神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
竹野スノーケルセンター

今年も夏も一段落してやっと涼しくなりましたね。

お盆に台風がやってきたり、天候がいまいちでしたがいかがだったでしょうか?

最近でも九州での豪雨など何十年に一度とか…、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

 

今年の夏は私も休みの日に京都府の日本海側にある「竹野海岸」へ行ってきました。

そこには竹野スノーケルセンター⇒http://takeno-scvc.jp/

という施設がありまして、神戸からですと車で3時間程度掛かるのでちょっと遠いですが、

こちらではスノーケルが体験できるのです。

 

ウエットスーツを着て、スノーケルと水中メガネをつけてきれいな海に潜ると、

大きなクロダイが泳いでいたり、キュウセンなどの小魚がいたり、よく岩をみるとサザエがくっついていたり、

ウミウシがいたり別世界が広がっていました。

 

 

今年もまだ体験可能だと思いますので興味のある方はぜひ。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
漢方薬について

最近だいぶ涼しくなってきて過ごしやすくていいな、

と思っていたら昼間はとても暑かったり気温の変化が激しいですね。

飼主さんも動物たちも体調管理にお気を付けください。

 

個人的な話、

季節の変わり目に咳が止まらなくなってしまったり、風邪を引いた後に咳がとまらなくなった事があり、

近くの病院や呼吸器科でみてもらってお薬を飲んだり吸入薬を使っても半年以上治らず、

治るのならいいなと漢方薬を処方して貰ったところピタッと治ったということがありました。

 

当院では根拠に基づく医療(EBM)を重視して診察や治療を行っているのですが、

西洋医学では病名の付かない症状や、治しようのない症状もあります。

 

そこで当院では現代の獣医学(西洋医学)をメインに置きつつ、

漢方薬を取り入れた治療を行っています。

 

検査に異常は無いが何となくしんどそう、というような

原因不明の不定愁訴にも漢方薬が有効なことがありますので試してみたい方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | コラム | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ひょっとして……  歩けるの!?   

入院中のトイプードルちゃんが立ち上がってダンス?しています。(←飼主様のお許しのもとブログに載せています)

 

飼主さんに聞くところによると、お家でもいつも2本足で立ち上がっているそうです。

そのうち2本足で歩きだしそうですね…!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にる動物病院です)

| tarumioasis2 | コラム | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
医療機器(腹腔鏡)の価格

いつも動物の病気の事についてブログに書いておりますが、

今回は獣医療に使用する医療機器の価格がいったいいくらくらいするのか?についてです。

まあ、何となく高いのかな?と思われる方が多いと思いますが、

おそらく見当がつかない方が,ほとんどではないでしょうか。

 

ここで一例ですが、

以前、腹腔鏡の見積もりを某国内メーカーさんにお願いしたところ…、

 

いち、じゅー、ひゃく、せん、まん、じゅーまん、ひゃくまん、せんまん!?

3,473万円!?

これが定価で実売価格は別にあるのかと思い、営業マンに聞いてみたところ、残念ながら実売価格とのことでした。

 

恐ろしく高いですが、テレビ、パソコン、家電、車、家などと違って、

買う人(病院)の数が極端に少ないためメーカーさんも一個あたりの値段を高くしないとやっていけないのかもしれません。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
迷子

昨日、車通りの多い道を歩いているとミニチュアダックスのワンちゃんが、トコトコトコと散歩していました。

そのまま通り過ぎたのですが、何か違和感を感じてもう一度視線をやると、その違和感の正体がわかりました。

 

ワンちゃんが一人で散歩していたのです。

 

あれ、飼主さんはどこだろう?!としばらく立ち止まって探してみたのですが見つからず、

車通りが多いので車にひかれると危険です。

 

「よし、捕まえよう!」と決めて、

30分ぐらい掛かったもののなんとかワンちゃんを抱っこして最寄りの交番に連れていきました。

 

幸い、2〜3時間後くらいに飼主さんが家の中にワンちゃんが居ないことにお気づきになり、

届出をされて無事にお家に戻れたそうです。

ほんとうに良かったです。

 

私自身、犬を拾った?のはこれで2回目です。

迷い犬になると二度と見つからないこともあり得ますので、

皆さまお気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
サバンナ〇〇〇?

最近、診察が終わってから深夜に動物病院に残って仕事をしていると、

「プルプルプル…」電話が鳴りました。

 

留守電に切り替わり飼主さまが何かメッセージを残しておられたので、

それを聞いてみると、

 

「サバンナ○○○〇なんですけど、診て貰えますか?」とのこと。〇〇〇〇の部分の電話の音が遠くて聞き取れません。

 

「えっ?サバンナ?? といえばモンキー?猿のこと?」考えてみたものの合っているか不明です。

 

とりあえず折り返し電話して、飼主さまが電話に出られたので聞いてみると、

 

「体調1m程度のサバンナ〇〇〇〇。最近ピンクマウスを食べなくなった。肛門付近から15cm程何かが出ている。」とのこと。

やはり〇〇〇〇の部分が全然聞き取れません。でもサバンナモンキーではないようです。

 

とりあえず、

深夜でもあり、おそらく特殊な動物種のため、診察対応が難しい旨をお伝えし丁重に電話を切りました。

 

その後、いろいろと考えてみると、

 

サバンナ〇〇〇〇は、おそらくサバンナモニターだったんですね。サバンナオオトカゲの別名です。

 

聞き取れなくてすみません・・・!!

 

サバンナオオトカゲ

↑こういうトカゲさんです。(サバンナオオトカゲ)

 

 

少し前に、爬虫類、両生類について、神奈川県のエキゾチックペットクリニックの先生に色々一通り教えて頂き、

勉強してきました。分からないところは専門医の先生に聞いたり、調べながらでも対応できるようにしていきたいと考えています。

 

こういった動物たちを診察する動物病院はまだまだ数少ないため、

緊急時だけではなく、平常時から動物病院へ一度受診されるのをおすすめします。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
メリークリスマス!

もう年末ですね。

最近、ほんとうに1年がアッという間な気がします。

 

どこかで聞いた話で、

子供や若い人は環境に変化があったり、いつも新しいことにチャレンジしているので、

1年間がとても長く感じるのではないか、ということでした。

本当に!?、と思われるかもしれませんが、

確かに一人で見知らぬ国へ海外留学にでも行ったとしたら1年間がとても長く感じれそうですよね。

大人になってもいろいろな事にチャレンジして長く感じる1年間にしていきたいものです。

 

毎年、クリスマスに手作りのケーキを作って持ってきてくださる元飼主さまがいらっしゃいまして、

食べるのが勿体なくていただく前に写真を毎年撮っています。

催促しているみたいになるといけないのでブログに載せるのは如何なものかとも思ったのですが、

すごく美味しくてきれいなので載せてしまいました。ごちそうさまでした!

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
マダニの感染症(重症熱性血小板減少症候群(SFTS))

​マダニから人にうつるウイルスによる病気(SFTS)が西日本中心に発生しています。

先月になって、少し気になるニュースが報道されていました。

 

「厚生労働省は10日、飼い犬と接触した徳島県の40代男性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたと発表した。男性と犬はともに回復している。犬からヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。

 厚労省や国立感染症研究所によると、今年6月上旬に男性の飼い犬が体調を崩し、下痢などが続いたため動物病院を受診した。同月中旬には男性が発熱や下痢などをするようになり、医療機関を受診。同月末になって犬がSFTSと診断された。男性は1週間ほどで回復した。

 男性は飼い犬にかまれていないが、体調を崩した犬の看病でウイルスに汚染された唾液などに触れ、感染した可能性があるという。

 SFTSの初期症状はだるさや発熱などで、5日〜6日後ごろから意識障害や出血が起きることもある。重症化しやすく、致死率は約20%とされており、特効薬はない。

 これまで西日本を中心に303人の患者が報告され、死亡例は全て50代以上という。今年7月には西日本に住む50代女性が野良猫にかまれてSFTSを発症し、10日後に死亡したことが判明。猫からヒトへの感染事例はこれが初めてだった。」

【日本経済新聞2017.10.10付より】

 

という記事が載っていました。

今回感染した方は回復されたそうで本当に良かったのですが、

このウイルスに感染してしまい亡くなられる方が増えているそうです。

 

「ノミとかダニなんて見たことないし予防したことが無い。」とおっしゃる飼主さんもおられますが、

御存知ないだけで本当に身近なところにどこにでも潜んでいます。

動物達のためなのはもちろん、飼主さんや下痢をしているワンちゃんを日々診察している動物病院スタッフの為にも

予防をお願いします。

 

原因:

SFTSウイルスに感染することです。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染すると言われています。また、人から人への感染は認められています。最近まで動物から人への感染については報告されておりませんでしたが、犬から人への感染事例が報告されました。https://www.bayer-pet.jp/vet/support_info/madani-poster-sfts2014.pdf(潜伏期:6日〜2週間)

 

主な症状
発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。

 

  • マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を予防するためには,マダニに咬まれないようにすることが重要です。
    マダニの活動が盛んな,春から秋に多くの発生が見られることから,農作業やレジャーなどで,森林や草むら,藪などに入る場合には十分注意しましょう。 
  • 森林や草むら,藪など,マダニが多く生息する場所に入る場合には,肌の露出を少なくする。
  • 長袖・長ズボンを着用する。
  • シャツの裾はズボンの中に,ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。
  • 足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を履く 。

動物病院で適切な駆除薬を処方してもらい定期投与を行いましょう。あらかじめ駆除薬を投与しておけば、マダニが付着しても48時間以内に概ね死んでしまいます。(出典:https://n-d-f.com/nomi_madani/sfts/)

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
宇宙船型キャリー

こんな形のキャリーバッグがあるんですね。ドーム状の窓から外が見えて楽しそうです。

今日は偶然にも宇宙船型キャリーバッグに乗ったかわいい猫ちゃんが2匹も病院に来てくれました。←別々のお家の子

↑午前中の診察に来てくれた そらまめちゃん

 

↑午後の診察にきてくれた ラグちゃん

垂水オアシス動物病院

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ペットの漢方薬って?

9月も終盤にさしかかってきましたススキ

そろそろ店頭でも西瓜がみられなくなり、梨のシーズンへと移り変わっています。季節の物は本当に美味しいですよね。

特に『梨』は幼少期からの好物で、甘みと果汁の多い大玉の『新高』を初めて食べた時は「三度の飯はこれがいい」と思ったものでした梨物好きがこうじて8月末に神戸市中央卸売市場へ出かける有様…。『幸水』や『新甘泉』などの早生種は出ていましたが、晩生種である新高梨はまだ出ていなかったので、「そろそろ伺いに出向かなくては」と思っている今日この頃です。

 

さてさて、話はかわりますが今日はペットの漢方のお話を少しします。よく、漢方は苦くて飲みずらいのではないかと心配なさいます。実際に中獣医師は「ツムラ」漢方など人の漢方をペットに導入する場合もありますが、「イスクラ産業」さんの漢方は錠剤で割と風味も良く普通のお薬が飲めるのであれば、味覚的には何ら問題なく受け入れてくれるものであると思います。

 

実際のパッケージはこのようなもので、

写真にあげたもの以外にもあります。

 

中身は

このくらいの大きさで、体重毎に錠数が変わります。(写真は体重10キロの子で2種類の漢方を飲ませる場合の一例)

椎間板ヘルニアに罹患している後足のふらつきがあったワンちゃんで、レーザー治療やサプリメントで現状維持してはいたものの漢方を開始してから姿勢反応が改善した子がいたり、また、元気がなくて毛が生えてこなかったハムスターさんに毛が戻ってきている子もいたりと嬉しい声を聞かせて頂いております。実感できると嬉しいものですよね!

 

局所治療をすることも必要な場合もありますが、まずは飼っていらっしゃる子の体質を知っておくことも役立つと思います。

【プチ ワンニャンドック】で、どのタイプなのか中医学的な体質チェックを簡単に行えます。

https://j-pcm.com/lp/petitwannyandock/

よろしければ、お役立て頂ければと思います。

 

垂水オアシス動物病院

高瀬

 

 

 

| tarumioasis2 | コラム | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
忠犬と言えば

こんばんは。台風の影響で午後診は少しのんびりしています雨雨雨明日の朝にかけて雨が強くなるようですが、冠水被害などが出ないよう願うばかりです。

 

先週末に講習会で東京を訪れた際に一つの銅像に目が留まりました。

銀杏の木などの緑に囲まれた東大の弥生キャンパスの門をくぐった直ぐ左側に、何とも温かい雰囲気がでている人と犬の銅像でしたいちょう癒し

 

この人物は上野英三郎という農学部の教授で、犬は先生の飼い犬のハチ公でした犬きらきらそう、あの数年前に映画にもなった世界的に有名な『忠犬ハチ公』です。

渋谷駅の待ち合わせ場所のシンボルとなっている『ハチ公』は飼い主が急死してしまった後も尚帰りを待ち続けている何とも切なげな表情をしているのですが(片耳も垂れていますしね…)、こちらはハチと飼い主のその昔ということで、幸せそうです。

 

実際に上野先生とハチが一緒に生活できたのは1年余りで、上野先生の死去後約10年の間(ハチは一度貰われていったこともあったようですが再び渋谷で生活するようになって亡くなるまでの間)、渋谷駅まで飼い主を迎えに通っていたというのは本当に驚くことです。

詳しくはコチラをどうぞ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E7%8A%AC%E3%83%8F%E3%83%81%E5%85%AC

ホント、動物は若い頃の恩をよく覚えていますね楽しい

 

人も動物も良い想い出を大切にしながら生きていけたらイイなあと、これを見て思いました。

この銅像はハチの命日から80年たった昨年3月に建てられたもののようです。ハチの銅像は渋谷駅と生誕地の秋田県大館市にもありますので見比べてみても面白いかもしれませんね飛行機

 

垂水オアシス動物病院

勤務獣医師 高瀬奈美

| tarumioasis2 | コラム | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ノミの話と予防薬(新商品)のご案内
至る所で桜吹雪がみられ、すっかり春の訪れを感じる季節になりましたねおはな1

しかしながら、我々や犬猫にとって好ましくない『ノミ』や『ダニ』たちも活動性が増してくる時期とも言えます。

『ノミ』は暖かな環境が整った室内では通年を通して生息が可能であり通年の予防を推奨していますが、そろそろ野外でも『ノミ』が発育できてしまう温度(15~30℃)になってきています。

『ノミ』の病害としては、、、

.▲譽襯ー性皮膚炎:ノミが刺したときにノミの唾液が犬猫の体内に入り、それがアレルゲンとなり強い痒みを伴います。また、掻きむしるために二次的に細菌感染がおきることもあります。

瓜実条虫の感染:ノミの体内に瓜実条虫の幼虫が含まれていることがあり、それが犬猫の体の中に入りお腹の中で湧きます。(米粒みたいな片節が肛門から出てきたりしますsumb

また、
人に害を引き起こすものとしてアレルギー性皮膚炎以外にも、ノミが媒介するバルトネラ菌によっておこる
Gひっかき病
などもありますね。

これらの病害を防ぐという意味合いも大きいのですが、
この『ノミ』という害虫は驚異的な繁殖力と脚力の持ち主でして、
吸血後2日以内に産卵し1日に平均30個の卵を産み、1蹴りで自分の体の60倍の距離を移動するといった具合アセアセ
敵ながらアッパレです。動きも早いので捕まえることも至難の技。そんな憎き子悪党を環境中から排除するために、バルサンをたいたり掃除機を隅々にかけたりといった苦労が待っているのです。そういういった事を未然に防ぐためにも、『ノミの予防』を是非ともおすすめしますエクステンション

長くなっていますが、
そんな中、今春から商品のラインナップが増えましたので、この場をおかりしてご紹介させて頂きます。



ノミ・ダニの飲ませるタイプの予防薬(チュアブルタイプ)にフィラリアに対しての予防効果が加えられたこの商品。
フィラリア予防シーズン(5月から12月)はこちらに変更したいとおっしゃられる方もいらっしゃいます。
ご興味をお持ちの方は、スタッフにお声かけ頂ければと思います。

垂水オアシス動物病院
獣医師 高瀬
| tarumioasis2 | コラム | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
今日は春の嵐らしく雨が激しく降っていて病院内ものんびりしたものです。
お花見ももう終了かもしれませんね。
昨日は晴れていたのでタイミング良くしあわせの村へお花見に行ってきました。
あまり行った事が無かったのですが、BBQやキャンプ、乗馬、テニス、パターゴルフ、アスレチック、プールがあったり
グループにもファミリーにもお勧めの施設で楽しい休日が過ごせました。
気候も良くなりますし皆さまもぜひどうぞ。



垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | コラム | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ひな祭り
もう三月です。
昨日はひな祭りでしたね。
皆さまは楽しいひな祭りをお過ごしだったでしょうか?

当院では飼い主さまからひなまつりケーキを戴いてしまい
スタッフ皆で美味しく頂きお祝いをしていました。

なんと!!このケーキ、飼い主さまが作られた手作りケーキなのです!
す、すごいです…、ほんとうにプロ並みの腕前。


ブログに載せてケーキやお菓子を催促しているようになってしまうといけないので
こういう記事は載せない方が良いかとも思ったのですが、思わず載せてしまいました。

いつもおおぜいの飼い主さまから身に余る過分なお心遣いを頂戴しておりまして恐縮しています。
動物医療を通じてお役に立てて喜んでいただけましたら、それだけで十分とても嬉しくありがたく思っております。
これからもご期待に応えられるように努力して参ります。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



 
| tarumioasis2 | コラム | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
交通事故
先週、診察時間後に動物病院へ1本の電話がかかってきました。
電話先の飼主さんはとても慌てておられて気が動転されているご様子。
「車にはねられて動かないんです!連れて行っていいですか!?」

その後すぐに来院され診察させて頂くことになりました。
飼主さまにお話をお伺いすると、
公園で少しだけノーリードで放されていたとのこと。
何かの音に驚き、チワワちゃんが公園外に飛び出してしまい、
どこに行ったのかと探されると横断歩道の上で倒れているのを見つけたということでした。
家族同然のわが子が横断歩道上で倒れて動かなくなっているのを発見した時の飼主さまの心情を想うと言葉がありません。
来院時、その子は意識があるか無いか分からない位ぐったりしており立ち上がることも出来ませんでした。

頭を打っていることが疑われ心配していましたが幸いなことに治療に反応してくれて今日無事に退院していってくれました。

ワンちゃんにとってリードは命綱です。
飼主の皆さまお気を付け下さい。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
 
| tarumioasis2 | コラム | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
通常通り診察しております
昨夜無事に日本へ帰国しました。
1週間ほど病院を留守にして患者様には大変ご迷惑をお掛けしました。
おかげ様でとてもよい勉強ができ、あと新しい手術器具などもいくつか入手することができました。
今後も患者さんのお力になれるように努力してまいります。

時差ボケをやや感じるものの今日からいつも通り診察していますので
よろしくお願いします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | コラム | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
鹿肉
今週になってから「鹿肉」を食べてから下痢になったというワンちゃんが来院されました。
お話をお伺いすると…、鹿肉を生で与えたとのこと。

そういえば2年前くらいから?飼主さんから「鹿肉」が良いらしいというお話をよくお聞きするようになりました。
アトピー性皮膚炎などの皮膚病のワンちゃんの飼主さまからご相談を受けたりしたこともありました。
インターネットで検索してみるとたくさん「鹿肉」を販売されている業者さんがおられます。

・酵素が入っていて身体に良い
・病気にかかりにくくなる
・アレルギーの改善
・鹿は体温が高いので生で食べても安全
・肥満防止に効果あり…
などホームページには良いことがたくさん書いてあります。

しかし、
厚生労働省のHP(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html)には、
「生または加熱不十分な野生のシカ肉やイノシシ肉を食べると、E型肝炎や腸管出血性大腸菌症の食中毒のリスクがあるほか、寄生虫の感染も知られています。」

片方は「生で食べても安全」もう片方は「食中毒のリスクがある
はたしてどちらが正しいのでしょうか?
人間はもちろん、犬も食中毒になります。
獣医科大学ではこういった感染症についての講義もあるため、
「野生動物の生肉を食べる」危険性についてよく聞かされてきています。

O157、肝炎ウイルス、トリヒナ、トキソプラズマ、サルモネラ症…、などなど感染症リスクを考えると
後はもう自己責任の世界です。

家畜と呼ばれる動物たちと違って、
野生動物の研究は進んでおらず未知のウイルスや病原体が潜んでいる可能性は否定できません。
いろいろな考え方があると思いますが、衛生面からは鹿などの野生動物のお肉を与える場合は火を通すことをお勧めします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)











 
| tarumioasis2 | コラム | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
明けましておめでとうございます。
正月〜謹賀新年〜正月

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もスタッフ一同、患者さまに安心して頂ける診療、サービスを心がける所存でございますので、何とぞご愛顧、ご支援を賜わりますようお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は1月4日(月)から通常通り診察させて頂きます。
平成28年 元旦 

垂水オアシス動物病院

 
| tarumioasis2 | コラム | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
本年もありがとうございました!
もう今年も終わりですね。
皆さまにとって良い一年だったでしょうか?

今年を振り返ってみると…、
動物たちが元気になり飼主さまにとても喜んで頂けてこの仕事をしていて良かったなあ、と思う時もありました。
また、動物たちや飼主さまのお力になれず申し訳ない気持ちでいっぱいになることもありました。

まだまだ至らない所ばかりでご迷惑をお掛けすることが多いのですが、
少しでも動物たちと飼主さまのお役に立てるよう、ご期待に応えられるようにこれからもスタッフ一同日々努力していきたいと考えています。
来年も垂水オアシス動物病院をどうぞよろしくお願いします。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻


 
| tarumioasis2 | コラム | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フィラリア予防は何月まで?
こんばんは。
夕方5時になるともう真っ暗です。夜
もうすぐ今年も終わりですね。
そうそう、ワンちゃん、猫ちゃんを飼われているみなさん。
今年最後に大事なことお忘れになっていませんか?


そう、フィラリア予防です。

この時期、動物病院でよく聞かれること。
それは…、
「フィラリア予防はいつまで必要ですか?」という質問です。


神戸市ではフィラリアの感染期間は11月中旬頃までとなっています。

フィラリア予防薬の投薬は蚊がいなくなってから一か月後の12月以降に最後の投薬を行わなければ、
感染してしまう可能性があります。

そんなことにならないようにフィラリア予防薬は12月までしっかり飲ませてあげましょう!

垂水オアシス動物病院


 
| tarumioasis2 | コラム | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
はじめまして
こんにちは。
垂水オアシス動物病院に勤務することになりました獣医師の高瀬と申します。
酪農学園大学を卒業後、数年間兵庫県下の動物病院に勤務し、その後は循環器科などの内科学を学ぶために大学病院付属の動物医療センターで研修を受けてきました。特に興味をもっている取り組んでいる診療分野は循環器科、内分泌学、その他内科学などです。

獣医学に基づいた診断・治療を心がけておりますが、臨床の場ではなかなか教科書通りにいかない場合にも遭遇することがあります。その時には飼主様と相談し色々な方法を模索しながら、動物たちの健康をサポートするお手伝いができれば幸いです。診察に時間がかかることもありますが、真摯に向き合いたいと考えていますので、どうぞお付き合いの程よろしくお願い致します。

お気軽にお声掛け頂ければと思います。

垂水オアシス動物病院
獣医師 高瀬奈美
| tarumioasis2 | コラム | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ねことうさぎの日常

なにか後ろに気配を感じるな…。



あっ、やっぱり黒猫のぽたくんか。猫パンチはしないで〜。


助けてー!にげろー!
待て待てー!
…続く



垂水オアシス動物病院

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)



 
| tarumioasis2 | コラム | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
いわしや 
普段はどうぶつの病気の話ばかりなので気分を変えて今回はグルメな話です。

日曜日、午前の診察が終わってから久しぶりに「いわしや」といううどん屋さんに行ってきました。
HP⇒ 「いわしや」で検索
こちらのお店では機械ではなく全て手打ちでうどんを打っており、その日に用意した麺が切れると営業終了になるそうです。
チェーン店のように機械で麺をつくれば店舗の規模を拡大したり商業的に拡大できるのでしょうが、
いわしやさんはそうはせず職人魂を感じるお店です。機械で大量生産しても同じ味は出せないのでしょう。

グルメではない私はチェーン店のうどん屋さんでも十分おいしいと思っていたのですが、
いわしやさんのうどんは全く違います。麺も出汁も普通のうどんとは全然違うもので本当に美味しいです。
店主やスタッフからも一生懸命美味しいものをつくるため頑張ってらっしゃるのがひしひしと伝わってきます。

三田方面に行かれる時は、だまされたと思って昼食時にでもぜひ立ち寄ってみてください。


垂水オアシス動物病院
井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)


 
| tarumioasis2 | コラム | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
新人です☆

 

こんにちは

3月後半ごろからこちらで働かせてもらってます

動物看護師の平嶺美友希(ひらみねみゆき)です

2年間、神戸動植物環境専門学校で勉強し、この春卒業したばかりです

まだまだ慣れないことばかりですが、一生懸命がんばります

おしゃべりするのが大好きなので、気軽に話しかけていただけたら嬉しいです

家では、文鳥を飼っていて、鳥さん大好きです

趣味は、LIVEを見に行くこと、野球観戦(タイガースファン)などなど・・・

こんな私ですが、よろしくお願いします!

以上、自己紹介でした〜


動物看護師平嶺


| tarumioasis2 | コラム | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
最高齢
動物病院には毎日たくさんの動物たちが来院します。
来院するのは主に犬や猫なのですが、動物の世界でも高齢化は進んでいるそうです。
今回は年齢についてのお話。

年齢に関して飼主さんからよく聞かれるのは「人間に換算すると何歳?」というご質問です。

犬や猫の場合を人間の寿命に換算すると
1歳=人間の20歳
2歳=24歳
3歳=28歳
4歳=32歳
5歳=36歳
6歳=42歳
7歳=48歳…

というように動物(犬、猫)の場合、1歳で20歳になってから1年間で4歳も歳を取る計算になります。
7歳にもなると、そろそろ中高齢の域に達するため定期的な健康診断が必要です。

ちなみに、獣医師になってから診たことがある最高齢の動物は、年齢が「23歳!」という猫ちゃんでした。
「長生きだな〜」と思っていました。
しかし、その記録が最近、大幅に塗り替えられました。
先日来院された大型のオウムちゃんは何と年齢が「45歳!!!」とのこと。
大事に飼われているからだと思いますが恐るべき長寿命です…。
人間の寿命と比べても遜色ありません。
ぜひ100歳くらいまで長生きしてもらいたいものです。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)





 
| tarumioasis2 | コラム | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
里親募集についてのアドバイス
立春も過ぎ春になると猫の出産シーズンです。
そのころになると動物病院へも毎週のようにノラ猫の子猫ちゃんがやってきます。

道の側溝にはまって「ミャーミャー」鳴いているところを、心優しい動物好きな方に保護されて動物病院へ連れてこられます。
シーズン中には毎日のように子猫ちゃんが来院しますから動物病院でお預かりして保護する訳にもいかず、
拾われた方が飼育されるか、里親さんをお探しになるかの2択になることがほとんどです。

動物病院の掲示板にも「里親さん募集」の張り紙をさせて頂いたりして出来る限りのご協力はさせて頂くのですが、
ふつうはなかなか里親さんは見つかりません。
そうしている間に時間だけが過ぎ「もう里親さんは見つからないか…」と諦めかけたある日、
奇跡的に「子猫ちゃんを飼いたい」と張り紙をみた里親になりたい方から連絡が入ることがあります。

しかし、ここで焦ってはいけません。
たいていは猫好きの方で問題なく飼育して頂けると思うのですが、危険な場合も有り得ます。

獣医師として診察をしていると色々なケースを経験します。

_箸涼罎濃育している若い猫ちゃんが「骨折して治療してせっかく治ったのに何故かまた骨折する」という事を3回ぐらい繰り返し(骨折×3回)、その後自宅で死亡していたということが判明した後、飼主さんとは3回の手術費用は未払いのまま音信不通。(※知り合いの獣医師の体験談)

眼に出血が見られ皮膚に青あざがあるという主訴のポメラニアンちゃんが、3回ほど同じような症状になり治ってを繰り返したのち1歳の若さで死亡。メインで飼育されている方が御不在の時間に決まって発症。

子猫の里親になってから1〜2か月以内で、子猫が不慮の死。

などなど、人間の場合だと事件性が疑われても仕方がないようなケースもあります。

里親さんを募集されている方は、
焦らずに子猫ちゃんのためにも里親さんが信頼できる方かよく吟味して決定してあげてください。

※詳しくは「里親詐欺」で検索


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)
 
| tarumioasis2 | コラム | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
寒くなりましたね!

 


こんにちは

もうすぐ2月に入りますね本格的に寒くなってきましたが

最近よく降っている雨がまた気温をグッと下げているようで、、、

今日の雨も夜のうちに上がり、この週末は晴れるそうなのですが

風がと〜〜っても強くなり、すごく冷えるそうですよ

寒いとコタツから出るときや、お風呂あがりのあの寒さが辛いですよね

私は寒いのが苦手なので、冷え対策にしょうが湯を飲んだりしています

体も暖まり、水分補給にもなるのでノドの乾燥なども防げますね


さてさて、今夜はみなさん暖かい格好をして、

体を冷やさないようゆっくり休んでください

体調には、気を付けてくださいね


トリマー船井


| tarumioasis2 | コラム | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
昨年はたいへんお世話になりました。
動物たちと飼主さまが幸せに過ごせるように、地道に日々取り組んで参りたいと存じます。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

垂水オアシス動物病院
院長 井尻



(神戸市 垂水区 霞ヶ丘 にある 動物病院 です)
| tarumioasis2 | コラム | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
肥満は万病のもと!?
最近は人間だけではなく、わんちゃん、猫ちゃんもダイエットに取り組んでいる時代です。
おやつや人間の食事を欲しがるのでつい…、
かわいいのでつい…、となってしまいますよね。
 
が、しかし、
肥満になると身体のいたるところに負担をかけるため、いろいろな病気の原因になります。
そのため太り気味のワンちゃんより標準体型のワンちゃんの方が、
平均で1.8年(約16%)長生きするとの報告もあります。


そこで人間並みに動物にもダイエットの方法が色々と出てきています。
まず王道なのは食事制限と適度な運動です。

そして最近では、
脂肪吸収阻害作用」や「脂質代謝向上作用」があると発表された
天草グラブラポリフェノール」と呼ばれる成分が入った動物用サプリメントも発売されています。

(まず人間が飲んでみたいという場合はこちら → カネカHP http://www.knk-lab.jp/ingredient/kanzo.html )

わんちゃん、猫ちゃんのダイエットに取り組みたい方、挫折された方、
詳しくは垂水オアシス動物病院へ一度ご相談下さい。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
| tarumioasis2 | コラム | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
飛行機

 今年も例年通り2月に海外研修へ行ってきました。

今回もアメリカアメリカへ行ってきたのですが、当地では公園を犬がノーリードで散歩しておりかなり自由な雰囲気です。
犬連れだと散歩するのにも若干風当りがキツイ日本ではちょっと考えにくいですよね犬

犬が社会的に認められているのと、飼主さんのマナーやしつけも徹底されているおかげなのかもしれません。


今回の研修はとても勉強になったなあ、と帰国の機上で思っていると、

隣の席に赤ちゃん連れのお母さんが座っていました。

機内では寝て過ごそうと思っていたのですが隣の赤ちゃんがヒートアップして泣き始めてしまいました。お母さんは何とか泣き止ませようと頑張りますが赤ちゃんはお構いなしに泣き続けます。まだ言葉の通じない赤ちゃんなので泣き止ませることは出来なさそうです。

狭い機内ですし「赤ちゃん連れのお母さんは本当に大変だなあ。」と少し同情しながら見ていると、

突然前の席に座っていた若い女性(学生さん?)が立ち上がって、

「疲れていて寝たいけれど子供が泣くから眠れない。泣き止ませなさいよ。」とひどい剣幕で言うではありませんか。
そのお母さんは「すみません…」と言い泣いてしまいました。

かわいそうでとても見ていられないので、

客室乗務員さんを呼び、事情をかわりに説明すると席を変えてくれることになりました。


全部が全部では無いでしょうが、

アメリカでは犬を飼い易く、子育てもし易いという話も聞きますし、

日本では犬は飼い易くは無く、子育ては大変だという話も聞きます。

犬や猫や赤ちゃんもより過ごしやすい社会になってくれたらいいなと思ったできごとでした。


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)
 

| tarumioasis2 | コラム | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ページのトップへ