神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 橈尺骨骨折(前足の骨折) | main | 腸内異物 >>
モルモットの卵巣腫瘍・皮膚病

本日、

モルモットちゃんが来院されました。

昨年に卵巣嚢腫が見つかり、摘出した子です。

 

↑手術前の様子:お腹が腫れて、体表の毛が薄くなっていました

 

モルモットは卵巣嚢腫という卵巣の病気になりやすくて

女の子のモルモットでは100%近い発生率があるといわれています。

 

症状は、

初期ではほとんど無症状ですので、たまたま健康診断で見つかることが多いです。

また、卵巣嚢腫のサイズが大きくなると腹部が腫れてきて気付かれることもあります。

あと、側腹部に痒みを伴わない脱毛がみられることがあります。

 

今回のモルモットちゃんは、

昨年に腹部の腫れと脱毛が見られたため、

エコー検査を実施したところ卵巣嚢腫が見つかったのでした。

 

この場合の治療は、

外科的に卵巣子宮摘出術を行うことです。

モルモットの卵巣は犬や猫に比較して卵巣間膜が短いため、

卵巣を腹腔外に牽引することが大変難しいのですが、

半導体レーザーやヘモクリップなどを駆使して摘出することができました。

↑※閲覧注意:摘出された卵巣と子宮

 

その後、

しばらく来院されていませんでしたが、

本日来院されたときに見ると、

無事にフサフサ・ツヤツヤと毛が生えていたので良かったです。

 

ひょっとして若返ったの??

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
| tarumioasis2 | モルモット | 18:52 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ