くなりますように。

 

犬の前足骨折(橈尺骨骨折)治療例

1、橈尺骨骨折(前足の骨折)

2、橈尺骨骨折(髄内ピン法)

3、橈尺骨骨折(LCPプレート法)

4、橈尺骨骨折(LCPプレート法)

5、橈尺骨骨折(LCPプレート法)

6、橈尺骨骨折(LCPプレート法)

7、橈尺骨骨折(LCPプレート法)

8、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

9、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

10、橈尺骨骨折(髄内ピン法)

11、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

12、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

13、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

14、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

15、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

16、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

17、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

18、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

19、橈尺骨骨折(髄内ピン法)

20、橈尺骨骨折(髄内ピン法)

21、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

22、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

23、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

24、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

25、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

26、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

27、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

28、橈尺骨骨折(ギプス固定)

29、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

30、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

31、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

32、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

33、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

34、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

35、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

36、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

37、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

38、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

39、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

40、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

41、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

42、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

43、橈尺骨骨折(ALPSプレート法)

…etc

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 16:57 | comments(0) | - | ↑TOP
トイプードルの前足の骨折

前肢を骨折してしまったトイプードル(2kgくらい)のワンちゃんが来院されました。

骨の真ん中あたりでポッキリと折れてしまっておりました。

とても痛そうです…!

 

前足の骨折はギプス固定では治らない部位のため、

今回も特殊なチタン製ロッキングプレートを用いて整復固定を行いました。

 

↑術前

↑術前の様子。前足が痛そうです…

 

 

↑術後(プレートで整復固定できました)

 

↑術後一週間後にはある程度普通に歩けるようになりました。

人間だと術後1週間目の時期は怖くて歩けないと思いますが、犬の回復力はすごいです。

 

 

日本ではトイ・プードルやチワワなどの小型犬の飼育頭数が多く、日常のちょっとした事で前足を骨折してしまうケースが増えています。特に多いのが、抱っこしていて落としてしまったり、ソファなどの上から落ちてしまうというケースです。

このような超小型犬種の前足の橈尺骨の骨折では、骨が非常に細い上に、骨の癒合反応が乏しく、癒合不全(骨が治らない)や変形癒合を起こしやすいため大きな問題となっています。

 

動物における骨折の癒合不全に関する2825頭の犬の骨折例を対象に行われた調査結果によれば、

癒合不全の発生率は3.4%(96頭)であり,その中で橈尺骨(前足)の癒合不全が40.6%と

最も多数を占めていたことが報告されています。

 

当院では橈尺骨骨折の手術を多数行っておりますが、

幸運なことに全例骨癒合しており、癒合不全(骨が治らない)に陥ってしまったことは今までのところありません。

 

しかし、激しく運動したり再度飛び降りたりすると、再骨折を引き起こしたり、

反対側の足を骨折したりすることがあるため要注意です。

 

小型犬を飼っておられる飼い主さまは、

普段の生活の中で飛び降りたりしないように気を付けていただくことが大切です。

 

 

垂水オアシス動物病院

 

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 


 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:49 | comments(0) | - | ↑TOP
上腕骨骨折

お家のワンちゃん同士でじゃれあっていて、

前足を痛めてしまったとのことでワンちゃんが来院されました。

 

まだ4か月齢と若いトイプードルちゃんで体重が1.9kgくらいの子犬ちゃんでしたが

患肢の前足を全く着かなくなってしまっており、痛そうでかわいそうです…。


↑患肢の前足を挙げてしまっています

 

触診させて頂くと、

骨同士がゴリゴリ当たる感じがあるため何処かが骨折していそうな状況でした。

↑上腕骨の遠位の外側部が骨折しています

 

このタイプの骨折(関節内に発生した骨折)は、

ギプス固定では治すことができず、きちんと整復固定するために手術しないと、

変な形に骨が癒合してしまい歩けなくなったり、後々に関節炎が生じたりする恐れがあります。

 

今回は飼い主さんとご相談の結果、整復手術を行うことになりました。

 

↑なるべく成長板と関節機能に影響が出にくい位置に

 ピンとスクリューで骨を整復して固定しました

 

術後は問題なく前足を地面につけて歩けるようになり

退院していってくれたので良かったです。

 

しかし骨が癒合するまでに1〜2か月程度掛かりますので、

しばらく安静にする必要があります。

↑手術翌日の様子。患肢を負重しています。

 

成長期の子犬ちゃんはソファから飛び降りたりすると、

とても簡単に骨折しますので飼い主さんはお気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 


 

骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介をお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。
ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:29 | comments(0) | - | ↑TOP
犬の骨折に使ったプレートを除去しないとどうなる?【獣医師が解説】

先日、長田区にある動物病院の先生からご紹介して頂いて、

前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

ソファから落ちてしまい骨折したそうです。

 

レントゲン画像を見てみると、

前足の橈尺骨の中央部付近でがポッキリと折れています。

 

 

やはり、若齢の体重が超小型犬種(チワワ、トイプードル)は前足を骨折するケースがとても多いです。

 

今回も特殊なチタン製のプレート(ロッキングプレート)を用いて手術を行い特に問題なく整復固定でき、

術後2日目には普通に患肢に負重して歩いて退院していってくれました。

 

 

この後、問題が生じなければ骨は2〜3か月で治癒します。

 

そこで気になるのは骨は癒合したけれども、

それまでの間に固定されていたプレートを抜去するかどうかではないでしょうか?

 

 

治癒後にプレートを除去すべきか?

 

結論を先に言いますと、どちらが良いと決まっているものではなく、

骨折部位はどこなのか、成長期かどうか、高齢の動物かどうか、主治医の先生の判断や、飼い主様の希望によって違ってきます。

 

ちなみに、当院ではステンレス製プレートではなく、

生体親和性が高くて柔らかいチタン製のプレートシステムを使用しているため、

プレートを除去する機会がほとんど無くなっています。

 

プレートを除去するメリット

 

プレートの下にある骨の骨密度低下を防ぐことができる(ストレスシールディング現象の回避)

⇒プレートがあることで、骨にかかる力が減るため、骨の密度が低下することがある

(骨が重力を感じれなくなると宇宙飛行士みたいに骨粗しょう症になってしまいます)

 

・プレートの端に位置している骨への力の集中を防げるため、その部位での再骨折を防げる

 

プレートを除去するデメリット

 

・プレートを外した後に再骨折する可能性

⇒やっと骨折が治った!⇒プレートを外す⇒再骨折(涙)

 

・プレートを外した後に再骨折しないように、2週間〜1か月間の安静が必要

・再度手術が必要になる

 

 

最後に

 

硬い金属であるステンレス製のプレートではプレートを外すこともあるでしょうし、

チタン製のプレートでは除去しないことも多いと思います。

 

当院ではスクリューを抜去することはあるものの、

今までのところ術後に問題が生じたことがないため、プレートは除去せずにそのままにしているケースがほとんどです。

 

どうすれば良いかは状況により異なるため詳しくは主治医の先生に相談してみて下さい。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

TEL:078-707-2525

http://www.tarumioasis.com/

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:36 | comments(0) | - | ↑TOP
犬の骨盤骨折(プレート法・交通事故)

昨年末に、

交通事故にあってしまい骨盤を骨折してしまったワンちゃんが来院されていました。

来院されたワンちゃんは、

飼い主さんと歩道を歩いていたところ、車道から自動車が突っ込んできて

かわいそうな事にワンちゃんが轢かれてしまったそうです。

防ぎようがないだけに怖いですね。

 

詳しく診察させていただき、

レントゲン検査などを行ったところ骨盤の骨が3か所程度骨折していたため昨年の年末に整復手術を行っていました。

 

 

↑内出血しており後ろ足を全く使うことができません

 

↑左右の腸骨など3カ所が骨折していました

 

↑プレート法で固定整復しました

 

↑プレート法で固定整復しました

 

↑手術後2か月目の様子。問題なく歩けるようになって良かったです。

 

その子が昨日久しぶりに来院され、

問題なく歩けるようになって、排尿も排便機能にも問題なく過ごしてくれていたので良かったです。

当たりどころが悪く脊髄を損傷していたら危なかったと思いますし、

無事に歩けるようになってほんとうに良かったと思います。

 

 

ー追記ー

ヤフー知恵袋を見ていると、こんな質問と回答がありました。

 

 

質問

先日家の犬が車に跳ねられ、獣医に見てもらったところ、
骨盤骨折をしていてそこの病院では手術ができないと言われ、大阪の病院なら紹介しますと言われています。
できましたら、神戸市でプレート手術が出来るところを教えて頂きたいのです。

 

…以下略

 

 

回答

実際にどの程度、どの部分が折れているのかがわかりませんが、下手な場所が折れていたらそれこそ専門家に任せないと、後々大変なことになります。

ただでさえ、骨盤の手術は骨盤の中にさまざまな臓器が含まれるため、普通の骨折とはわけが違います。難易度は手足を骨折したときや、椎間板ヘルニアなんかよりも格段に難易度が上がります。
下手したら、日本でも名の知れている整形外科の先生がいる大学病院レベル(どこの大学病院でも良いというわけではありません)です。

失敗すれば、後々排尿・排便困難になったりと日常生活に支障が出ます。
それでも安さを取るのであれば、やはり大学病院になるかと思いますが、関西方面の大学病院では無理でしょうし、予約が数週間先になることも珍しくありません。

骨折は手術までの時間が経過すればするほど、さらに難易度が上がります。周りの組織の炎症や、骨折した部分が治そうとして新たな余計な骨を作るからです。

普通の動物病院で骨盤骨折の手術を行い、その後上記のような症状が出て、まわされてきた症例を何件も見たことがありますが、本当に「最初から専門医に行ってくれれば、こんなことにならなかったのに...」と思うことは多々ありましたし、時間の経った骨盤骨折の再手術は本当に困難で、時間もかかります。

自分のところでは無理で大阪の専門医を紹介してくれるなんて、とても良い先生だと思います。
一度、専門医に相談してみてはどうですか?
相談するだけなら、何十万もお金はかかりません。
その後に、手術をやる、やらないを決めても良いと思います。

ただ、外科医として言うならば、やるなら早急に手術はしたいところです。1ヶ月もたって「お願いします」は勘弁願いたいですね。
やりますけど、プラスアルファの手術代は取るかも知れません(難易度が上がるので)。

上記のかたの20万は私は安いと思います。専門医なら30万から、再手術になれば50万くらいはかかるかも知れません。

 

出典:ヤフー知恵袋より

 

 

相談者さんの飼い犬が、車にはねられてしまい骨盤を骨折してしまったようです。

そこにおそらくはどちらかの獣医さんの回答者さんが返事をしています。

 

確かに、骨盤骨折は事故後数日以内に手術をしないと、線維化が進んでしまい骨折の修復がほぼ不可能になってしまいますし、

かなり難易度の高い手術になります。

 

ただ、上手にプレートで固定さえできれば、

血流が豊富なため超小型犬の前足の骨折みたいに癒合不全に陥ることはないのは良い点であり、

日本でも名の知れている整形外科の先生がいる大学病院レベルでなくとも、

整形外科を得意にしている獣医師であれば治療は可能です。

 

大阪までは通院するのはちょっと遠いから、

神戸市内で骨折治療ができる動物病院がないかなあ」とお探しの際は

お役に立てるかと思いますので垂水オアシス動物病院までご相談下さい。

 

 

垂水オアシス動物病院

 

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

TEL:078-707-2525

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 09:31 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前肢の骨折)

昨年に引き続き、やはり今年も前肢の骨折の子がよく来院されます。

やはり超小型犬のトイプードル、チワワ辺りは骨が折れやすいのがもはや常識かもしれません。

 

小型犬飼いの飼い主さんはお気をつけください。

 

↑手術前(骨が何個かの骨片に粉砕して骨折しています)

 

↑手術後(固定強度を高めるためにダブルプレートで固定しました)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

↓ランキング参加中!クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 18:14 | comments(0) | - | ↑TOP
前肢の骨折(橈尺骨骨折)

このところ、交通事故や落下事故で骨折したワンちゃんがよく来院されています。

小型犬の場合、落下事故による前足の骨折が多くみられます。

 

先日来院された小型犬のワンちゃんはやはり前足を骨折していたため、プレート法にて整復固定を行いました。

 

今までのところ当院で手術した橈尺骨骨折のワンちゃんは幸いなことに問題なく全例癒合していますが、

特にトイ犬種と呼ばれる超小型犬種(トイプードル、チワワ、ポメラニアンなど)では骨が細く

治りにくくて癒合不全になる可能性がある犬種ですので落下事故にはお気をつけください。

 

↑手術前

 

↑手術後

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 19:57 | comments(0) | - | ↑TOP
交通事故(犬の骨盤骨折)

交通事故にあってしまい骨盤を骨折してしまったワンちゃんが来院されました。

最近ではヒトの世界でも悲しい交通事故のニュースを見聞きしますが、

このところ当院にも交通事故にあったワンちゃんがよく連れて来られています。

 

今回来院されたワンちゃんは、

飼い主さんと歩道を歩いていたところ、車道から自動車が突っ込んできて

かわいそうな事にワンちゃんが轢かれてしまったそうです。

あと少しの差で飼い主さんも一緒に轢かれてしまっていてもおかしくない状況だったそうで、

ちゃんとリードを着けて歩道を歩いていても、車に轢かれる可能性があるなんて…

防ぎようがないだけに怖いですね。

 

詳しく診察させていただき、

レントゲン検査などを行ったところ骨盤の骨が3か所程度骨折していたため整復手術を行いました。

 

↑下半身を轢かれたみたいで、皮下出血が認められます

 

↑Before 骨盤が3か所折れていました

 

↑After 骨盤骨折をプレート法で固定整復しました

 

 

↑After プレート法で骨盤骨折を整復固定しました

 

後は痛みが引き骨が癒合すれば歩けるようになるはずです。

早く良くなりますように…。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 17:36 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

明石の動物病院の先生からご紹介頂きまして橈尺骨骨折(前足の骨折)のワンちゃんが来院されました。

 

近年、放し飼いのワンちゃんがいなくなり交通事故は減りましたが、

ポメラニアン、チワワ、トイプードル、イタリアングレーハウンドなど前足を骨折してしまってよく来院されます。

ちょっとした高い所から落下しただけでも骨は折れてしまいます。

今回の子も超小型犬で、骨の厚みが割り箸より細い3mmしかないため「こんなに細いんだ!」と

飼主さんもビックリされていました。

 

今回も特殊なチタン製のロッキングプレートを使って骨折を整復しました。

このプレートは日本国内では販売されておらず入手が難しいのが難点ですが、

ステンレス製のプレートと違い生体親和性が高く適度な軟らかさがあり、

癒合不全を起こし難いためこの部位の骨折にはとても向いていると思います。

 

↑橈尺骨が折れています

 

↑プレートで固定しました

 

あとは2か月程度すれば骨が癒合するため、しばらく安静が必要です。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 10:19 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

先日、兵庫区にお住まいの前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

腰ぐらいの高さから落下したため骨折したそうです。

 

レントゲン画像を見てみると、

前足の橈尺骨の遠位端部分がポッキリと折れています。

やはり、若齢の体重が超小型犬種(チワワ、トイプードル)は前足を骨折するケースがとても多く、

そして骨癒合不全を起こしやすい骨折部位です。

 

そして特にこういった体重が1kg台の超小型犬で骨の末端で骨折しているケースでは、

骨折を整復して固定するのが技術的に難しいのですが、

今回も特殊なチタン製のプレート(ロッキングプレート)を用いて手術を行い特に問題なく整復固定できました。

 

このチタン製のプレートはステンレス製に比べて柔らかくて術後の骨癒合がスムーズだといわれており、

今までのところ幸いなことに癒合不全に陥ったケースは無く全例癒合してくれています。

しかし、再度の落下事故などがあるとプレートごと再骨折する可能性もあるため、

2〜3ヶ月間は安静にする必要があります。

 

 

 

落下事故にはお気を付け下さい!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 20:02 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

先日、須磨区にある動物病院の先生からご紹介して頂いて、

前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

ソファから落ちた?ため骨折したそうです。

 

レントゲン画像を見てみると、

前足の橈尺骨の遠位端部分がポッキリと折れています。

やはり、若齢の体重が超小型犬種(チワワ、トイプードル)は前足を骨折するケースがとても多いです。

 

そして特にこういった骨の末端で骨折しているケースでは、

骨折を整復して固定するのが技術的に難しいです。

 

今回も特殊なチタン製のプレート(ロッキングプレート)を用いて手術を行いましたが、

関節面に入らずにスクリュー2本を設置することができ特に問題なく整復固定できました。

 

↑橈尺骨が骨折しています

 

↑プレートを用いて整復固定しました

 

手術翌日には普通に歩き始めてくれていますが、

骨癒合まで2〜3ヶ月掛かりますので、もう少し安静が必要です。

がんばってくれました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:14 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

先日、明石の動物病院の先生からご紹介で前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

 

今回も超小型犬の代表的な骨折部位である橈尺骨骨折でした。

体重が2kg前半しかなく、

硬いプレートを使うと癒合不全を起こしたりするケースもあるため注意が必要です。

今回も特殊なチタン製ロッキングプレートを用いました。

 

あとは安静にして貰えれば2〜3か月程度で骨は癒合しますので、

もう少しの辛抱です。

↑橈尺骨が骨幹部で折れています

 

↑プレートで固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:43 | comments(0) | - | ↑TOP
老猫の後足の骨折

明石にある動物病院の先生からご紹介で、

後ろ足(脛骨)を骨折したネコちゃんが来院されました。

 

こちらのネコちゃん、

なんと20歳近い猫ちゃんなのですが運が悪いことに骨折してしまったそうです。

なんででしょうかね。

 

高齢ですし治りが悪そうではあるのですが、

粉砕骨折のため今回は創外固定という方法で骨折を整復しました。

 

骨が砕けているため近位と遠位の骨の大きさが小さくて苦労しましたが、

何とか整復固定することができて良かったです。

↑脛骨が粉砕して折れています(よく見ると骨に亀裂が長く入っています)

 

↑創外固定で固定しました

 

腎不全もある高齢猫ちゃんでしたので治るまでに数か月掛かりましたが、

無事に骨も癒合して完治してくれたので良かったです。

 

急に後ろ足を完全に挙げてしまっている場合は、

骨折か脱臼などがある可能性が高いため、早めに動物病院へ受診が必要です。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 13:00 | comments(0) | - | ↑TOP
大腿骨骨折

前回の大腿骨骨折のワンちゃんが来院された翌日に、またまた大腿骨骨折のワンちゃんが来院されました。

同じような症状の子が来院されるのは動物病院あるあるです。

 

今回の子は高齢の小〜中型犬のワンちゃんだったのですが、

ある日突然後ろ足を挙げるようになってしまったとのこと。

 

レントゲン検査をしてみると大腿骨が折れています。

こんな風に勝手に骨が折れることは通常は有り得ず、病的骨折(腫瘍などが原因?)の可能性もあると思われました。

 

飼主さんとご相談の結果、

いきなり断脚を行うのではなく、

まずは病理検査に必要な組織を採取してから、骨折部にはプレート固定を実施しました。

↑大腿骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

この後、病理検査の結果が問題なければ(腫瘍が検出されなければ)良いのですが…。

頑張ってくれました!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 19:07 | comments(0) | - | ↑TOP
大腿骨骨折

先日、滋賀県にある動物病院の先生からのご紹介で大腿骨骨折(太ももの骨の骨折)のワンちゃんが来院されました。

 

お近くの動物病院で大腿骨骨折の整復手術を受けられたものの、

しばらくしてから骨折部の整復と固定が緩んでしまったということで、当院まで連れてきて頂き再度整復手術を行うことになりました。やはりピンニングのみで骨折を固定するというのは難しいみたいです。

 

↑来院時の様子。

ピンで固定されていましたが、術後に緩んでしまっていました。

 

↑ロッキングプレートを用いて強固に整復固定を再度行いました。

 

術後は問題なく肢を使ってくれているそうで良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 18:29 | comments(0) | - | ↑TOP
上腕骨遠位の骨折(Y字骨折)

先日、前足をドアに挟んでしまってから肢を着かないというワンちゃんが来院されました。

 

この子の場合は体重が2kg程度のトイ犬種であり、

橈尺骨と呼ばれる前足の肘から下の部分がポキッと折れるのがとても多いです。

今回はそれとは違って「肘関節」周囲の骨が幾つかの骨片に割れて折れてしまっていました。

これは上腕骨遠位のY字骨折と呼ばれるタイプの骨折で、骨折の手術の中でも難易度が最も高いと言われています。

 

私も、右手の親指を3ヶ月程前にドアに挟んでしまった時ものすごく痛かったのを覚えていますが、

ドアに挟んで骨折するなんてかわいそうでお気の毒です…。

 

しかし、関節面での骨折は内固定を行いきちんと整復しないと歩けるようにならないため、

飼主さんとご相談の結果、整復手術を行うことになりました。

 

↑【術前】上腕骨遠位の部位がY字に骨折しています(レントゲン正面像)

 

↑【術前】上腕骨遠位の部位がY字に骨折しています(レントゲン側面像)

 

↑【術後】ラグスクリュー、ピンニング、ロッキングプレート、テンションバンドワイヤー法など

  を用いて整復を行いました(レントゲン側面像)

 

↑【術後】プレート等で固定しました。

 

術後は徐々に肢を着くようになり退院していってくれましたが、

骨癒合までに2〜3ヶ月程度かかるため安静が必要です。

 

飛び降りたり、ドアに挟まったりしないようお気を付けください。

 

術後の様子。だいぶ普通に歩けるようになりました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 18:22 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

先日、前足(橈尺骨)を骨折したワンちゃんが来院されました。

橈尺骨骨折はトイ犬種と呼ばれる犬に多く発生するタイプの骨折で、術後に癒合不全が起こり易いことでも知られています。

 

当院ではこの手の手術を得意としておりよく手術していますが、

チタン製の特殊なプレートを使用することと、運が良いためなのか、

今現在まで癒合不全が生じたことは無く全症例で治癒しています。

 

しかし、治すのが難しい骨折には違いないため、折れないようにするのが一番大切です。

小型犬(特にトイ犬種の若いワンちゃん)は落下事故にご注意ください!

↑手術前 

 

↑手術後(2〜3ヶ月程度で治癒していきます)

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:18 | comments(0) | - | ↑TOP
脛骨の骨折(後肢の骨折)

先日、

大阪の動物病院の先生からご紹介いただいて来院された柴犬のワンちゃんの後ろ足の整復手術がありました。

 

このブログでは骨折の話題をよく載せていますが、

実のところ近年、骨折するワンちゃんは少なくなっています。

 

犬猫を放し飼いをしなくなったこともあり交通事故は減っていますし、

都会では骨折は小型犬のものと決まっています。(←独断と偏見)

ということで柴犬という中型犬の骨折は都会では近年珍しいものです。

 

ちなみに、

今回のワンちゃんが骨が折れた原因は後ろ足が側溝に嵌まってしまったことが原因だそう。

ちょっとぶつけただけでも痛いのに骨が折れるとは…かなり痛そうです…。

 

治す方法を色々検討した結果、

想像した以上に骨片がバラバラになって粉砕骨折していたため、

今回は骨折部を直接触らなくて済むメリットがある創外固定と呼ばれる方法で整復固定を行いました。

 

この手術手技は使い易い部位と使い難い部位もあるのですが、

感染がある骨折や粉砕骨折などではとても有用な方法です。

 

術後は徐々に患肢を着き始めてくれているので良かったです。

 

皆さまも溝に嵌まらないようにお気を付けください。

 

↑脛骨、腓骨が骨折しています(側面像)

 

↑脛骨、腓骨が骨折しています(正面像)

 

↑創外固定法にて整復固定しました(側面像)

 

↑創外固定法にて整復固定しました(正面像)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:47 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

毎日朝晩冷え込みますね。

風邪を引いた動物病院スタッフは今のところ居ない?のが幸いなのですが、

インフルエンザが大流行していますので皆さま体調にはお気を付け下さい。

 

先日、

自転車のカゴから落下したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

更に右前肢が車輪のスポークに巻き込まれてしまい、骨折+前足がプラプラになってしまったそうです。

想像しただけで痛そうですね…。

 

自転車の前カゴにワンちゃんを乗せてサイクリングへ出発〜!などの場面を想像すると、

「とても楽しそうでいいなあ〜、愛犬をカゴに乗せてピクニックへ行ってみたいなあ〜」と思うのですが、

 

しかし、

 

獣医師の視点から見ると、

自転車のカゴ+小型犬=(骨折)事故!」の恐ろしい方程式が

浮かび上がりますので皆さまお気を付けください。

 

 

↑前足があらぬ方向へ曲がって、プラプラになってしまっています。

 

 

↑橈尺骨が折れてしまっていました

 

↑プレートで固定しました

 

骨だけではなく肢の神経や靭帯なども断裂していないか心配していましたが、

術後数日で問題なく患肢を使えるようになりお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:29 | comments(0) | - | ↑TOP
3階から落下した猫ちゃん(尺骨骨折、肘関節脱臼、モンテジア骨折)

3階から落下で来院した猫ちゃんを明石の動物病院の先生からご紹介して頂き、

診察させていただいたところ前肢の尺骨に骨折、肘関節の脱臼が見られました。

 

尺骨が骨折して橈骨が脱臼するモンテジア骨折です。

 

↑肘関節がほぼ完全に脱臼しており、尺骨も粉砕骨折しています。

 

この骨折は肘の機能が著しく傷害されるため正しく整復することが重要です。手術は尺骨をプレートで固定して、橈骨は脱臼を整復した後、橈骨、上腕骨、尺骨間をスクリューとワイヤーを用いて支持固定しました。

 

 

 

 

 

驚異的にすごい回復力の持ち主の猫ちゃんでしたので、

翌日には痛めていた肢を着いて普通に歩いており、術後3日目には退院していってくれました。

 

術後は安静にする必要がありますが経過が良ければ1か月ぐらいでワイヤーを摘出します。

 

猫ちゃんが飛び降りる高さは2階からは大丈夫でも、3階は危険なのかもしれません。

 

足場の硬さや状態にもよりますのでマンションなどにお住まいの方は十分お気を付け下さい!

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 18:38 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

今週に入ってから明石の動物病院の先生から紹介して頂いて、

トイプードルちゃんの前肢の骨折整復手術が2件連続してありましたのでこの件について。

 

近年、トイ犬種(トイプードル、チワワなど)の橈尺骨骨折(前肢の骨折)の発生件数が増加しています。ソファーから飛び降りたり、ちょっとした高さから落下するだけで骨は簡単に折れてしまいます。ギプスなど外固定のみで治療すると癒合不全に陥ることがあり、多くの症例では整復手術が必要になります。
トイ犬種は体重が1〜4kg程と小さく骨の厚みも2-3mmしかないため骨折の整復には特殊な器具と難易度の高い繊細な手技が必要です。
当院では症例に応じてプレート法(LCP、チタンプレートなどを使用)、髄内ピン法、創外固定法などを選択・応用し治療を行っています。
 

今回も、固定強度が強すぎず、癒合不全が起こりにくいタイプのプレートを使って骨折を整復しました。

 

この部位の骨折は固定が弱くても、強すぎても癒合不全が起きる可能性があり、

当院では幸いなことに深刻な問題が生じたことは今までにありませんが、

整復に使用する器具の選択や手術手技も繊細で一度トラブルが発生すると骨折の中でも大変な箇所です。

 

この5ヶ月齢のトイプードルの2頭は前肢の骨の幅はわずか5mm以下、厚みは3mm程度しかないため、

「そりゃ折れるよね」という骨の繊細さでした。

 

髄内ピン法や創外固定法と違い、プレート法は安定性が高いため固定した翌日には前肢を使って走ったりもできてしまうのですが、

 

骨が癒合するまで2か月程度は安静が必要です。

 

特に子犬ちゃんは落下事故に気を付けてください。

 

症例1

↑術前

 

↑術後

 

 

 

症例

↑術前

 

↑術後

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 20:20 | comments(0) | - | ↑TOP
脛骨の骨折(後肢の骨折)

大阪の動物病院の先生からのご紹介でシェルティちゃんが来院されました。

X線検査を行ったところ後肢の膝から下の骨が完全にポッキリ折れてしまっている様子。

高いところから落ちてしまったとのこと。

 

今回もチタン製のロッキングプレートで固定を行い、

無事に手術も終わり帰っていってくれました。

 

若いワンちゃんなので1〜2か月程度で治ってしまうと思うのですが、

また飛び降りないように気を付ける必要があります。

 

特に小型犬を飼われている飼主さまは、飛び降りたり落としたりされないようにお気を付けください。

 

↑脛骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:57 | comments(0) | - | ↑TOP
うさぎの骨折(前肢:橈尺骨の骨折)

当院ではうさぎの患者さんも多く来院されています。

 

前足を骨折してしまったうさぎさんが来院されたので今回は「うさぎの骨折」について。

 

うさぎは被捕食動物(食べられてしまう方の生き物)であり、捕食動物(肉食動物)から逃げるために身体が軽く、骨も軽くなっています。体重に対する骨の重さが猫が1/8なのに対し、うさぎは1/13ととても軽く、骨自体がとても薄く折れやすいです。

 

そのため、犬や猫と同じようにプレートで固定したりドリルで穴を開けようとしたときに、

骨に亀裂が入ったり割れたりすることが多く、犬や猫と同じようにはなかなか治療できません。

 

今回のうさぎさんはケージの中でバタバタした時に、前足が折れてしまったそうです。

同じように、爪切り時などに飛び上って自身の力で腰骨を骨折したりすることもあるため注意が必要です。

 

↑前足の橈骨、尺骨が骨折しています。痛そうですね…。

 

↑前肢の橈骨、尺骨が骨折しています

 

 

 

飼主さんとご相談の結果、今回は外固定(ギプス固定)で治療をしていくことになりました。

 

↑骨の幅や厚みが3mm程度しかないこともあり、ギプス固定を実施しました。

骨が癒合するのに2〜3か月かかるはずです。

 

うさぎは骨折しやすいため事故にお気を付けください。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 19:51 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折・癒合不全症例について解説)

キャットタワーから落ちてしまい、それから片側の前足を完全にあげてしまったという猫ちゃん、

ではなくワンちゃん!が来院されました。

お話をお伺いすると、結構高めのキャットタワーから落下してしまったとのこと。

犬もキャットタワーに登るものなのですね。

 

同居の猫ちゃんのマネをしたのかな…。

キャットタワーから落ちて骨折したワンちゃんをみたのははじめてです。

 

レントゲン検査を行うと、残念なことにやはり前肢の骨が2本とも折れてしまっていました。とても痛そうですね…。

↑橈骨+尺骨が骨折していました

 

前足の骨折はギプス固定での治療が難しく変形癒合や癒合不全の原因になることがあるため、

飼主さんとご相談の結果、術後成績の良いチタン製ロッキングプレートを使って整復・固定を行うことになりました。

↑プレート法で整復固定を行いました。

Open、but don`t touch.の原則に則り、骨癒合に有益な成分を温存するために骨折端を一切触らずにプレートを設置しました。

手術後、翌日に患肢を使って歩き出して、問題なく退院してくれたので良かったです。

 

さて、ヤフー知恵袋を見ていると、

犬の骨折についての深刻な質問があったのでご紹介します。

 

犬が骨折をしてしまいました。アドバイスをお願いいたします。

去年の12月に犬が骨折をしてしまい手術をしてプレートをいれました。先生にプレートはいつとるのですか?と聞いたら「様子を見てとります。」といわれ今月3月にまた逆の前アシを折ってしまいました。同じ先生に診てもらおうと病院に行ったのですが計画停電の事もありすぐには手術できないですが、その日は入院させて下さいと言われ犬を預けて行きました。すぐに手術できないのであれば入院費がかかるからと次の日に犬を迎えに行きました。すぐに手術をしてくれる病院を探して下さいと病院に言われ・・・・

すぐに病院を調べ、何件も犬を連れて回りました。どこの病院も手術を断られ・・・・最後に行った病院に何件も回ってみんなに断られてしまいましたと・・・先生は「正直この手術はみんな断ると思いますよ。」と・・・・
レントゲンをみて前回折れてしまったほうのあしの骨が溶けてしまいスカスカの骨になっていたのです・・・・

 

以下略

出典:ヤフー知恵袋より

 

 

 

去年12月に骨折してプレート法で手術を行ったけれど、

今年3月にレントゲン検査をすると手術した足の骨が溶けていたという事になってしまったようです。

恐らくトイプードルなどの超小型犬種だったのではと思います。

 

 

このようなことは超小型犬が増えている現在では珍しくないです。

別記事⇒犬橈尺骨の癒合不全(トイプードルの前足骨折)

 

 

プレート法で手術時は骨を上手く固定できていたとしても、

しばらくしたらプレート下の骨が溶解してしまうような事態が起こり得るため、

この子の場合でも、手術後も1〜3週間おき程度に定期的にレントゲン検査を行っていった方が良かったかもしれません。

もし骨が癒合せずレントゲン検査上に癒合不全の兆候があれば、

早めにスクリューを抜いたり、再手術を行ったり、固定強度を調節したりしていきます。

 

超小型犬の前足の骨折はこういう事態に陥りやすいですし、

使うプレートが合わなかったり、

術後管理が不十分だとまずいことになり易い難しいタイプの骨折ですので気を付ける必要があります。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 20:18 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

以前、前足(橈尺骨)を骨折したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

 

1年半くらい前にベッドから飛び降りて片側の前足を骨折してしまい、

お近くの動物病院で骨折の整復手術を受けられたとのこと。

その後は普通に歩けるようになったそうです。

 

そこまでは良かったのですが、

術後1年以上くらい経過してから手術を受けた動物病院さんでみてもらった時に

「骨折した部位の骨が溶けてきている」

と指摘されプレートを外されたそうです。

 

すると、

プレートを外したところの骨が脆くなっていたため(プレート下の骨には力が加わらず骨が脆くなり易い)、

なんとその部位で再び折れてしまったのでした。

 

その後、3か月経った今も全く足を着くようにならないとのこと。

先生とのご相談では「骨が細くなっているため再手術は不可能」という結論になったそうで

包帯やギプスのようなものを装着したりしたものの改善しなかったそうです。

通常、3か月間経っても足を全く使わない、というのはほぼ間違いなく異常が起こっています。

 

一般的に、

トイプードル、チワワ、ポメラニアンなどの超小型犬種では

特に今回のようなケースが発生しやすく前肢骨折では癒合不全が生じ易いといわれており、

プレート固定を用いた場合でも12.5%に合併症が発生するとの報告もあります(通常の骨折の2〜3倍の発生率)。

 

 体重も2kgくらいで、骨幅も2〜5mm程度しかない場合が多いため手術が繊細で難易度が高く、

執刀獣医師がこの骨折整復手術に慣れていないと、ただでさえ少ない軟部組織や血流を傷めつけて、

癒合不全が発生しやすいので注意が必要です。

また、症例の状態や活動性なども考えて、整形外科の基本原則を守り、使用するプレートの種類や、

固定の方法(髄内ピン、ギプス固定、プレート固定、創外固定など)の選択をしなければ簡単に癒合不全に陥ってしまいます。

 

そのため実際に合併症が出るケースも多く(12.5%の確率)、

癒合不全に陥ってしまったりすると、ワンちゃん、飼主さまはもちろん、

執刀した獣医師も胃が痛い日々を過ごすことになる獣医師泣かせなやっかいな骨折です。

 

↑橈尺骨が骨折しており完全に癒合不全に陥っています

 

このまま固定不良の状態では経過を見ていっても悪化はしても改善することは無さそうです。

飼主さんのご希望により当院にて再手術を実施することになりました。

 

↑ダブルプレート法で固定しました

 

前回の手術から1年間以上、再骨折してから3か月以上も経過しているため、骨折部を新鮮創にして固定後、海綿骨移植とPRP(Platelet Rich Plasmaの略:多血小板血漿)、FGF(線維芽細胞増殖因子:Fibroblast Growth Factors)の投与を行いました。今回も、海外から個人輸入したチタン製の特殊なプレートシステムを採用して整復手術をしています。

 

術後、1週目ぐらいから患肢を使いだし、術後3か月ほどで骨も無事に癒合して問題ない歩様に回復してくれました。

今回、プレートは飼主さまの希望もあり、外さすに経過をみていくことになりました。

 

 

当院は外科全般(整形外科)に力を入れており他院の先生からご紹介頂くことがあります。

ご紹介頂いた癒合不全症例の再手術を含めて、手術させて頂いた骨折のワンちゃんは全頭完治しており治らなかったケース(癒合不全になった症例)は今のところ幸運なことに1例も有りません。

が、術後(骨が癒合するまでの2〜3か月の間)に高いところから飛び降りたりするとプレートごと崩壊する可能性もあるため気をつけないといけません。

 

飼主のみなさまは落下事故にお気を付けください。

 

All is going well, but complications can/will occur at any time.

Continue to learn and not become complacent.

Continue improvements in implants & techniques. 

Randy J. Boudrieau DVM, Diplomate ACVS, ECVS Professor of Surgery Cummings School of Veterinary Medicine Tufts University 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
中手骨骨折(前足 指の骨折)

昨日、前肢を骨折したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

足を浮かせていてとても痛そうにしています。

 

こういったケースでは、

ほとんどの場合「橈骨と尺骨」が折れているものなのですが、

今回のワンちゃんは前肢の「指」の骨が4本とも全て折れてしまっていました。

どうやったら4本とも折れるのでしょうか?ふしぎです…。

 

とりあえず、このままではとても痛いですし変形して癒合してしまうと将来的に痛みが続いてしまう可能性もあるため、

髄内ピンで整復行い、外固定を行いました。

 

↑OPE前

 

 

↑OPE後

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
大腿骨のプレート固定

年末に大腿骨のプレート固定を行う機会があったのですが、

今回は固定強度を考えてダブルプレーティング(2枚のプレートで固定)で固定しました。

インプラントはロッキングシステムを使っているため完全なベンディングは不要で手術時間が短くて済み、

固定強度が高く安心感があります。

無事に癒合しますように…。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(両前肢の骨折)

昨日、またまた前足を骨折したワンちゃんが来院されました。

この子はまだ若いチワワちゃんで、かわいそうな事に両前肢が折れてしまっています。

両前肢が折れると片側の肢で体重が支えられないため、やっかいです。

 

こういった場合の選択肢として(上から順にお勧め順)、

1、プレート固定(ステンレス製 or チタン製)

2、創外固定

3、髄内ピン+外固定(ギプス固定)

4、外固定のみ(ギプス固定)

 

などが挙げられます。

コスト的には上の方が高い(治療成績が良い順)です。

 

プレート固定の中にも種類があり材質にステンレスかチタンがあります。

ステンレスの場合は固い金属のため、ちょうどいいタイミングで再手術を行いスクリュー(ネジ)を抜いてあげて

固定強度を弱めたり、再々手術でプレートを抜去したりして段階的に強度を落とす必要がでてくることが多いです。

(プレートをそのままにしておくとプレート下の骨が脆く細くなってきてしまうことがあります)

↑以前診察させて頂いたこのような状態に陥ってしまった症例

 

それに対してチタン製プレートは柔らかい金属で生体親和性も高いため、

2回目や3回目の再手術が基本的には必要なく、

コスト的に問題が無ければ当院では第一にこのプレートを採用しています。

初期コストはステンレスより高いのですが、

ほとんどの場合再手術が不要(再手術分のコストと患者さんの負担が不要になるので、トータルコストは同じくらい?)、

そして問題なく癒合することからおすすめしています。

 

また、この部位の骨折は治療が非常に難しくなることがあり、

手術したものの癒合不全に陥ってしまうケースも有り得るのがやっかいなところなのです。

 

飼主さんとよくご相談の結果、

コスト面で優れている外固定(ギプス固定)を選択されたため、

両前肢をキャスト包帯(骨折した時に病院で着けてもらうアレです)で固定しました。

 

通常、手術をしないでギプス固定だけでは上手く治らず、癒合不全に陥ってしまう確率が高いといわれています。

外固定のみでは「トイ〜ミニチュア種の8頭中6頭が癒合不全になった」、「82%で癒合不全になった」、という報告があります。

このような危険性がありますので、よほど変位が少ないヒビ程度の骨折以外では基本的にギプス固定を行うのは本来は避けた方よいのかもしれません。

両前肢が何とか治りますように…!

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ