神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< CRP(炎症反応蛋白)測定装置 | main | ホットスポット(化膿性外傷性皮膚炎) >>
ハチ毒
 昨日、アシナガバチに刺されたダックスの子が来院されました。
刺されてから意識が無くなるぐらいグッタリしてしまい、慌てて来院されたのでした。
人間の場合、日本国内でも毎年30名前後の方が死亡する事故が発生しているそうです。
ハチ毒で怖いのはごく微量の毒でもアナフィラキシー(急性の全身的かつ重度なアレルギー反応)を起こす場合があるからです。

今回の子の場合、早めにエピネフリンや抗炎症薬の投与を行い対処することができ、回復してきてくれているので本当によかったです。
しかし肝臓にダメージがあったり溶血が起きて血尿がでたりもしており、改めてハチ毒の怖さを思い知りました。

二回目に刺されたときの方がアレルギー反応が重篤化し、命に関わることがありますので犬も飼い主さんも気をつけて下さい!

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻
| tarumioasis2 | 虫刺され | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/237
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ページのトップへ