神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼(グレード4) | main | モルモットの卵巣腫瘍・皮膚病 >>
犬の骨折に使ったプレートを除去しないとどうなる?【獣医師が解説】

先日、長田区にある動物病院の先生からご紹介して頂いて、

前足を骨折したトイプードルちゃんが来院されました。

ソファから落ちてしまい骨折したそうです。

 

レントゲン画像を見てみると、

前足の橈尺骨の中央部付近でがポッキリと折れています。

 

 

やはり、若齢の体重が超小型犬種(チワワ、トイプードル)は前足を骨折するケースがとても多いです。

 

今回も特殊なチタン製のプレート(ロッキングプレート)を用いて手術を行い特に問題なく整復固定でき、

術後2日目には普通に患肢に負重して歩いて退院していってくれました。

 

 

この後、問題が生じなければ骨は2〜3か月で治癒します。

 

そこで気になるのは骨は癒合したけれども、

それまでの間に固定されていたプレートを抜去するかどうかではないでしょうか?

 

 

治癒後にプレートを除去すべきか?

 

結論を先に言いますと、どちらが良いと決まっているものではなく、

骨折部位はどこなのか、成長期かどうか、高齢の動物かどうか、主治医の先生の判断や、飼い主様の希望によって違ってきます。

 

ちなみに、当院ではステンレス製プレートではなく、

生体親和性が高くて柔らかいチタン製のプレートシステムを使用しているため、

プレートを除去する機会がほとんど無くなっています。

 

プレートを除去するメリット

 

プレートの下にある骨の骨密度低下を防ぐことができる(ストレスシールディング現象の回避)

⇒プレートがあることで、骨にかかる力が減るため、骨の密度が低下することがある

(骨が重力を感じれなくなると宇宙飛行士みたいに骨粗しょう症になってしまいます)

 

・プレートの端に位置している骨への力の集中を防げるため、その部位での再骨折を防げる

 

プレートを除去するデメリット

 

・プレートを外した後に再骨折する可能性

⇒やっと骨折が治った!⇒プレートを外す⇒再骨折(涙)

 

・プレートを外した後に再骨折しないように、2週間〜1か月間の安静が必要

・再度手術が必要になる

 

 

最後に

 

硬い金属であるステンレス製のプレートではプレートを外すこともあるでしょうし、

チタン製のプレートでは除去しないことも多いと思います。

 

当院ではスクリューを抜去することはあるものの、

今までのところ術後に問題が生じたことがないため、プレートは除去せずにそのままにしているケースがほとんどです。

 

どうすれば良いかは状況により異なるため詳しくは主治医の先生に相談してみて下さい。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

TEL:078-707-2525

http://www.tarumioasis.com/

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 12:36 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ