神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 腹膜心膜横隔膜ヘルニア | main | 上腕骨遠位の骨折(Y字骨折) >>
フクロモモンガの外傷(尻尾の断裂)

当院にはフクロモモンガのモンちゃんが住んでいることもあってか、

フクロモモンガの患者さんが来院されています。

 

今回来院されたフクロモモンガちゃんは

「シッポがちぎれてしまった!」との主訴で連れてこられました。

飼主さんからお話をお伺いすると、

シッポが回し車に挟まって切れてしまったとのこと。

持って来られたシッポは4cm程度ありましたが縫合しても生着することはないため

麻酔下で壊死したシッポをきれいに整えてから縫合しました。

 

かなり活動的な生き物ですのでかわいそうに回し車に巻き込まれてしまったのでしょう。

フクロモモンガ飼いの飼主さんは回し車にお気を付けください。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | フクロモモンガ | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1022
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ