神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 猫を探しています | main | ジャンガリアンハムスターの腫瘤(膿瘍手術) >>
ジャンガリアンハムスターの腫瘍(前足のできもの)

先日、大阪からジャンガリアンハムスターちゃんが来院されました。

前足に出来た腫瘍が大きくなり、摘出を希望されて来院されたのでした。

飼い主さま遠くまでお疲れさまです。

 

飼い主さまはなるべく前足を温存したいというご希望だったのですが、

前足そのものから腫瘍が発生していたため、ほぼほぼ腫瘍のみを摘出することは難しそうでした。

 

ご相談の結果、腫瘍の摘出術をまず試みて、

腫瘍の摘出が難しい場合は、前足の断脚手術を実施することになりました。

 

 

まず、ガス麻酔で寝てもらいますZZZ

↑右前足に大きな腫瘍ができています

 

↑右足の腫瘍を摘出しました。やはり腕からの腫瘍だったため、断脚手術を実施しました。

 

今回も半導体レーザーを使うことで、ほぼ一滴の出血も無く摘出が可能でした。

 

この後、問題なく目覚めてくれてお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

飼い主さまから大切にされて

本当に幸せなハムちゃんだなといつも思います。

元気で長生きしてね〜!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 11:44 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ