神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
マダニの感染症(重症熱性血小板減少症候群(SFTS))

​マダニから人にうつるウイルスによる病気(SFTS)が西日本中心に発生しています。

先月になって、少し気になるニュースが報道されていました。

 

「厚生労働省は10日、飼い犬と接触した徳島県の40代男性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたと発表した。男性と犬はともに回復している。犬からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。

 厚労省や国立感染症研究所によると、今年6月上旬に男性の飼い犬が体調を崩し、下痢などが続いたため動物病院を受診した。同月中旬には男性が発熱や下痢などをするようになり、医療機関を受診。同月末になって犬がSFTSと診断された。男性は1週間ほどで回復した。

 男性は飼い犬にかまれていないが、体調を崩した犬の看病でウイルスに汚染された唾液などに触れ、感染した可能性があるという。

 SFTSの初期症状はだるさや発熱などで、5日〜6日後ごろから意識障害や出血が起きることもある。重症化しやすく、致死率は約20%とされており、特効薬はない。

 これまで西日本を中心に303人の患者が報告され、死亡例は全て50代以上という。今年7月には西日本に住む50代女性が野良猫にかまれてSFTSを発症し、10日後に死亡したことが判明。猫からヒトへの感染事例はこれが初めてだった。」

【日本経済新聞2017.10.10付より】

 

という記事が載っていました。

今回感染した方は回復されたそうで本当に良かったのですが、

このウイルスに感染してしまい亡くなられる方が増えているそうです。

 

「ノミとかダニなんて見たことないし予防したことが無い。」とおっしゃる飼主さんもおられますが、

御存知ないだけで本当に身近なところにどこにでも潜んでいます。

動物達のためなのはもちろん、飼主さんや下痢をしているワンちゃんを日々診察している動物病院スタッフの為にも

予防をお願いします。

 

原因:

SFTSウイルスに感染することです。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染すると言われています。また、人から人への感染は認められています。最近まで動物から人への感染については報告されておりませんでしたが、犬から人への感染事例が報告されました。https://www.bayer-pet.jp/vet/support_info/madani-poster-sfts2014.pdf(潜伏期:6日〜2週間)

 

主な症状
発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。

 

  • マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を予防するためには,マダニに咬まれないようにすることが重要です。
    マダニの活動が盛んな,春から秋に多くの発生が見られることから,農作業やレジャーなどで,森林や草むら,藪などに入る場合には十分注意しましょう。 
  • 森林や草むら,藪など,マダニが多く生息する場所に入る場合には,肌の露出を少なくする。
  • 長袖・長ズボンを着用する。
  • シャツの裾はズボンの中に,ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。
  • 足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を履く 。

動物病院で適切な駆除薬を処方してもらい定期投与を行いましょう。あらかじめ駆除薬を投与しておけば、マダニが付着しても48時間以内に概ね死んでしまいます。(出典:https://n-d-f.com/nomi_madani/sfts/)

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
宇宙船型キャリー

こんな形のキャリーバッグがあるんですね。ドーム状の窓から外が見えて楽しそうです。

今日は偶然にも宇宙船型キャリーバッグに乗ったかわいい猫ちゃんが2匹も病院に来てくれました。←別々のお家の子

↑午前中の診察に来てくれた そらまめちゃん

 

↑午後の診察にきてくれた ラグちゃん

垂水オアシス動物病院

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ペットの漢方薬って?

9月も終盤にさしかかってきましたススキ

そろそろ店頭でも西瓜がみられなくなり、梨のシーズンへと移り変わっています。季節の物は本当に美味しいですよね。

特に『梨』は幼少期からの好物で、甘みと果汁の多い大玉の『新高』を初めて食べた時は「三度の飯はこれがいい」と思ったものでした梨物好きがこうじて8月末に神戸市中央卸売市場へ出かける有様…。『幸水』や『新甘泉』などの早生種は出ていましたが、晩生種である新高梨はまだ出ていなかったので、「そろそろ伺いに出向かなくては」と思っている今日この頃です。

 

さてさて、話はかわりますが今日はペットの漢方のお話を少しします。よく、漢方は苦くて飲みずらいのではないかと心配なさいます。実際に中獣医師は「ツムラ」漢方など人の漢方をペットに導入する場合もありますが、「イスクラ産業」さんの漢方は錠剤で割と風味も良く普通のお薬が飲めるのであれば、味覚的には何ら問題なく受け入れてくれるものであると思います。

 

実際のパッケージはこのようなもので、

写真にあげたもの以外にもあります。

 

中身は

このくらいの大きさで、体重毎に錠数が変わります。(写真は体重10キロの子で2種類の漢方を飲ませる場合の一例)

椎間板ヘルニアに罹患している後足のふらつきがあったワンちゃんで、レーザー治療やサプリメントで現状維持してはいたものの漢方を開始してから姿勢反応が改善した子がいたり、また、元気がなくて毛が生えてこなかったハムスターさんに毛が戻ってきている子もいたりと嬉しい声を聞かせて頂いております。実感できると嬉しいものですよね!

 

局所治療をすることも必要な場合もありますが、まずは飼っていらっしゃる子の体質を知っておくことも役立つと思います。

【プチ ワンニャンドック】で、どのタイプなのか中医学的な体質チェックを簡単に行えます。

https://j-pcm.com/lp/petitwannyandock/

よろしければ、お役立て頂ければと思います。

 

垂水オアシス動物病院

高瀬

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
忠犬と言えば

こんばんは。台風の影響で午後診は少しのんびりしています雨雨雨明日の朝にかけて雨が強くなるようですが、冠水被害などが出ないよう願うばかりです。

 

先週末に講習会で東京を訪れた際に一つの銅像に目が留まりました。

銀杏の木などの緑に囲まれた東大の弥生キャンパスの門をくぐった直ぐ左側に、何とも温かい雰囲気がでている人と犬の銅像でしたいちょう癒し

 

この人物は上野英三郎という農学部の教授で、犬は先生の飼い犬のハチ公でした犬きらきらそう、あの数年前に映画にもなった世界的に有名な『忠犬ハチ公』です。

渋谷駅の待ち合わせ場所のシンボルとなっている『ハチ公』は飼い主が急死してしまった後も尚帰りを待ち続けている何とも切なげな表情をしているのですが(片耳も垂れていますしね…)、こちらはハチと飼い主のその昔ということで、幸せそうです。

 

実際に上野先生とハチが一緒に生活できたのは1年余りで、上野先生の死去後約10年の間(ハチは一度貰われていったこともあったようですが再び渋谷で生活するようになって亡くなるまでの間)、渋谷駅まで飼い主を迎えに通っていたというのは本当に驚くことです。

詳しくはコチラをどうぞ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E7%8A%AC%E3%83%8F%E3%83%81%E5%85%AC

ホント、動物は若い頃の恩をよく覚えていますね楽しい

 

人も動物も良い想い出を大切にしながら生きていけたらイイなあと、これを見て思いました。

この銅像はハチの命日から80年たった昨年3月に建てられたもののようです。ハチの銅像は渋谷駅と生誕地の秋田県大館市にもありますので見比べてみても面白いかもしれませんね飛行機

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬奈美

| tarumioasis2 | コラム | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ノミの話と予防薬(新商品)のご案内
至る所で桜吹雪がみられ、すっかり春の訪れを感じる季節になりましたねおはな1

しかしながら、我々や犬猫にとって好ましくない『ノミ』や『ダニ』たちも活動性が増してくる時期とも言えます。

『ノミ』は暖かな環境が整った室内では通年を通して生息が可能であり通年の予防を推奨していますが、そろそろ野外でも『ノミ』が発育できてしまう温度(15~30℃)になってきています。

『ノミ』の病害としては、、、

.▲譽襯ー性皮膚炎:ノミが刺したときにノミの唾液が犬猫の体内に入り、それがアレルゲンとなり強い痒みを伴います。また、掻きむしるために二次的に細菌感染がおきることもあります。

瓜実条虫の感染:ノミの体内に瓜実条虫の幼虫が含まれていることがあり、それが犬猫の体の中に入りお腹の中で湧きます。(米粒みたいな片節が肛門から出てきたりしますsumb

また、
人に害を引き起こすものとしてアレルギー性皮膚炎以外にも、ノミが媒介するバルトネラ菌によっておこる
Gひっかき病
などもありますね。

これらの病害を防ぐという意味合いも大きいのですが、
この『ノミ』という害虫は驚異的な繁殖力と脚力の持ち主でして、
吸血後2日以内に産卵し1日に平均30個の卵を産み、1蹴りで自分の体の60倍の距離を移動するといった具合アセアセ
敵ながらアッパレです。動きも早いので捕まえることも至難の技。そんな憎き子悪党を環境中から排除するために、バルサンをたいたり掃除機を隅々にかけたりといった苦労が待っているのです。そういういった事を未然に防ぐためにも、『ノミの予防』を是非ともおすすめしますエクステンション

長くなっていますが、
そんな中、今春から商品のラインナップが増えましたので、この場をおかりしてご紹介させて頂きます。



ノミ・ダニの飲ませるタイプの予防薬(チュアブルタイプ)にフィラリアに対しての予防効果が加えられたこの商品。
フィラリア予防シーズン(5月から12月)はこちらに変更したいとおっしゃられる方もいらっしゃいます。
ご興味をお持ちの方は、スタッフにお声かけ頂ければと思います。

垂水オアシス動物病院
獣医師 高瀬
| tarumioasis2 | コラム | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
今日は春の嵐らしく雨が激しく降っていて病院内ものんびりしたものです。
お花見ももう終了かもしれませんね。
昨日は晴れていたのでタイミング良くしあわせの村へお花見に行ってきました。
あまり行った事が無かったのですが、BBQやキャンプ、乗馬、テニス、パターゴルフ、アスレチック、プールがあったり
グループにもファミリーにもお勧めの施設で楽しい休日が過ごせました。
気候も良くなりますし皆さまもぜひどうぞ。



垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | コラム | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ひな祭り
もう三月です。
昨日はひな祭りでしたね。
皆さまは楽しいひな祭りをお過ごしだったでしょうか?

当院では飼い主さまからひなまつりケーキを戴いてしまい
スタッフ皆で美味しく頂きお祝いをしていました。

なんと!!このケーキ、飼い主さまが作られた手作りケーキなのです!
す、すごいです…、ほんとうにプロ並みの腕前。


ブログに載せてケーキやお菓子を催促しているようになってしまうといけないので
こういう記事は載せない方が良いかとも思ったのですが、思わず載せてしまいました。

いつもおおぜいの飼い主さまから身に余る過分なお心遣いを頂戴しておりまして恐縮しています。
動物医療を通じてお役に立てて喜んでいただけましたら、それだけで十分とても嬉しくありがたく思っております。
これからもご期待に応えられるように努力して参ります。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



 
| tarumioasis2 | コラム | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
交通事故
先週、診察時間後に動物病院へ1本の電話がかかってきました。
電話先の飼主さんはとても慌てておられて気が動転されているご様子。
「車にはねられて動かないんです!連れて行っていいですか!?」

その後すぐに来院され診察させて頂くことになりました。
飼主さまにお話をお伺いすると、
公園で少しだけノーリードで放されていたとのこと。
何かの音に驚き、チワワちゃんが公園外に飛び出してしまい、
どこに行ったのかと探されると横断歩道の上で倒れているのを見つけたということでした。
家族同然のわが子が横断歩道上で倒れて動かなくなっているのを発見した時の飼主さまの心情を想うと言葉がありません。
来院時、その子は意識があるか無いか分からない位ぐったりしており立ち上がることも出来ませんでした。

頭を打っていることが疑われ心配していましたが幸いなことに治療に反応してくれて今日無事に退院していってくれました。

ワンちゃんにとってリードは命綱です。
飼主の皆さまお気を付け下さい。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
 
| tarumioasis2 | コラム | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
通常通り診察しております
昨夜無事に日本へ帰国しました。
1週間ほど病院を留守にして患者様には大変ご迷惑をお掛けしました。
おかげ様でとてもよい勉強ができ、あと新しい手術器具などもいくつか入手することができました。
今後も患者さんのお力になれるように努力してまいります。

時差ボケをやや感じるものの今日からいつも通り診察していますので
よろしくお願いします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | コラム | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
鹿肉
今週になってから「鹿肉」を食べてから下痢になったというワンちゃんが来院されました。
お話をお伺いすると…、鹿肉を生で与えたとのこと。

そういえば2年前くらいから?飼主さんから「鹿肉」が良いらしいというお話をよくお聞きするようになりました。
アトピー性皮膚炎などの皮膚病のワンちゃんの飼主さまからご相談を受けたりしたこともありました。
インターネットで検索してみるとたくさん「鹿肉」を販売されている業者さんがおられます。

・酵素が入っていて身体に良い
・病気にかかりにくくなる
・アレルギーの改善
・鹿は体温が高いので生で食べても安全
・肥満防止に効果あり…
などホームページには良いことがたくさん書いてあります。

しかし、
厚生労働省のHP(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html)には、
「生または加熱不十分な野生のシカ肉やイノシシ肉を食べると、E型肝炎や腸管出血性大腸菌症の食中毒のリスクがあるほか、寄生虫の感染も知られています。」

片方は「生で食べても安全」もう片方は「食中毒のリスクがある
はたしてどちらが正しいのでしょうか?
人間はもちろん、犬も食中毒になります。
獣医科大学ではこういった感染症についての講義もあるため、
「野生動物の生肉を食べる」危険性についてよく聞かされてきています。

O157、肝炎ウイルス、トリヒナ、トキソプラズマ、サルモネラ症…、などなど感染症リスクを考えると
後はもう自己責任の世界です。

家畜と呼ばれる動物たちと違って、
野生動物の研究は進んでおらず未知のウイルスや病原体が潜んでいる可能性は否定できません。
いろいろな考え方があると思いますが、衛生面からは鹿などの野生動物のお肉を与える場合は火を通すことをお勧めします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)











 
| tarumioasis2 | コラム | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ページのトップへ