神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< パルボウイルス感染症 | main | TPLO(前十字靭帯断裂) >>
ヒョウモントカゲモドキの陰茎脱

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は10連休明けの社会復帰のためグッタリしている方が多いのではないでしょうか。笑

 

私も今年のGWは1日だけお休みを頂戴して高知県へキャンプに行ってきました。

当日に計画してGO!(←獣医師の仕事は重症の急患さんが休み前に来院されると、旅行に行くどころでは無くなるため前もって計画が立てづらいのが難点なのです)

 

かなり山奥の秘境にあるキャンプ場(夢の森公園キャンプ場)で、

なんと無料のキャンプ場なのですがきれいに整備されておりとても快適でした。

夜になると空を見上げると満天の星空ですし、川からはカジカガエルの声が聞こえてきて、

大自然のエネルギーを貰ってリフレッシュできました。

 

夏は近くを流れる仁淀川で泳いだり、カヌーやボートで川下りしたりできるそうでとても面白そうです。

 

神戸からでは、高速道路を使っても片道4時間ぐらいかかるのでちょっと遠いのが難点ですが

ワンちゃん連れで水遊びも楽しそうなので旅行先にお勧めです!

 

↑仁淀川(youtubeより)

 

さて、

このところ、当院では爬虫類の患者さんがよく来院されています。

 

先日連れて来られたのはヒョウモントカゲモドキの患者さんで

「お尻から何かが出てきている!?」という主訴で来院されたのでした。

 

ひっくり返してお腹側を見てみると…

確かに、お尻の辺りから何か内臓のようなものが出てきています。

 

こういった時は直腸が出てきてしまったり(直腸脱)、総排泄腔と呼ばれる部位が出てきてしまう総排泄腔脱や、ヘミペニス(半陰茎)が出てきてしまうケースが考えられます。

今回の場合は詳しく観察するとヘミペニス(半陰茎)が出てきていました。

 

とりあえず、潤滑剤で濡らして押し込んだり、糸で出てこないように一部を塞いだりしたものの、

すぐに再脱出しまったため出ているものを手術で切除したところ問題なく正常な状態に回復してくれました。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1004
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ページのトップへ