神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< シャンプーしました(^^ゞ | main | 猫の尿閉 >>
食べない時の栄養補給について
 飼い主さんから「食欲が無くなった」という話をよく聞くことがあります。
食欲が無い場合、本当に調子が悪くて食欲が無いのか、舌が肥えてしまって選り好みをするので食欲がないのか見分けることが必要です。
元気がありおやつなど好物をあげれば飛びついてくるのであればそれほど心配はなさそうです。
逆に、いつもはおやつをあげると飛びついてくるのに興味を示さずうずくまっている場合はどこかに問題があるのかもしれません。

また手術後や何らかの病気の時は食欲がなくなることが多く、回復の為には栄養補給がとても重要になります。点滴などで栄養を補充することもできますが、なるべく消化管を使っての補給が早期の回復には一番良いです。
口にフードを注射器などを利用して放り込んで食べさせる方法(強制給餌)や、鼻の孔に細いチューブを食道まで入れてそこから流動食を流し込む方法(経鼻カテーテル)、内視鏡で胃瘻チューブを入れる方法(PEGチューブ:胃の中に直接流動食を入れるようにするもの)もできるようになっています。


PEGチューブキット

元気・食欲が無くて好物にも反応しないような場合は様子を見たりせず早めに動物病院へつれて行ってあげてください。

垂水オアシス動物病院
井尻

| tarumioasis2 | 共通の病気について | 09:49 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
餌を食べなくなって相談に伺いました。
ヒルズの缶詰は栄養満点で、毛並みまでよくなったようです。
まだ自分からは食べませんが、機嫌よさそうにしています。

これまで元気にしていたので不勉強でした。
少し遅いですが、シニア猫と思って細やかに気を配ります。

よろしくお願いします。
| ぼんママ | 2011/09/28 12:19 AM |

こんにちは。
ぼんちゃん少し食べ出してくれたらいいですね。
猫ちゃんの場合は食べることがとても重要なので頑張って食べさせてあげて下さい。
また様子教えてくださいね。
| 獣医師 井尻 | 2011/10/03 7:34 PM |

お薬を飲み始めた次の日から少しずつ自分で食べるようになりました。いつものカリカリもヒルズの缶詰も食べたがります。
おもちゃで遊ぶようになりましたし、今朝は家の中を走り回っていました。調子がいいようです。食べる量が少ないので便秘気味ですが。
今日の昼と夜には餌を食べた直後に吐いてしまいました。少したってから食べた後は落ち着いています。薬を飲ませるのも飲むのも上手になりました。
ぼんを連れて行けなくても相談できて心強いです。ありがとうございます。
       がんばります =^エ^=
| ぼんママ | 2011/10/04 11:45 PM |

ぼんはすっかり元気になりました。

 抗生物質と消炎剤を飲ませて三日目からカリカリを食べたがるようになり、頂いた缶詰も最後の四缶目は半分は食べなくなりました。やはり口の中が痛かったのかもしれません。今週は食べる量も以前と変わらなくなりました。お通じも戻りました。

 ありがとうございました。
| ぼんママ | 2011/10/27 8:49 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/139
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ