神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 骨盤骨折(交通事故) | main | 橈尺骨骨折(前足の骨折) >>
膝蓋骨脱臼(グレード4)

先週、膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼:グレード4)のチワワちゃんの整復手術がありました。

 

特に小型犬が後ろ足をケンケンしている時に多く認められる疾患で、

チワワ、トイプードル、ポメラニアンなどによくみられます。

 

膝蓋骨脱臼には重症度により便宜上グレード分類があります。

 

・グレード

膝蓋骨を手で押すと脱臼しますが、手を離すと正常に戻ります。

 

・グレード

膝蓋骨を手で押すか、あるいは動物が膝関節を屈曲した際に自然に脱臼
します。膝蓋骨は手で整復するか、動物が関節を伸展させるまで、脱臼
した状態です。

 

・グレード

膝蓋骨は常に脱臼した状態ですが、関節を伸ばして手で整復することは
できます。ただし、すぐに再脱臼してしまいます。

 

・グレード

膝蓋骨は常に脱臼した状態で、関節を伸ばしても手で整復することはで
きません。動物は歩行を嫌がり、かがんだ姿勢を取るようになります。
 

「このグレードなら、この手術」というような明確な基準は無いため、

どこの部位に異常があるのかを考えて手術を行う必要があります。

 

昨年末に東京で膝蓋骨脱臼時の大腿骨骨切り術についての講義を受けてきたのですが、

今回は骨の変形はほとんどなく、

大腿骨と脛骨の位置がおかしくなっていたため、

滑車溝の造溝、外側関節包の縫縮、内側支帯の開放、

脛骨粗面移植の代わりに関節外法を組み合わせて実施したところ、問題なく膝蓋骨が整復できました。

 

あと1か月程度は安静が必要になります。

早く良くなってくれますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

TEL:078-707-2525

http://www.tarumioasis.com/

 

 

| tarumioasis2 | 膝蓋骨脱臼 | 17:28 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ