神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ファンシーラットの腫瘍 | main | ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) >>
はりねずみの口腔内腫瘍

今回はハリネズミの口腔内腫瘍について。

 

ハムスターと同じように、ハリネズミは腫瘍に罹患し易いといわれています。

身体のいろんな場所に腫瘍が発生し、そのなかでも口の中に腫瘍が発生することが多いです。

 

口の中に腫瘍ができると、

食欲低下、食べ辛い、口からの出血、よだれ、口を気にする症状などが出てきます。

そのまま放置すると顔面の変形が見られるようになったりもします。

 

確定診断するには全身麻酔下で病変部を採取して病理検査を実施します。

 

治療は外科的な切除が基本になりますが、

病変部の全摘出術は難しいことが多く、炭酸ガスレーザーや半導体レーザーなどで腫瘍を蒸散して小さくします。

再発した場合は、再度レーザーで腫瘍を蒸散したり、補助給餌、皮下点滴をしたりしながら対処療法を実施していきます。

 

↑下顎が腫れています

 

↑口腔内に腫瘤が認められました

 

↑半導体レーザー装置で腫瘤を蒸散しました

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハリネズミ | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1020
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ページのトップへ