神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< セイブシシバナヘビ | main | 新型コロナウイルスは犬猫に感染するのか?【獣医師が解説】 >>
TPLOの手術費用(前十字靭帯断裂)

前十字靭帯断裂の手術方法には各種の術式が報告されており、

関節外法、TPLO、TTAなどの術式が主流となっています。

 

その前十字靭帯断裂の治療法の中で、

現在のところ最も術後成績が良いとされているのがTPLOという術式です。

 

当院でも前十字靭帯断裂の症例には、

関節外法とTPLOを用いて治療を行っています。

 

前十字靭帯が断裂してしまい、

 

さてこちらのTPLOという手術法、一般的に高額になることの多い手術として知られています。

 

地域性(都会では高額になる傾向、場所代、物価も高め)や、

整形外科専門の動物病院かどうか、

プレートの種類、

超小型犬や超大型犬かなどによっても費用は変わるかもしれません。

 

地域差はあると思われますが、

TPLOの手術費用はいずれにしても高額になるのは確かです。

 

だいぶ以前にアメリカの外科専門医の先生から聞いた話によると、

本場アメリカでは大体4000〜6000ドル(約43〜65万円)程度のコストが掛かるそうです。

(※一昔前に聞いた話なのであくまで参考程度)

   

最近ではアメリカより日本の方が物価が安くなっているようではありますが、

日本国内でもやはりTPLOは動物医療でも高額に分類される手術手技です。

発症しそうな犬種を飼われている飼い主さんは

前十字靭帯断裂発症に備えて動物用の医療保険に事前に加入しておく方が安心かもしれません。

 

また、

コスト的な制約がある場合は、

TPLOの術式を選ぶのでは無くて手術費用が安価な関節外法(糸を使った方法)を用いて治療することも

状況によっては有り(大型犬や、小型犬でも犬によっては術後に糸が切れて再発してしまう可能性は有ります)だと思いますので、

詳しくは主治医の先生に相談してみて下さい。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 前十字靭帯断裂(TPLOなど) | 20:28 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページのトップへ