神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼(グレード掘 | main | ハリネズミの子宮疾患 >>
ベルツノガエル

以前、爬虫類と両生類についての研修を受けてきたこともあって、

当院では爬虫類や両生類の診察を出来る限り行っています。

 

昔、私が子供の頃に住んでいた地域には農地が広がっていて、

田んぼや用水路にはカエル、オタマジャクシ、ドジョウ、カメ、メダカ、イモリ、ザリガニ、ゲンゴロウ、

小魚などがいて捕まえたり飼育したりしていました。

水漏れしても大丈夫ということで、

お風呂場に水槽を置いてドジョウとか魚とかいろいろ飼ったりしていたのですが生き物の飼育とか観察って面白いですよね。

その頃は、

外国産のカッコいいカエルやトカゲやカメ、外国産のカッコいいカブトムシなどは全く見かけなかったのですが、

最近はペットショップにも色んな生き物がいて、大人になってハマる人がいるのもよく分かります。

 

当院では最近ではトカゲ、ヘビ、カメ、カエル、ウーパールーパーなどの診察を行っておりまして、

その中でもけっこう多く飼われているんだなと思ったのが「ベルツノガエル、クランウェルツノガエル」です。

 

このカエル、南米原産(アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル、ベネズエラなど)で

最近では、人工繁殖されホームセンターやペットショップでも扱われていることから入手し易くなっています。

大きな口が特徴でエサを目の前にチラチラさせると、「パクッ」と大きな口で食べます。

ベルツノガエル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%8E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB

 

何でも動くものをエサだと思って食べてしまうため、餌やりの時に指を噛まれてしまったりすることもありますし、

異物誤食事故に注意が必要。

 

温度管理や湿度管理は必要ですが、小さなケースでも飼育でき、

餌やりも楽しいので飼育されている方が多いのも納得です。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 両生類 | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1015
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ページのトップへ