神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) | main | うさぎの子宮疾患 >>
ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全

脱皮不全のヒョウモントカゲモドキが来院されました。

 

ヒョウモントカゲモドキは2週間〜毎に脱皮を繰り返します。

これが原因になり調子を崩す子も時々います。

 

今回のケースでは眼に脱皮不全の皮が残っており、

片目が見え難くなっていたため脱皮の皮をピンセット等で除去すると調子が復活しました。

 

対処法など詳しくは、

Dr ツルのエキゾチックアニマル情報室

https://exoroom.jp/hyoumontokagemodoki/2019/07/18/dappifuzenn/

を見てみてください。

 

トカゲ飼いの飼主さんで脱皮不全が気になる方はぜひケアしてみてください。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1064
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ