神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ウーパールーパー(アホロートル) | main | コロナウイルス >>
臀部の腫瘍

ワンちゃん、猫ちゃん、ハムスターなど動物種を問わず、

どんな動物にでも腫瘍ができることがあります。

 

気付くのが遅れてしまい腫瘍が大きくなってしまうと、

摘出するには大きな手術が必要になり、転移してしまったり、

完全に切除するのが難しくなってしまうことがあります。

ですので、

基本的には「早期発見・早期治療」が大切です。

 

先日、

お尻の周りに大きな腫瘍ができているワンちゃんが来院されました。

さっそく診察させて頂くと、

お尻の右側に巨大な腫瘍ができており、

便が出にくくなっていました。

 

このままでは生きていくことが難しいことと、腫瘍が大きくなりすぎて自壊してしまったため、

この大きな腫瘍を摘出することになりました。

 

↑BEFORE:大きな腫瘍ができています

 

↑AFTER:腫瘍を摘出しました

 

大きな腫瘍だったため摘出可能かどうか心配でしたが、

とりあえず問題なく摘出できてお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 19:13 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ページのトップへ