神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 腸重積 | main | 鼠径ヘルニア >>
猫の尿閉
 この時期、猫ちゃんでオシッコ関係の患者さんがとても多いです。
よくあるケースは猫ちゃんが頻尿になってトイレにこもってしまっているのを飼い主さんが気づかれて連れてこられます。(膀胱炎、尿石症、特発性膀胱炎などが原因)

昨日は会陰部尿道路形成手術をしました(尿道を広げる手術方法)。
この猫ちゃんは尿道が詰まっておりカテーテルという管が全く尿道に入りませんでした。そして膀胱もパンパンに張れており命にかかわるため手術をすることになったのでした。
多種多様な手術の方法が報告されており、その中でも術後成績が良い方法で行っています。

オシッコが出ないととても危険なので、トイレにこもっている猫ちゃんには気を付けてあげて下さい。


神戸市垂水区の動物病院

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ページのトップへ