神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 異物誤食事故(砂) | main | 肛門周囲の腫瘍(犬のお尻周りのできもの) >>
フクロモモンガの脱毛

先日、フクロモモンガが来院されました。

 

(※じつは当院にもフクロモモンガのモンちゃん(男の子)が住んでいます。)

 

今回来院されたフクロモモンガちゃんは女の子で、

頭頂部の毛が左右対称に薄くなっているのに飼い主さんが気付かれて来院されました。

 

↑頭部に左右対称性の脱毛がみられました

 

男の子だと頭頂部に臭腺があるため、脱毛しているように見えることもあります。(←去勢手術を行うと、臭腺が退化して臭いが減ります)

ただ、今回来院されたのは女の子です。

 

フクロモモンガで左右対称性の脱毛は主に高齢の雌で報告されており、

プロラクチン産生下垂体腺腫との関連性が考えられているものの、

この頭部の左右対称性脱毛の原因は今だよく分かっていません。

 

こちらの頭部の左右対称性脱毛は原因不明とされているため、

赤くもなっておらず本人も気にしていないため、このまま様子見がすることになりました。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | フクロモモンガ | 09:57 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ