神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< うさぎの子宮疾患 | main | 外傷性横隔膜ヘルニア >>
アメリカ研修報告

10月20日〜25日までの間、外科研修を受けるためアメリカ合衆国ネバダ州にあるオークエンドセンターに行ってきました。

このところ毎年、外科研修を受けにアメリカに行っておりまして不在中は患者さまに大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

今回も米国外科専門医の先生方に普段診察していて疑問に思うことについて意見やアドバイスをいただいたり、

研修に来ている日本の獣医師の先生方と情報交換をしたりとても有意義な時間を過ごすことができました。

 

内科系の勉強は座学で教科書や論文、最近ではWEBなどの通信教育などで勉強することができます。

しかし、外科系の勉強は座学で内容を理解していたとしてもやはり実地で研修を受けなければ難しいところがあります。

自動車学校で路上実習を受けてからでないと、安全に車を運転できるようにならないのと同じ感じでしょうか。

 

日本国内ではセミナーや座学での研修を受けることは可能なのですが、

このような実習形式の研修をさらに外科専門医から直接受けることができる機会はほとんど無いため

遠く海外まで行くメリットがあると考えています。

以前から行っている手術手技もありましたが毎回改めて勉強になることも多く、

さらに技術を磨いて、治療の幅を広げることができたと思います。

 

 

こうして遠くアメリカまで研修を受けに行くモチベーションや原動力になっているのは、

動物たちが元気になってくれるのがうれしいのはもちろん、治療が奏功して動物たちの病気が良くなることで、当院をいつも応援してくださる、信頼して通って頂いている飼い主さんが笑顔になって喜んでくれるのを見ることが何よりうれしいからです。

 

どうすることもできない難しい病気や、現代の獣医学ではどうしても救うことができないケースもあるのですが、

愛する動物たちが窮地に陥った時に救うことができるように日々努力していきます。

 

 

今回重点的に研修を受けた内容は、泌尿器系と消化器系疾患についてでした。

泌尿器系

膀胱固定術、膀胱癭チューブ設置、尿管再移植術、犬の尿管ステント設置術

前₋/陰嚢尿管癭設置術、会陰尿道設置術、経恥骨尿道造設置術 、尿道脱整復術、                 

消化器系

肛門嚢摘出術、直腸プルスルー術、粘膜反転法、恥骨骨切り術、結腸切除吻合術

胆嚢疾患のまとめ、胆嚢十二指腸吻合術、胆嚢摘出術

恥骨骨切り術、腸骨下リンパ節切除術、結腸切除吻合術、胆嚢十二指腸吻合術、胆嚢摘出術

 

↑アメリカ合衆国ネバダ州にある研修施設「オークエンドセンター」

 

↑オークエンドセンターの紹介動画(OQHPから)

 

  

 

↑米国外科専門医の Dr. JAMES A. PERRY、Dr.William Culp、Dr. Ameet Singh

教えて頂いた3名の先生と一緒に。

  

↑修了証

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 


おまけの雑記

 

今回の米国研修はとてもタイトだったので、

「自宅→飛行機→ホテル→研修→飛行機→帰宅」というどこにも立ち寄らずにまったく無駄の無い日程でした。

 

いつもと違う事といえば、

関空からシアトルへの飛行機チケットの隅に「SSSS」と記載がありました。

過去8回ほどアメリカへ行ってますが今回初めてです。

この「SSSS」とは「Secondary Security Screening Selection」の略で、

アメリカ発着便の利用者からランダムに選ばれた2次セキュリティチェックの対象者という意味だそうです。

選ばれた乗客は、カバンの中身チェック、ボディチェックなど追加のセキュリティチェックが課せられるとのこと。

SSSSという存在は何となく知っていたため、いつチェックされるのだろうと思っていると、飛行機に乗る直前の搭乗ゲートでしっかりチェックされました。

テロが頻発する現代には安心して飛行機に乗るために必要なんでしょうね。

↑関空搭乗ゲートでSSSSのチェックを受けました

 

↑マッカラン国際空港到着(ネバダ州ラスベガスにある空港)

こちらの空港、ラスベガスにあるだけあって、空港内にスロット台などが普通に沢山置いてあり、ギャンブルをしなくても何となく気分が盛り上がります。

 

現地の空港に着いて長い入国審査の列に並んだ後、宿泊するホテルまで移動しなければなりません。

ツアーで行った場合は、添乗員さんが空港まで迎えに来てくれて、ホテルまで連れて行ってくれるので便利で良いのですが、

今回は個人で手配をしているのでホテルまでタクシーで移動です。 

また、アメリカでとても便利なのが配車アプリを利用した「ウーバー」です。

日本でいうところの白タクと似ていますが、スマホ上のカード決済なので運転手さんとチップを含めたお金のやり取りをせずに、スマホの地図で指定した地点に車を呼んで、指定した場所に送り届けてもらうことができるという便利なシステムでアメリカではごく一般的になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 研修セミナー報告 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/1067
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ