神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 次亜塩素酸水あります | main | 次亜塩素酸水スプレー >>
ハムスターの腸重積

先日、お尻から何か赤いものが出ているというハムスターちゃんが来院されました。

 

このような場合、お尻から直腸が反転して出てくる「直腸脱」か、腸が腸の中に入り込んでしまう「腸重積」かを

考えなければいけません。

しかし、ハムスターの場合では、直腸脱はまず無くて、ほとんどが腸重積です。

 

腸重積は命に関わる重篤な病気で、緊急手術を要しますが、完治は大変困難だといわれています。

 

すぐに手術をしなければ回復の望みは薄く、

発見が遅れたり、

飛び出た腸が傷ついてしまったりすると、

手術後の回復は期待できません。

 

発生してからすぐに手術できれば完治する場合もありますが、かなり重篤な病気です。

詳細な原因は不明で、下痢をしているハムスターに多いためその関与が疑われています。

 

完全な予防法はありませんが、温度・栄養管理をしっかりし、下痢がみられたらすぐに治療することが大切です。

 

今回来院されたハムスターちゃんの場合、

飼い主さんとご相談の結果、様子を見ると助かる見込みはほぼゼロのため手術を行うことになりました。

 

↑麻酔を掛けて寝てもらいます。肛門から腸が出てきています。ZZZ…

 

↑※閲覧注意:手術の画像です。開腹し、腸重積を整復したあとの状態。腸の血流が悪い部位が変色しています。

 

↑壊死しかけの腸を切除し、正常な腸同士を縫合しました。

 

↑術後2日目。来院時の様子。

 

あとは体力次第ですが、

早く元気に回復して貰いたいものです。がんばって!

 

垂水オアシス動物病院

 

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 13:37 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ページのトップへ