神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハリネズミの直腸脱 | main | 猫のSUBシステムの合併症(頻尿、血尿) >>
犬が骨折しているかどうかを見分ける方法!【4つの症状】

先日、犬のポメラニアンちゃんが来院されました。

ソファから飛び降りてしまい右前足を負重できなくなってしまったとのこと。

 

こういった場合、前足を骨折してしまっている可能性が非常に高いです。

 

実は、ポメラニアン、トイプードル、チワワなどの超小型犬種の場合、簡単に前足を骨折してしまうことがあるのです。

 

骨折が生じると、

  • 足を挙げてしまい、地面に足を着けない
  • 触ると痛がり、鳴く
  • 骨折している箇所が腫れている
  • 足先が有り得ない方向を向いている

などの症状が出てきます。

この中で、分かりやすいのは、「足を挙げてしまい、地面に足を着けない」ことです。

 

簡単に言うと、

足を1mmも着かなければ骨折している可能性が高い、ということです。

 

逆に言うと、

足を着いていたら骨折していない可能性が高い、ということも言えます。

 

↑右前足を着かなくなってしまっています。

 

前足を骨折した場合、

一般的にはギプスで治すことは難しく、癒合不全の発生率が高いとされているため、

何らかの方法で治療をしていく必要があります。

 

BEFORE↑前足が骨折しています

 

AFTER↑骨折がプレートで固定されました

 

今回のワンちゃんの場合は、

チタン製のプレート(ALPS、KYON社製)を使って骨折を整復することになりました。

 

↑プレートが設置できるような長さだけ皮膚を切開します

 

↑骨を正しい位置に戻して、プレートとスクリューで固定して、

手術終了です。

 

↑手術の翌日には足を着けて歩けるようになりました。強いですね!よく頑張ってくれました!

 

あとは安静を心がけて問題が生じなければ、2〜3か月程度で完治する見込みです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 骨折 | 19:32 | comments(0) | - | ↑TOP
コメント
コメントする









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ページのトップへ