神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)両足とも手術するべきか? | main | 猫を探しています >>
犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)を「手術しない」とどうなる?

膝蓋骨脱臼とは、

膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。

 

膝蓋骨脱臼の症状がある犬では、

 

  • 突然キャンとないて後足を痛そうにする
  • 後足を曲げ伸ばしした時に膝からコキコキと変な音が聞こえる
  • 時々後足でスキップ様の歩行をする(ケンケンする)
  • 脱臼している膝蓋骨を自分で戻そうとして後足を伸ばす動作をする


などの症状がみられます。

 

膝蓋骨脱臼のグレードや状態にもよりますが、【グレード分類についてはこちらへ

 

グレード1〜2で全く無症状の場合は手術をせずに経過観察することが多いです。

無症状のグレード1〜2の小型犬の場合、

床を滑らないようにマットを敷いたり、

太らないように体重を管理したり注意をしていけば、

膝蓋骨脱臼があったとしても関節炎や痛みを引き起こさないこともあります。

 

ただし、

グレード1〜2でも症状がある場合や、

グレード3以上の場合は、

手術しないで放置すると、

高齢になってから最終的に変形性関節症(関節炎)になる可能性が高いことから、

若いうちに整復手術を受けた方が良い場合が多いです。

 

また、

文献によると膝蓋骨脱臼のある犬の少なくとも15%から20%では、

高齢になると最終的に前十字靭帯が断裂すると報告されています。【前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼の併発症例の記事はこちら

 

 

これは膝蓋骨が脱臼することで膝の生体力学が変化してしまい、

前十字靭帯により多くのストレスと負荷が掛かるためと考えられます。

 

以上のことから、

膝蓋骨脱臼を手術しないで放置すると、

関節炎が進行してしまったり、前十字靭帯が断裂してしまったりするため、

特に、

症状のある犬、

またはグレード3以上の場合は若いうちに整復手術を行った方が良いと思います。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 膝蓋骨脱臼(パテラ) | 19:24 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ