神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 大腿骨骨折 | main | 橈尺骨骨折(前足の骨折) >>
脛骨の骨折(後肢の骨折)

明石にある動物病院の先生からご紹介で、

後ろ足(脛骨)を骨折したネコちゃんが来院されました。

 

こちらのネコちゃん、

なんと20歳近い猫ちゃんなのですが運が悪いことに骨折してしまったそうです。

なんででしょうね。

 

高齢ですし治りが悪そうではあるのですが、

粉砕骨折のため今回は創外固定という方法で骨折を整復しました。

 

骨が砕けているため近位と遠位の骨の大きさが小さくて苦労しましたが、

何とか整復固定することができて良かったです。

↑脛骨が粉砕して折れています(よく見ると骨に亀裂が長く入っています)

 

↑創外固定で固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1041
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ