神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(尻尾のできもの) | main | ハムスターの腫瘍 >>
ヘビの尿酸結石

1か月前から食欲がなく便が出ないという症状のヘビさんが来院されました。

 

当院では可能な範囲でヘビの診察も行っておりまして、初めて来院される際は事前にご予約ください。

ヘビさんが苦手な犬や猫の飼い主さんもいらっしゃるので、

ヘビさんを連れて来院される際は保温のためにもカバーをかけていただくと良いと思います。

 

便が出ないという症状でよくあるのが「尿酸結石による便秘」です。

 

レントゲンを撮影してみると…、

↑総排泄腔辺りに尿酸結石が3つくらい写っています

 

 

哺乳類とは異なり、爬虫類は「総排泄腔」というものがあり、排便、排尿、生殖(産卵など)の3つの役割を持ちます。

犬猫などでは、尿や便などは違う孔から出てきますが、ヘビなどの爬虫類は総排泄腔と呼ばれる1つの孔から全てが出てくるようになっています。

そしてヘビは尿と同時に作られる尿酸結石を総排泄腔で詰まらせてしまい便秘を引き起こしやすい生き物です。
原因としては、水分不足、運動不足、温度管理不足が挙げられ、

便秘を引き起こしてしまうと食欲の低下などにつながります。


詰まった尿酸結石の取り出し方は、総排泄腔付近を押して出す方法、器具を使って取り出す方法などがありますが、

今回は総排泄腔から潤滑剤を入れてマッサージすると、スルッと硬い便が出てきてくれました。


 

↑石が出てすっきりした後のヘビさんの様子

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | - | 18:35 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ