神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 「ペット手帳」はじめました! | main | 腹腔鏡を使った避妊手術 >>
ハムスターの腫瘍

先日、胸の辺りにできものが出来ているハムスターちゃんが神戸市中央区から来院されました。

さっそく診させて頂くと、胸の辺りに直径1〜2cm程度のしこりが出来ているようです。

 

飼い主さんから経過についてお話をお伺いすると、

腫瘍が見つかりお近くの動物病院で診察を受けられたそうです。

しかし、癒着しているため摘出は不可能という診断だったため様子を見ていたものの、

腫瘤部位の皮膚に孔があいてしまい出血してきたため「何とかならないか」と当院へ来院されたようでした。

 

当院でも診察させて頂いたところ、

半導体レーザーを使えば恐らく摘出は可能と判断し、

飼い主さんにリスクも含めてご相談した上で手術を行うことになりました。

 

↑胸の辺りに腫瘤ができています

 

↑腫瘤を摘出して縫合しました。吸収糸で縫合しているため、抜糸しなくても大丈夫です。

 

↑腫瘤が摘出出来て、問題なくお家に帰って行ってくれたので良かったです

 

ある程度大きな腫瘍でも、

ハムスターの場合は意外と摘出可能なケースが多いため、

おかしいなと思われたら早めに動物病院へ受診をおすすめします。

 

垂水オアシス動物病院

 

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ