神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 橈尺骨骨折(前足の骨折) | main | 腫瘤の蒸散(半導体レーザー) >>
橈尺骨骨折(前足の骨折)

先日、須磨区にある動物病院の先生からご紹介して頂いて、

前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

ソファから落ちた?ため骨折したそうです。

 

レントゲン画像を見てみると、

前足の橈尺骨の遠位端部分がポッキリと折れています。

やはり、若齢の体重が超小型犬種(チワワ、トイプードル)は前足を骨折するケースがとても多いです。

 

そして特にこういった骨の末端で骨折しているケースでは、

骨折を整復して固定するのが技術的に難しいです。

 

今回も特殊なチタン製のプレート(ロッキングプレート)を用いて手術を行いましたが、

関節面に入らずにスクリュー2本を設置することができ特に問題なく整復固定できました。

 

↑橈尺骨が骨折しています

 

↑プレートを用いて整復固定しました

 

手術翌日には普通に歩き始めてくれていますが、

骨癒合まで2〜3ヶ月掛かりますので、もう少し安静が必要です。

がんばってくれました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1039
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ