神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(右肘の腫瘤) | main | ハムスターの腫瘍(前足の腫瘍、断脚手術) >>
ハムスターの子宮卵巣疾患

先日、姫路から女の子のハムスターちゃんが来院されました。

 

飼い主さんにお話をお伺いすると、

赤い血色のおりものがでてきたため、お近くの動物病院さまを受診され、

子宮疾患の可能性あり(腫瘍疑い)と診断されたそうです。

 

しかし、ハムスターの手術はリスクが高いため手術はしない方が良い、ということで

抗生剤を飲ませて様子を見ていたものの出血が改善せず、

何とかならないものかと当院へ来院されました。

 

このような場合、

出血が続くと貧血を起こして致命的になることが考えられるため、

飼い主さんとご相談の結果、試験開腹手術を行い子宮と卵巣を摘出することになりました。

 

↑麻酔を掛けて寝てもらいます

 

↑麻酔を掛けて仰向けに寝てもらいます

 

↑卵巣が左右とも腫れており、子宮の基部も腫れていました

 

手術後には問題なく目覚めてくれて、

元気にお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 21:08 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ