神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 短頭種症候群(軟口蓋過長症) | main | フクロモモンガの脱毛 >>
異物誤食事故(砂)

先日、調子が悪くてグッタリしているというダックスフントちゃんが来院されました。

 

飼い主さんからお話をお伺いしたところ、

砂浜に散歩にいってからしんどくなっているとのこと。

 

早速、身体のどこに異常があるか調べてみると・・・、

 

X線検査をしてみると、胃と腸内に何かが写っています。

これは何かといいますと、「砂浜の砂」です。

この子は、砂浜の砂を大量に食べてしまっていたのでした。

 

多少砂を食べたぐらいでしたら、

ふつうなら問題なく便に排泄されるハズです。

 

しかし、

この子の場合、翌日になってX線検査をしても砂の位置が変わらず、

グッタリしたまま改善の兆しが無いため、

このままでは危険と判断して「砂」を摘出することになりました。

 

↑※手術画像・閲覧注意:胃と腸を切開して砂を摘出しました

 

↑※手術画像・閲覧注意:摘出された砂

 

その後、

2〜3日で状態が改善し、食餌もとれるようになり、

問題なくお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

海岸線に散歩に行く場合は、

まさかという事態が起きないようにするために、

砂など異物を食べないようにお気をつけください!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 09:08 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ