神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 次亜塩素酸水スプレー | main | TPLOの手術費用(前十字靭帯断裂) >>
セイブシシバナヘビ

先日、「セイブシシバナヘビ」の患者さんが来院されました。

 

数年前に爬虫類と両生類についての研修を受けてから、爬虫類と両生類の診察をしています。

 

爬虫類とか両生類とかは、苦手な人もいらっしゃるでしょうし、

万人受けはしないペットだと思いますが、最近だと意外と飼育されている方が多いです(女性の方も多い印象)。

私も、昔は子供の頃にカエルやトカゲを捕まえて飼育したりしていた経験があり、それが多少役立っています。

(今もウーパールーパー、オタマジャクシ、ザリガニ、カエル、魚などを飼育しています)

 

さて、今回来院された「セイブシシバナヘビ」は

マイマイヘビ科(Dipsadidae)シシバナヘビ属(Heterodon)のヘビで、

見た目が特徴的でかわいいため人気があります。

 

↑YouTubeより

 

↑今回来院されたセイブシシバナヘビの患者さん

 

出身地はアメリカやメキシコで、砂地や半砂漠地域に生息しています。

食餌は動物食ですので、ペットとして飼育する場合はピンクマウスを与えます。

 

こちらの「セイブシシバナヘビ」、実は弱いながらも毒を持っており、

咬まれると腫れたりすることがあるため、エサを与える時に間違って咬まれないように気を付ける必要があります。

 

ヘビは温度管理や餌などの飼育管理がばっちりであれば、

丈夫で病気になり難い生き物ではありますが異変があれば来院してください。

 

最後にお願いが一つ御座いまして、

犬猫の飼い主さんでヘビや爬虫類がものすごく苦手な方もおられるため、

ヘビさんを連れて来られるときは中が見えないようにカバーを掛けてご来院ください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 16:59 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ