神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 危険性が高い「マダニ感染症SFTS」 | main | TPLOの合併症(前十字靭帯断裂) >>
前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼の併発症例

先日、後肢を痛がるという主訴で、

前十字靭帯断裂の犬(トイプードル)が来院されました。

 

以前、反対側の後肢も同症状のため前十字靭帯断裂の手術することになった犬が、

今度は逆の足を着かないという主訴で来院されたのでした。

 

「前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)で突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

 

大体は触診やX線検査で診断ができ、
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

 

今回のケースは、

前十字靭帯断裂膝蓋骨脱臼グレードも併発している症例でした。

 

若いころからの持病である膝蓋骨脱臼のため膝関節に関節炎が生じており、

また、膝蓋骨脱臼があると前十字靭帯が断裂し易いことから、靭帯が断裂してしまったものと考えられます。

 

↑術前:膝蓋骨が脱臼しています

 

 

↑手術中の様子(※閲覧注意)

大腿骨の滑車溝がものすごく浅いため、溝を深くしていきます。

長年の膝蓋骨脱臼の影響で関節軟骨が摩耗していました。

 

↑手術中の様子(※閲覧注意)

膝蓋骨の関節軟骨が摩耗して痛んでいます。

 

↑手術中の様子(※閲覧注意)

大腿骨の滑車溝をブロック状に切除し元に戻すことで深くしました。

 

その他、

関節包の縫縮、関節外法などを組み合わせて、

前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼グレード3の治療を実施しました。

 

 

↑術後:膝蓋骨が整復されました

 

 

前十字靭帯断裂の治療法として、

今回実施した関節外法以外にもより術後の成績が良いと報告されている「TPLO」という手術方法もありますので、

当院では飼い主さんとご相談の上どちらかを選択して頂いています。

 

別記事⇒TPLOって何?犬の前十字靭帯断裂とは?治療法(TPLOなど)を解説!

 

2〜3か月で徐々に回復する予定ですので、しばらく安静が必要になります。

早く良くなりますように…。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 犬の膝蓋骨脱臼(パテラ) | 10:54 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ