神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 犬猫の骨折を手術しないとどうなる? | main | 獣医師不在のお知らせ >>
カメの手足がかじられる事故発生!アライグマに注意!!

垂水オアシス動物病院では犬猫以外にも色々な動物(うさぎ、ハムスターなどの小動物や、両生類、爬虫類など)を診察しているため、このところ、当院へカメの患者さんがよく来院されます。

 

先日の出来事なのですが、

屋外の水槽で飼われているクサガメちゃんが何者かによって手足を食べられてしまい来院されました。

不幸中の幸いで頭は甲羅の中に隠れることが出来たようでしたが、

手足が無くなってしまっており、大変なことになっています。

 

さっそく、食いちぎられた部位を洗浄、消毒して糸で縫合し、抗生剤の注射をしました。

 

 

いままで数日経過を見ていましたが、食欲も戻ってきて徐々に回復してきてくれているそうでほんと良かったです。

手足が不自由で動けないものの、飼い主さまの看護により食餌もとれるようになったご様子。

 

屋外の水槽でカメを飼育されている飼い主さまは、

アライグマなどの野生動物が近年増えており、カメさんがその被害に合う可能性があるのでお気を付けください!!

水槽に侵入されないように、網を被せるなどの対策を!!お勧めします。

(当院だけでも2例目の被害にあったカメさんです)

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 20:57 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ページのトップへ