神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
カメの甲羅が赤くなっている場合の対処法【甲羅の感染症】

 

先日、珍しい種類のカメさんが来院されました。

その名も「ブランディングガメ」(Emydoidea blandingii)という北米原産のカメです。

 

こちらのカメさん、

甲羅(腹甲の一部)が赤くなっていて、様子がおかしいという主訴で来院されました。

 

このように、

カメの甲羅が赤色になっている場合、

カメ自身や甲羅が感染症に罹患している可能性があります。

 

 

原因

 

 

甲羅の感染症は飼育環境(温度、水の汚れ)が悪かったり、外傷がきっかけとなり発症することが多く、

二次的に細菌感染や、真菌感染、寄生虫の感染が引き起こされます。

 

この細菌感染や真菌感染は日和見感染であり、もともとカメ自身が持っている菌が、

何等かの原因(若齢、不適切な食餌内容など)で免疫力が落ちた場合に増殖してしまい感染が広がっていきます。

 

 

症状

 

 

甲羅に感染がおこると、まず甲羅に赤色の部位が少し出てきます。

さらに進行すると、赤色の浸出液が染み出てくるようになったり、甲羅の一部が脱落することもあります。

 

 

診断

 

 

視診、触診などから感染症を疑います。

病変部位の細胞診を行い、細菌、真菌、原虫、寄生虫などが居ないか調べます。

どのお薬が効くかを調べて(薬剤感受性試験)適したお薬を使います。

 

 

治療

 

 

まず、飼育環境(温度、水質、UV、餌の種類など)の見直しを行います。

 

細菌や真菌感染が部分的な場合は、十分に甲羅の洗浄を行い、

ポピドンヨード液を希釈して1日1、2回薬浴を行ったり、

局所的に抗生物質の軟膏を塗布したり、

水から定期的に1〜2時間程度出して乾燥させたりします。

 

全身的に細菌感染が見られる場合は、薬浴に加えて、全身的な抗生物質の投与を行います。

真菌感染の場合は、マラカイトグリーンを使った薬浴も効果があります。

 

 

今回のブランディングガメの場合、

甲羅の赤くなっている部位のスメア検査(サンプルを採材して顕微鏡で調べる検査)を行ったところ、

寄生虫が大量に検出されたため、抗寄生虫薬を投与することになりました。

 

 

さいごに

 

治療を行っても飼育環境に問題があると再発し易いため、

再発予防のためにも環境(温度、UV、餌など)を見直してみてください。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | カメの病気 | 19:19 | comments(0) | - | ↑TOP
カメの手足がかじられる事故発生!アライグマに注意!!

垂水オアシス動物病院では犬猫以外にも色々な動物(うさぎ、ハムスターなどの小動物や、両生類、爬虫類など)を診察しているため、このところ、当院へカメの患者さんがよく来院されます。

 

先日の出来事なのですが、

屋外の水槽で飼われているクサガメちゃんが何者かによって手足を食べられてしまい来院されました。

不幸中の幸いで頭は甲羅の中に隠れることが出来たようでしたが、

手足が無くなってしまっており、大変なことになっています。

 

さっそく、食いちぎられた部位を洗浄、消毒して糸で縫合し、抗生剤の注射をしました。

 

 

いままで数日経過を見ていましたが、食欲も戻ってきて徐々に回復してきてくれているそうでほんと良かったです。

手足が不自由で動けないものの、飼い主さまの看護により食餌もとれるようになったご様子。

 

屋外の水槽でカメを飼育されている飼い主さまは、

アライグマなどの野生動物が近年増えており、カメさんがその被害に合う可能性があるのでお気を付けください!!

水槽に侵入されないように、網を被せるなどの対策を!!お勧めします。

(当院だけでも2例目の被害にあったカメさんです)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | カメの病気 | 20:57 | comments(0) | - | ↑TOP
カメの鼻水、涙が出る、呼吸音がする、眼の腫れの原因は?【カメの上部呼吸器疾患・鼻炎】

鼻から何か「ヒューヒュー、ピーピー」と変な呼吸音が聞こえるようになった、

という主訴でカメが動物病院に連れて来られることがあります。

このような場合は、なんらかの呼吸器疾患の可能性がありますので注意が必要になります。

(カメの中でも呼吸器疾患は、水棲ガメには少なく見らリクガメに多くみられる

 

哺乳類と同じようにカメの呼吸器系は上部呼吸器と下部呼吸器に分類されます。

上部呼吸器とは鼻周辺のことを言い、下部呼吸器は気管や肺などをいい、

今回は上部呼吸器疾患(鼻炎)についてカメを診察している獣医師が解説してきます。

 

原因

感染性:細菌、マイコプラズマ、ウイルス、真菌 ⇔ほとんどの原因は感染性

 

非感染性:異物(床材のチップなど)、外傷

 

多くの場合、

不適切な飼育管理(温度湿度、食餌内容、ケージ、ビタミンA不足、多頭飼育など)や、

ストレス(温度の変化、栄養失調、繁殖期、冬眠など)などの免疫低下時に引き起こされる。

 

症状

上部呼吸器疾患になると、鼻水、流涙、眼周囲の腫れ、口内炎などが認められます。

鼻水は感染を起こすと、白く濁るようになってきます。

 

症状が進行すると、鼻水や膿などで鼻孔が塞がってしまい呼吸が出来なくなるため、

開口呼吸をしたり、呼吸をするために前足を動かしたり、頭を伸ばす様子が見られるようになってきます。

食欲の低下や活動性の低下が認められます。

水棲ガメでは水中に潜れなくなったり、水中で傾いてしまったりすることもあります。

 

 

診断

問診(飼育環境、餌などの聞き取り)や身体検査を行い、上記の症状が認められれば上部呼吸器感染症を疑います。

その後、鼻水の細胞診検査、細菌感受性検査(どの種類の抗生剤が効くかどうか調べる検査)、レントゲン検査、

場合によってはCT検査などを実施していきます。

カメの状態によっては念のためレントゲン検査を実施して、肺炎になっていないか確認が必要です。

 

治療

まず飼育環境の見直しを行います。

環境温度の設定はそれぞれの種類の至適温度の範囲で高めの温度を維持するようにします。

細菌感受性試験の結果に基づいて、抗生剤を選択して全身投与(経口投与など)します。

また、鼻腔洗浄を行ったり、ネブライザーを使って蒸気や薬剤を吸入することも有効です。

 

 

最後に

慢性化してこじらせないようにするために、鼻の症状が気になる場合は早めに動物病院へ受診させてあげて下さい。

 

| tarumioasis2 | カメの病気 | 08:56 | comments(0) | - | ↑TOP
カメの皮膚感染症(水カビ)

眼の周りに白いモヤモヤがついているカメさん(クサガメ)が来院されたので今回はこの件について。

 

カメの皮膚や甲羅に白いモヤモヤがついていることがあります。

 

↑目の周りに白いモヤモヤがあります

 

水棲ガメでは、皮膚と甲羅に感染症が発生し易く、

このモヤモヤがあるカメは感染症に罹患しているかもしれません。

 

今回はこの皮膚感染症についてカメの診察をしている獣医師が解説します。

 

 

原因

第一に飼育環境が良くないと皮膚や甲羅に感染症が発生し易くなります。

 

温度が適温に保たれていない、外傷がある、甲羅干しができていない、水替えをしておらず水質が悪化している、

食餌の栄養分バランスが悪い、などの悪条件が重なると免疫力が下がり、

ふだんなら悪さをしないような常在菌である細菌やカビが過剰に増殖して皮膚病になってしまいます。

 

特に抵抗力の低い幼いカメに多くみられます。

 

症状

眼の周り(瞼)や四肢に白いモヤモヤができてきて、次第に全身に広がっていくことがあります。

皮膚病が悪化すると、状態が悪くなり、皮膚や爪が脱落したり、食欲がなくなることも。

 

甲羅に感染を起こすと、赤みが見られたり、更にひどくなると甲羅の鱗板が取れてしまうこともあります。

 

治療

皮膚の感染症は、軽度のものであれば定期的に乾燥させるだけで治ることもあります。

消毒をする場合は、希釈したヨード液(イソジン液)の中で1日1、2回薬浴し、1〜2時間は皮膚を乾燥させるようにします。

ただし、乾燥させすぎても脱水症状に陥るため注意が必要。

 

重度の感染症がある場合は、薬浴に加えて、抗生物質の投与を行います。

カビの感染の場合は、マラカイトグリーン(0.15mg/L水、1時間、薬浴、14日)で薬浴するのも効果的です。

 

甲羅に感染がある場合は、薬浴以外にも抗生物質を投与して治療していきます。

 

 

まとめ

飼育環境が良ければ皮膚感染症にはなりにくいため、

治療と並行して、飼育環境を改善することが何より重要になります。

一度治っても環境が悪いと再発するので気をつけましょう!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | カメの病気 | 13:31 | comments(0) | - | ↑TOP
カメの代謝性骨疾患

最近、カメさんが来院されることが多いので、

今回はカメについての記事です。

 

爬虫類全般にも言えることなのですが、

餌の種類や飼育環境に問題があると、カルシウムが不足してしまい、

代謝性骨疾患」になってしまいます。

 

代謝性骨疾患とは、

体内のカルシウム不足が原因で、骨が脆くなったり、曲がったりする疾患で、

飼育管理に問題がある成長期のカメに多発します。

 

カルシウム不足が続き、甲羅が変形したり、骨が曲がったまま成長してしまうと、

治すことが出来なくなるため、カメが若いうちに対処することが重要です!

 

詳しく解説すると、

代謝性骨疾患の原因は大きく2つに分けられます。

 

 ̄浜楡上皮小体機能亢進症

原因

食餌の中に含まれるカルシウムが不足した場合、リンが多すぎる場合、紫外線(UVB)不足により

ビタミンD合成が足りない場合に発生します。

 

症状

成長期の幼いカメに見られる事が多く、体内のカルシウムが不足すると、骨が吸収されてしまい、骨が脆くなります。

このような状態が続くと、甲羅の変形や骨格の変形が引き起こされます。

ひどい場合には、歩くことも出来なくなることさえあります。

 

診断

食餌のカルシウム含有量を確認し、UVランプなどの照明器具や日光浴の頻度などを確認して診断をつけていきます。

 

治療

食欲がある場合は、カルシウム含有量の多い食餌に変更し、カルシウム剤(20〜50mg/kg1日1回)を食餌に混ぜて与えます。

食べない場合は、動物病院にて、カルシウム剤やビタミンD剤の注射を行います。

また、ビタミンD合成に重要となる紫外線を浴びるために、日光浴をさせたり、UVBランプを使用する必要があります。

 

⊃媽続発性上皮小体機能亢進症

原因

腎臓の機能が低下すると、リンの排泄障害が引き起こされます。

リンが体内に溜まると、カルシウムが排泄されてしまい、低カルシウム血症に陥ります。

また、腎臓でビタミンDが活性化しにくくなるため、腸からのカルシウム吸収が低下し、

骨が吸収されて脆くなってしまいます。

 

症状

衰弱し、食欲不振があり、甲羅が柔らかくなったり、変形したりします。

 

診断

血液検査にて、尿素窒素、尿酸、カルシウム、リン濃度などを測定します。

 

治療

輸液や抗生剤の投与などを必要に応じておこないます

 

まとめ

カルシウムをとり、UVBランプを照射したり、日光浴をするなど飼育管理が良くできていれば

代謝性骨疾患に罹患しにくくなります。

カメを飼育されている方は、食餌や紫外線量などが大丈夫か一度チェックしてみて下さい。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です) 

| tarumioasis2 | カメの病気 | 20:30 | comments(0) | - | ↑TOP
カメのおしりから何かが出てきてる場合の対処法【陰茎脱編】

カメを長く飼育していると、

かめのおしり辺りから「あれ!?何か黒いものが出ている!」ことに気づくことがあるかもしれません。

 

実はこれ、亀の体内から何かの臓器が出てきてしまっている状態なのです。

 

オスならペニスが出てきて戻らなくなる陰茎脱や、

メスなら卵管が出てきてしまう卵管脱、

膀胱が出てきてしまう膀胱脱、

腸が出てきてしまう直腸脱、

などの病気が考えられます。

 

このまま様子をみて放置すると、

危険な状態に陥ってしまうことも。

 

ここではカメが「陰茎脱」になった時に、

どのように対処していけば良いのか、

爬虫類を診察している獣医師が徹底解説していきます!

 

結論

陰茎脱→急いで動物病院へ

 

内臓脱出の原因

 

カメの内臓が出てくることは比較的よくみられ、他の爬虫類よりも多いといわれています。

 

爬虫類には肛門が無く、その代わりに総排泄孔があります。

総排泄孔には、消化管、生殖器、尿路がつながっているため、腸や、卵管、陰茎、膀胱が総排泄孔から出てくる可能性があります。

たまに総排泄孔自体が脱出してくることも。

 

陰茎脱は、繁殖期、甲羅の変形によるもの、神経的な異常、外傷、低カルシウム血症、膀胱結石に続いて起こることもあります。

 

カメの陰茎は普通でも時々、総排泄孔から出てきます。しかし、通常はすぐに総排泄孔に収納されます。

陰茎脱とは陰茎が総排泄孔から出てきてしまい元に戻らなくなった状態であり、

脱出したままだと陰茎が傷ついて出血したり、壊死したりすることも珍しくありません。

 

治療

内臓が出てきてしまった場合は、脱出している内臓が何なのかを判断して早急に治療する必要があります。

 

陰茎が脱出していた場合、押し込んで何針か総排泄孔を縫合します。

ただ、どうしても戻らないようであれば、脱出した陰茎を根本で切断する必要があります。

(※注意:動物病院でやってもらいましょう)

 

 

最後に

ふつうの人なら「おいおい、カメの陰茎を切ったらおしっこが出なくなるんじゃないの?」と

考えると思います!

しかし、ご安心を。

亀の陰茎には尿道が無く、切断しても生活していく上で問題は全くありません。

 

カメのおしりから何か黒いものが出ている場合は、

早めに動物病院へ連れて行きましょう。

 

↑総排泄孔から陰茎が脱出しています

 

 

↑押し込んでも戻らず、何日かしても戻らず、食欲も低下してきたため、

陰茎を切断しました(´;ω;`)

 

 

↑手術後の様子。甲羅の中に隠れています…。

この後、食欲も復活して回復してくれました。

 

 

垂水オアシス動物物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | カメの病気 | 20:45 | comments(0) | - | ↑TOP
【亀の甲羅破損】カメの甲羅が割れたときの対処法

先日、甲羅を野生動物に齧られてしまったカメさんが来院されたのでこの件について。

 

↑甲羅が骨折しています

 

カメの甲羅が割れてしまったり、破壊されてしまったら、大変ですよね。

よくあるケースでは、犬に噛まれた、野生動物のアライグマに噛まれた、高いところから落ちてしまった、鳥につつかれてしまった、車にひかれてしまった、などでしょう。

現実のカメは、ゲームに出てくるカメみたいに甲羅を脱ぐことはできません。

甲羅が割れてしまったままでは、生きていくことができず、危険な状態に陥ってしまいます。

今回は、甲羅が割れてしまった時の対処法について、カメを診察している獣医師が解説します。

症状

甲羅が割れてしまっている場合(甲羅の骨折)、甲羅の鱗板の下にある骨も折れているケースがあります。

骨が折れてしまい、骨が変位していると、その隙間から内臓が出てきてしまうことも。

甲羅の骨折によって、肺の損傷、出血、ショック状態になってしまうこともあります。肺に損傷があった場合、危険な肺炎に罹患してしまうこともあるため要注意です。

診断

動物病院では、視診の後に、X線検査(エコー検査なども)を使って、甲羅骨折の破損の程度を調べます。

治療

甲羅が骨折している場合、痛み止めを投与し、身体が冷えないように保温、抗生剤投与、輸液投与などを行います。

骨折したタイミングが直前の場合は、直ちに骨折を整復固定していきます。

ただし、状態が悪ければ、輸液をしたり、酸素を吸わせたり、抗生剤の投与を行って、状態を改善させることが優先になります。

骨折してから時間が経過している場合は、抗生物質を使って感染症の治療を行い、感染症のコントロールをしてから、骨折の整復固定を実施します。

甲羅の骨折を治すには、プレートで固定、スクリュー+ワイヤーで固定、ワイヤーで固定、エポキシパテで固定する方法があり、骨折の状況により適宜選択されます。

甲羅の骨折が治るまでに、長いと半年から一年間くらいかかることがあります。

 

最後に

 

カメの甲羅が割れるとびっくりして慌ててしまうと思いますが、

慌てず急いで動物病院へ連れていってあげてください。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | カメの病気 | 13:26 | comments(0) | - | ↑TOP
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ