神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ジャンガリアンハムスターの腫瘍(前足のできもの) | main | ウサギの子宮癌(避妊手術) >>
ジャンガリアンハムスターの腫瘤(膿瘍手術)

先日、お尻の辺りに出来物が出来ているという主訴でジャンガリアンハムスターが来院されました。

 

 

確かに、

診させて頂くと肛門の右側辺りに1cm大の腫瘤ができています。

このような場合は、腫瘍か膿瘍などが考えられます。

 

飼い主さんとご相談の結果、

腫瘤を摘出することになりました。

 

 

肛門や直腸のすぐ付近の腫瘤だったため、

難易度の高い手術でしたが大きな問題もなく摘出でき、

腫瘍ではなく膿瘍だったため、膿瘍の被膜ごと切除して終了となりました。

 

 

お疲れさまでした!

早く元気になりますように…!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:24 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ