神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
エリザベスカラーの代わりにカップ麺が使える?!

動物の場合、各種の手術後にはエリザベスカラーなどを着用することが必要になります。

 

↑カップ麺でできた特注エリザベスカラー(きつねバージョン) かわいいですね!

 

↑カップ麺でできた特注エリザベスカラー(麺づくりバージョン)

 

↑動物病院のエリザベスカラー(普通バージョン)

 

というのも、

動物は手術後の傷口を気にして舐めてしまったり(治りかけは痒くなる)、

自分で抜糸してしまったりすることがあるからです。 

 

最悪の事態が起こると、自分で傷口を舐めて糸を抜糸してしまってもう一度手術が必要になったり、

お口の中の細菌が感染してしまい傷口が化膿することも。

 

そのため、術後の抜糸までのしばらくの間、

できれば念のためエリザベスカラーを着ける必要があるのです。

 

ちなみに、カップ麺でエリザベスカラーを自作する飼い主さんもいらっしゃいまして、

要は傷口を舐めなければOKなので、意外とカップ麺でも大丈夫?!な様子。

 

 

ただ、エリザベスカラーを着けるのはかわいそう、なるべく着けたくないなあ、

という飼い主さんもおられますよね?

 

そこでお勧めなのが、

エリザベスウエアという術後服です。

これを着けると、傷口がガードされて舐めれなくなります。

 

 

ここ最近では、

当院ではエリザベスカラーとエリザベスウエアを希望される方は半々くらいな感じで、

手術後にどちらかを選んで頂いております。

 

「エリザベスウエアが良い!!」という方でも動物病院にてお渡しすることができますのでスタッフまでお声がけください。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | コラム | 19:36 | comments(0) | - | ↑TOP
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ