神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ごはんの話☆ | main | 遠くから >>
フィラリア感染症


今日は若干涼しいので助かります。
待合室のエアコン故障がまだなおらないみたいです。
雨が降らない晴れた日でないと修理できないとは…。

開院してから1ヶ月以内にフィラリアに感染したワンちゃんを診察する機会があったので
載せてみます。

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫で、夏場など蚊に刺されると感染します。
心臓に親虫が住みつき、その親虫が子虫(ミクロフィラリア)を生み出します。

子虫は感染したワンちゃんの血液の中にいっぱいいて、
採血した血を顕微鏡で拡大してみてみると、子虫がうごめいているのを見ることができます。

このワンちゃんの場合は、
去年は予防はばっちりでしたが、何年か前に2ヶ月ほど予防薬を与え忘れた事があったとのことでした。

一度感染してしまうと、厳密には完治しない病気なので予防が大切です。
5月〜12月まで1ヶ月に1回予防薬で予防してあげてください。





| tarumioasis2 | 共通の病気について | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/17
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ページのトップへ