神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 耳介の腫瘍 | main | うさぎの食事について >>
腹腔鏡を使った避妊手術

新しく飼い始められたワンちゃんは、

だいたい6か月齢ぐらいで避妊・去勢手術を行うことが国内では一般的だと思います。

 

猫ブームと言われて久しいですが、

新しくワンちゃんを飼われる方も多く来院されます。

 

当院ではキズが小さくて痛みと身体への負担が少ない、

腹腔鏡を使った避妊手術を行っており、

最近ですと、

避妊手術のほとんど(80%程度?)を腹腔鏡下で行っています。

 

人間でも痛いのは嫌ですし、

動物たちも痛いのが嫌なのは同じだと思うのです。

 

なるべく動物たちに負担が少なくて、

身体にやさしい方法を取り入れていこうと考えています。

小さなキズで避妊手術を行うことができます

 

当院の腹腔鏡についてのHP)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 腹腔鏡 | 18:49 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページのトップへ