神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

腫瘍ができてしまったハムスターちゃんが来院されました。

やはりハムスターには腫瘍がとても出来やすいのです。

 

この子の場合は首の下あたりに直径1〜2cm程度のできものが出来ていたため

飼主さんとよくご相談の結果、腫瘍を摘出することになりました。

 

↑いつも通りガス麻酔で寝てもらいます。ZZZ…

 

↑半導体レーザーメスで1滴も出血せずに摘出が可能でした

 

 

↑日帰り手術でお迎え時の様子

 

 

↑ガジガジガジ…

 

来院される飼主さんにお話をお伺いすると、

飼主さん仲間に「ハムスターに麻酔を掛けたら弱ってしまうよ。」とか

「ましてや手術なんてしたら死んでしまう。」と言われたけれども腫瘍があっという間にグングン大きくなってきて

みるに見かねて…、ということで来院されるケースが多いです。

また、動物病院でも麻酔を掛けると死んでしまうと説明されることもあるようです。

 

ハムスターの手術や麻酔はやや特殊ですので、どの動物病院でも手術をしているわけではないと思いますが、

経験のある慣れた獣医師であれば麻酔を掛けたり腫瘍の摘出手術を行うことは十分可能です。

いままでハムスターの全身麻酔や手術をしてきた経験上、

実際のところ、私の経験ではある程度元気や食欲が普通にあれば他の動物と同じように麻酔や手術が可能です。

 

しかし、

安価な動物(500〜1000円程度)であり、進行が早く、身体が小さく、短命であり、

リスクがゼロではないため獣医師としても積極的に手術を勧めにくく、

飼主さま側にも価値観の相異が大きく、発見が遅れることもあり、ハムスター自身より手術代が高額になるため、

悩んで迷っている間に腫瘍が大きくなり手遅れになってしまうケースがけっこう多いのではないでしょうか。

様子をみていていつか手術をしようかな、と考えておられる方はどうするか早めに考えていただくのが良いと思います。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

ハムスターには腫瘍がよくできます。

 

今回来院されたハムスターちゃんは急速に(1週間程度)腫瘍が大きくなってきたため

飼主さんはこのまま様子を見るのか…、腫瘍が巨大化する前に摘出するのか…、すごく迷われておられました。

本人が若干弱ってきていることもあったためリスクもありましたが、最終的に摘出することになりました。

 

↑慎重にガス麻酔を掛けて寝て貰います。

 

↑摘出された腫瘍×4ヶ所

 

無事に麻酔からも覚めて帰って行ってくれました。

あとは再発せず元気に早くなりますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

ここのところ、できもの(腫瘍)ができているハムスターちゃんがよく来院されています。

 

診察させていただくと、

前胸部に直径2〜3cm程度の腫瘤ができています。

飼い主さまとよくご相談させていただいた結果、このできものを摘出することになりました。

 

↑ガス麻酔で寝てもらいます。ZZZ…

 

↑盛り上がってみえるのが腫瘍です

 

手術後は無事に麻酔から覚めてくれて帰っていってくれました。

あとは体力しだいですが早く元気になってくれますように…。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

今回もハムスターちゃんが来院され、できもの(腫瘍)を摘出しました。

やはりハムスターちゃんは腫瘍の発生が多く見られます。

 

↑ガス麻酔を掛けていきます。ZZZ…

 

↑頸部周辺の腫瘍を摘出しました

 

↑麻酔からも目覚めて帰っていってくれました

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの冬眠

先日、初診の患者さんからお電話があり、

Q,「帰宅するとハムスターが冬眠しているんですけれど、どうすれば良いですか?」

とのお問合せ。

 

A,「はい、それはハムスターの冬眠ですね、春になったら起きてくるので寝かしておいてあげて下さい。」

 

という答えは…、間違いです

 

ハムスターは身体が小さな生き物ですので、とても寒さに弱いのです。

通常、ハムスターが快適に過ごせる室温は20〜25℃程度、10℃以下になると低体温症に陥ってしまうことがあります。

冬眠を通り越して、冗談では無く永眠になりそうな状態です。

 

とにかく室温を上げて、湯たんぽやドライヤーなども使ってゆっくりと温めてあげて下さい。

それで目覚めてくれればラッキーです。

ハムスター飼いの皆さまお気を付けください。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(できもの)

このところ、腫瘍ができたハムスターちゃんがよく来院されています。

滋賀、三重、大阪、京都、淡路島などとても遠方からはるばるお越し頂くこともあり、

すごく大切にされて愛されている幸せなハムちゃんだなあ、といつも思います。

 

今回来院されたハムちゃんは右前肢の付け根にできもの(腫瘍)ができており、

飼主さんとご相談の結果、摘出することになりました。

↑ガス麻酔で寝てもらいます ZZZ…

 

 

↑腫瘤を摘出しました

 

↑無事に目覚めてくれました

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

背中にできもの(腫瘍)ができたハムスターちゃんが来院されました。

徐々に大きくなっていて一部から出血も見られるとのこと。

飼主さんとよくご相談の結果、摘出することになりました。

 

 

↑背中にできものができてきます

 

↑半導体レーザーを使って摘出し縫合しました。レーザーメスを使うとほぼ1滴も出血させずに摘出が可能です。

 

 

↑まだ眠たそうですが無事に帰っていってくれました。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

また腫瘍ができたハムスターちゃん来院されました。

この子の場合は、お腹に5つ程の腫瘤ができていました。

 

↑いつも通り、ガス麻酔で寝て貰います

 

 

↑お腹の毛を刈り、イソジンで消毒します。腫瘍が何個も見えています。

今回も出血しにくい半導体レーザーメスを使って摘出しました。

 

↑摘出した腫瘤

 

 

↑問題なく目覚めてくれて良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘤

ここのところ遠方からハムスターちゃんがよく来院されています。

その中でもよく見かけるのが「腫瘍」ができたハムスターちゃんたちです。

 

ハムスターは小さいだけに細かい作業が要求されますが、

小さくても意外と問題なく麻酔も掛けれますし手術も可能です。

 

今回の子は大阪寄りの地域にお住まいのハムちゃんでした。

↑ガス麻酔を吸って寝てもらいます

 

 

↑下顎部周辺に腫瘤があります(青矢印)。いつも通り半導体レーザーメスを使って出血させずに腫瘤を摘出しました。

 

↑できものから膿が出てきました。今回は腫瘍ではなく膿瘍でしたので袋ごと摘出しました。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

腫瘍ができたハムスターちゃんが来院されました。

飼主さんは京都にお住まいの方で、電車に乗ってはるばる京都からお連れ頂いたそうです。

京都や大阪など何件かの動物病院でご相談されたそうですが、リスクが高すぎるので手術は出来ないと断られたそうで、

「何とか摘出できないものか」と当院までご相談に来られたのでした。

 

この子はほんとに大切にして貰っているんだろうなあ…、と思いますし、

こんな遠くまで連れてきて頂いたことを考えると

無事に終わらせてお家に帰って貰わないと…、といつも責任を感じます。

 

今回は飼主さんとよくご相談の結果、摘出することになりました。

 

↑ガス麻酔を吸って寝て貰います

 

↑ZZZ…。胸辺りに大きなできものが出来ています。

今回も半導体レーザーメスを使ってほぼ1滴も出血させずに摘出が可能でした。

 

↑摘出後。問題なく摘出でき、お家に帰った後も元気に復活してくれたそうです。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ページのトップへ