神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 犬歯の歯根膿瘍 | main | 3月からフィラリア予防の注射を始めました! >>
股関節脱臼

このところ、

新型ウイルスの影響で、

学校が休校になったり、イベントが自粛されたり国内もなかなか大変な状況になってきていますね。

 

後から振り返ると大した事なかったなとなるのか、

今から大流行して一大事になるのか、

単なる風邪のようなものだ説もあるみたいですが、

新型のウイルスでまだ分かっていない事が多いだけに心配です。

 

子供や若い人は大丈夫なことが多くとも、

重症化し易いとされているお年寄りが心配なので

感染してしまった方が回復されて、早く流行が収まって終息することを願わずにはいられません。

 

ちなみに当院でも、

待合室や診察室の窓を開けて換気に努めており

寒く感じられる事があるかと思いますがご理解ください。

 

また、受付に手指用のアルコール消毒液を設置していますのでご自由にお使いください。

 

 

 

先日、股関節を脱臼したワンちゃんが来院されました。

ワンちゃんの足にリードが絡みついて引っ掛けてあばれてしまい股関節が脱臼してしまったようです。

痛そうですね、、、!

↑画像上左側の股関節が脱臼しています

 

このようになってしまった場合、

まずは非観血的整復(手術せず治す方法)をまず試してみることが多いです。

全身麻酔を掛けて、

足を引っ張って「エイヤー」と脱臼している股関節を元の位置に戻します。

 

今回のワンちゃんの場合も麻酔を掛けて、

脱臼を整復して包帯で固定したものの何日か後にはすぐに再脱臼してしまったため、

今回は「大腿骨頭切除術」という手術を行いました。

 

 

手術後は徐々に足を使うようになるようにリハビリを頑張らないといけません。

手術前の状態にもよりますが、1〜2か月程度で歩けるように回復することが期待できます。

早く歩けるようになりますように…。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:58 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ページのトップへ