神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 獣医師不在のお知らせ | main | 夏季臨時休診のお知らせ >>
カメの甲羅が赤くなっている場合の対処法【甲羅の感染症】

 

先日、珍しい種類のカメさんが来院されました。

その名も「ブランディングガメ」(Emydoidea blandingii)という北米原産のカメです。

 

こちらのカメさん、

甲羅(腹甲の一部)が赤くなっていて、様子がおかしいという主訴で来院されました。

 

このように、

カメの甲羅が赤色になっている場合、

カメ自身や甲羅が感染症に罹患している可能性があります。

 

 

原因

 

 

甲羅の感染症は飼育環境(温度、水の汚れ)が悪かったり、外傷がきっかけとなり発症することが多く、

二次的に細菌感染や、真菌感染、寄生虫の感染が引き起こされます。

 

この細菌感染や真菌感染は日和見感染であり、もともとカメ自身が持っている菌が、

何等かの原因(若齢、不適切な食餌内容など)で免疫力が落ちた場合に増殖してしまい感染が広がっていきます。

 

 

症状

 

 

甲羅に感染がおこると、まず甲羅に赤色の部位が少し出てきます。

さらに進行すると、赤色の浸出液が染み出てくるようになったり、甲羅の一部が脱落することもあります。

 

 

診断

 

 

視診、触診などから感染症を疑います。

病変部位の細胞診を行い、細菌、真菌、原虫、寄生虫などが居ないか調べます。

どのお薬が効くかを調べて(薬剤感受性試験)適したお薬を使います。

 

 

治療

 

 

まず、飼育環境(温度、水質、UV、餌の種類など)の見直しを行います。

 

細菌や真菌感染が部分的な場合は、十分に甲羅の洗浄を行い、

ポピドンヨード液を希釈して1日1、2回薬浴を行ったり、

局所的に抗生物質の軟膏を塗布したり、

水から定期的に1〜2時間程度出して乾燥させたりします。

 

全身的に細菌感染が見られる場合は、薬浴に加えて、全身的な抗生物質の投与を行います。

真菌感染の場合は、マラカイトグリーンを使った薬浴も効果があります。

 

 

今回のブランディングガメの場合、

甲羅の赤くなっている部位のスメア検査(サンプルを採材して顕微鏡で調べる検査)を行ったところ、

寄生虫が大量に検出されたため、抗寄生虫薬を投与することになりました。

 

 

さいごに

 

治療を行っても飼育環境に問題があると再発し易いため、

再発予防のためにも環境(温度、UV、餌など)を見直してみてください。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | カメの病気 | 19:19 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ