神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
ウーパールーパーの腹水症

当院では、

このところウーパールーパーがよく来院されています。

 

それぞれの子たちの症状はいろいろで、

餌を何日も食べないとか、食べても吐いてしまうとか、皮膚病だったりとかが多いでしょうか。

 

参考記事⇒ウーパールーパー知っておくべき【なりやすい4つの病気】

 

さて、その中で先日連れてきて頂いたウーパールーパーは、

お腹がパンパンに腫れてしまっていました。

 

 

お腹が腫れる原因としては、

お腹の内臓が腫れる場合以外にも、

空気が貯まる場合と、腹水が貯まる場合があります。

 

今回のケースでは、

レントゲン検査とエコー検査を行ったところ、

この子のお腹の中には腹水が貯まっていることが判明し、

細い針を使って腹水を抜去することになりました。

 

腹水の原因は?

 

このような場合で、

腹水の原因として考えられるのは、

感染症、心不全、肝不全、腎不全、高血圧、血栓症、栄養不足、老年期などがあげられます。
 

腹水の治療法

 

治療法としては症状を改善させることを期待して、

腹水を抜き、感染症対策に抗生剤の投与を行い、

両生類にちょうど良い濃度のホルトフレーター溶液で薬浴したりしていきます。

 

なかなか難しい病気ですが、

改善してくれるのを期待しています。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 両生類 | 19:44 | comments(0) | - | ↑TOP
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ