神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ウーパールーパー(暑さ対策・夏の過ごし方) | main | 犬猫の骨折を手術しないとどうなる? >>
骨折した犬への海綿骨移植

昔は骨折の原因といえば、

車にはねられてしまったなどの事故が一般的な原因でしたが、

近年では落下事故で骨折してしまうことが最も多い原因になっています。

具体的には、ソファから飛び降りた、抱っこしていて落としてしまった、などが多いでしょう。

 

そのような骨折を修復するために、

医療機器メーカー各社がロッキングプレートシステムという新しい原理の骨折修復システムを発売しており

動物病院でも使われるようになってきました。

 

当院でもシンセス、KYON、Fixinなどのロッキングプレートを症例に応じて使い分けて使用しており

手術成績はとても良好です。

 

ただ、世間一般的には骨折の癒合不全の件数が増えているといわれております。


そのような癒合不全の時や再手術時に行うことが多い手術が、自家骨移植(海綿骨移植)です。

この手術は、骨折した骨が感染してしまい癒合しない場合や、手術を行ったものの治らなかった場合などに行います。

 

海綿骨移植の方法は、骨折している犬猫自身の骨盤の骨の一部を採取したり、上腕骨に孔をあけて海綿骨を採取したりします。

そして、骨折している部位の骨断面をきれいして、骨折部位の周りに採取した海綿骨を詰め込み、プレートで固定します。

 

以前に手術して治らなかった骨折症例などでも、この方法を使うと治癒が期待できることがあります。

当院でもこの方法で癒合不全に陥った犬の治療を行っており、とても良好な成績を得ています。

 

治療が上手く行かず癒合不全に陥ってしまっていたとしても、

骨移植や特殊なチタンプレートを上手く使い固定することによって、

また機能を取り戻して歩けるようになる可能性があります。

 

骨が癒合せずにもう歩けるようにならないんだろうか、とお悩みの方は、

 

「まだ治すことができる骨折なのか?」など

どうすれば良いかなどアドバイスもできますので、

一度ご相談に来院してみてください。

 

別記事⇒犬橈尺骨の癒合不全(トイプードルの前足骨折)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 骨折 | 14:09 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ