神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< TPLOの合併症(前十字靭帯断裂) | main | 犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)グレード分類について >>
犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)

 

犬の膝蓋骨脱臼とは

犬の膝蓋骨脱臼は、後肢にある膝蓋骨(いわゆる膝のお皿)が正常な位置からずれてしまっている状態をいいます。

 

膝蓋骨脱臼には、内側に外れれる内方脱臼と、外側に外れる外方脱臼がありますが、ほとんどのケースは内方脱臼です。

 

この膝蓋骨脱臼はどんな犬種にも見られますが、内方脱臼は小型犬(トイプードル、チワワ、シーズー、ヨークシャテリア、ポメラニアン等)に多く、外方脱臼は大型犬にまれに見られる傾向があります。

 

膝蓋骨脱臼は内方脱臼が見られることが多く、重度の場合では大腿骨が湾曲してしまい、内反股(ないはんこ:大腿骨が内側に湾曲するする状態)になってしまいます。

 

また、外方脱臼は大型犬にまれに見られ、重度の場合では外反股(がいはんこ:大腿骨が外側に湾曲する)になることがあります。

 

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼の原因

先天的原因【ほとんどの原因】

膝蓋骨脱臼になる犬は、生まれた時から先天性に(遺伝的)膝関節周囲の筋肉や骨に異常が存在していることから、

成長と伴に筋肉と骨の成長がアンバランスになり、膝蓋骨が脱臼してしまうと考えられています。

 

後天的原因【稀な原因】

後天性のものでは、事故などによる外傷などで膝周囲の組織に損傷が生じたり、

膝周囲の骨が骨折して膝蓋骨脱臼が引き起こされることもあります。

 

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼の症状

膝蓋骨脱臼の症状は、その程度により、全くの無症状から歩くことが難しいケースまで様々です。

程度により、後肢を曲げたまま歩く、スキップ様の歩行をする、後肢を伸ばしてケンケンする等の症状が見られます。

 

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼のグレード分類

犬の膝蓋骨脱臼には重症度の分類法があり、

グレード1(軽度)〜グレード4(重度)までに分けられます。

グレード1

指で押すと脱臼するが、指を離すと元に戻る。

グレード2

指で押すと容易に脱臼するが指を離しても自然には元に戻らない。

グレード3

普段から脱臼したままで、指で押すと正常な位置に戻せるが、指を離すとすぐ脱臼してしまう。

グレード4

普段から脱臼したままで、指で押しても正常な位置に戻せない。

 

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼の治療法

症状に合わせて治療方法を選択していきます。

症状が軽度であれば一時的に運動を控えたり、痛み止めを投与するなどの内科治療を行います。

 

膝蓋骨脱臼は、物理的に膝蓋骨がずれてしまう病気であり、

痛み止めやサプリメントなどを飲んだり、

サポーターを着けたりしても、

膝蓋骨が外れなくなる訳ではないため、

症状が継続して見られるようであれば膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を行う必要があります。

 

ただしグレードが進行しすぎ、変形が重度の場合には手術に適さないこともあります。

 

 

 

 

膝蓋骨脱臼の手術が必要になる場合とは?

膝蓋骨脱臼はその程度により、最も軽いグレード1〜最も重いグレード4に分類されます。

現在獣医療界では様々な手術法が考案されており、手術の適応の基準も病院によって様々です。

 

当院では以下の場合に膝蓋骨脱臼に対して手術が必要と考えています。

 

・ グレード3以上の場合

 

・ 若齢時におけるグレード2以上で、成長に伴い今後骨の変形が予想される場合

 

・ グレードが1〜2であっても、脚をあげたり痛がったりが高頻度に見られる場合

 

全くの無症状の場合は、手術をせずに経過観察していくこともあります。

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼の手術方法

造溝術、内側支帯の解放、外側関節包の縫縮、人工靭帯による脛骨の牽引(大腿骨と脛骨の位置関係が変わってしまっている場合)、もしくは脛骨粗面転移術といった術式を組み合わせて行います。

 

最重症のグレード4の場合で大腿骨に変形が認められる場合、

大腿骨を骨切りしての変形矯正が必要になることがあります。

 

↑脛骨粗面転移術

 

↑人工靭帯による脛骨の牽引

 

手術前のX線検査画像。膝蓋骨(黄色矢印)が脱臼しています。

手術前のX線検査画像
膝蓋骨(黄色矢印)が脱臼しています。

 

膝蓋骨脱臼整復後のX線検査画像。膝蓋骨(黄色矢印)が正常位に整復されました。

手術後のX線検査画像
膝蓋骨(黄色矢印)が正常位に整復されました。

 

 

犬の膝蓋骨脱臼の予防法

膝に負担をかけないことが重要です。

フローリングなどの硬くて滑りやすい床は膝への負担がかかりやすいので、

じゅうたんやマットなどを敷くといいでしょう。

 

 

 

 

犬の膝蓋骨脱臼についてのQ&A

Q1、犬の膝蓋骨脱臼は手術するべきか、しないべきか?
グレード3で時々外れがち、痛みはたまにあるようです。

 

A1、グレード3で症状があるようであれば手術適応になります。

若いうちに手術を済ませておいた方が良いでしょう。

無治療で様子をみると軟骨が損傷したり、関節炎が悪化したり、

将来的に前十字靭帯も切れてしまう場合があります

 

 

 

Q2、膝蓋骨脱臼の手術後はどのくらいの期間安静が必要ですか?

 

A2、骨が癒合するのに2〜3か月程度掛かります。

そのため、2〜3か月は安静にする必要があります。

 

 

 

Q3、両足同時に膝蓋骨脱臼の手術は出来ますか?

 

A3、技術的には可能ですし、両肢を同時に手術される先生もいらっしゃると思います。

ただ、犬は松葉杖を使えないため後肢が同時に両方とも使えなくなるのはとても不便だと思います。

そのため、当院では片側ずつ時間をあけて膝蓋骨脱臼の手術をお勧めしています。

 

詳しくはこちらへ⇒【犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)両足とも手術するべきか?】

 

 

Q4、手術後に膝蓋骨脱臼が再発する可能性はありますか?

 

Q4、グレード1、2、および3の膝蓋骨脱臼の外科的修復を受けた犬の90%以上は、重大な合併症はなく、

手術で正常または正常に近い機能に戻ると報告されています

 

当院では膝蓋骨脱臼の整復手術を専門的に行っており、他院様から症例を紹介して頂くこともあり、

今までに数多くの手術を経験してきました。

その経験上、グレード1〜3までの膝蓋骨脱臼症例では

ほとんどのケースで正常または正常に近い機能に戻ると考えています。

 

ただ、最重度のグレード4では、標準的な手技では膝蓋骨脱臼の整復が難しく、

脱臼を整復するために大腿骨を切ってプレートで固定(大腿骨の変形矯正)する必要がある場合があったり、

状態によっては機能回復し難いことがあります。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 犬の膝蓋骨脱臼(パテラ) | 19:01 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページのトップへ