神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 肛門周囲の腫瘍(犬のお尻周りのできもの) | main | 前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼の併発症例 >>
危険性が高い「マダニ感染症SFTS」

昨日、ヤフーニュースにSFTSウイルスについての記事が出ていました。

 

ヒトの場合で致死率は27%にもなる危険なウイルス感染症で、

ペットへの感染も確認されており、犬の致死率は29%、ネコの致死率は60〜70%で西日本を中心に広がりを見せています。

 

詳しくはぜひヤフーニュースの記事を見てみてください。

 

 

主にダニに刺されると感染するウイルスとされていますが、猫からヒトへ感染した例もあります。

 

記事を見ていると、

 

「これまで把握されているだけで獣医療関係者7人とペットの飼い主11人が感染して、その一部は亡くなっているという。」

 

と載っていました。

 

ニュースになっていないだけで、

動物病院関係者とペットの飼い主さんにも患者さんがいるんですね。

正直ビックリしました。

 

ヒトの致死率が27%ということは、やはり感染してしまうと非常に危険なウイルスであり、

気を付ける必要がありそうです。

 

SFTSウイルスからヒトや動物たちを守るためにも、

ノミやダニの予防をしていない場合は予防をしてあげて下さい!

 

ちなみに、

当院では、動物たちの健康はもちろんのこと、

スタッフの安全を確保するためにも、1か月以内のノミダニの予防をお願いしておりまして、

特に、トリミングやペットホテルなどでお預かりする場合は、ノミダニの予防を必須とさせていただいております。

 

トリミングやペットホテルから帰宅したらノミダニが感染していたなんて事になったら嫌ですものね。

 

動物たちのためはもちろん、

マスクと同じように、感染予防のため、

あくまで未然に防ぐための予防のためですので、

皆様のご協力をよろしくお願い致します。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

  

| tarumioasis2 | コラム | 20:23 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ